↓ 五条駅で録音した接近放送(普通 奈良行き)



大和路線の王寺駅と 和歌山駅を結ぶ
和歌山線
一部の区間を除き、2両編成の電車が1時間に1本というローカル線です。

その途中にある 五条駅は、奈良県五市の代表駅。
この駅を境に 王寺側が大阪支社、和歌山側が和歌山支社の管轄と分けられており、
朝晩は この駅を始発・終点とする電車が多数設定されるなど
和歌山線運行上の要の駅となっています。


また、五条駅の4駅隣にある 橋本駅南海高野線との接続駅で、
和歌山線から高野線に乗り換えて 難波方面へ行く人も多いです。
JR東日本の横浜線や 京阪本線にも 「橋本駅」 がありますよね

今回は、そんな和歌山線の五条駅・橋本駅の電光掲示板をご紹介


BlogPaint
BlogPaint
五条駅
この駅では、2段表示の電光掲示板が設置されています。
乗車位置欄がありますが、乗車位置は表示されていません。

JR西日本の電光掲示板は、基本的に 路線名と方面が表記されていますが
この駅のものは写真の通り 何も書かれていませんでした。

日中の時間帯、高田方面行きの電車は
全て 万葉まほろば線 桜井・奈良方面へ直通します。
そのため、王寺方面へ行くには高田駅で乗り換えが必要です。


110
109
今度は王寺行きの表示を撮影。

日中以降は普通電車しか運転されませんが、
朝の時間帯には、当駅始発の快速が、和歌山方面・王寺方面 それぞれ2本設定されています。

(快速 和歌山行きは、粉河までの各駅と 打田・岩出に停車。
快速 JR難波行きは、王寺までの各駅と 久宝寺・天王寺・新今宮に停車)



BlogPaint
電車が到着する時は、写真のように 電車がまいります。 と表示されます。
高田駅と同じく、「。」 がついているところに注目。



104
105
隣のホーム 2・3番のりばの電光掲示板。 こちらは 時計が併設されているタイプです。

写真は14時5分頃に撮影しましたが、
日中の時間帯は 全ての電車が1番のりばから発車するので、
このホームから発車する電車は 15:36発の和歌山行きまでありません。
2番のりばに停車しているのは その和歌山行きでしょうか



128
129
橋本駅
この駅では、写真のような小型の電光掲示板が設置されています。
五条駅のものと異なり、JR和歌山線 粉河・和歌山方面 と表記されていますね。


117
118
隣のホーム 2・3番のりばの電光掲示板。
こちらも乗車位置欄がないため、横幅が狭いです。

当駅始発の和歌山行きが2番のりばから発車するためか、
1番のりばから発車する和歌山行きの案内も表示されています。
乗車位置欄ではなく行き先欄に 1番のりば Track 1 と表示されるのは珍しいですね。



136
135
電車が到着する時は、写真のような表示の仕方をします。
しかし この駅では接近放送が流れないので、駅員が適宜 肉声でアナウンスします。

ちなみに、この駅と同じタイプの電光掲示板が
きのくに線の黒江駅にも設置されています。(2013年3月頃に撮影予定)


あと、五条駅・橋本駅へ行ったついでに 粉河駅も訪れましたが、
電光掲示板は設置されていませんでした。


【関連記事】
和歌山駅 ホームの電光掲示板(運行管理システム更新前)
電光掲示板(発車標) 記事一覧へ

広告