226
紀伊半島の海沿いを走る きのくに線

その途中にある 海南駅は、和歌山市の南に位置する海南市の中心駅で
朝の時間帯に 当駅始発の 特急くろしお快速も設定されています。

また、御坊駅は きのくに線運行上の要の駅で、
ここから先 紀伊田辺方面へは 朝晩の一部を除いて乗り換えとなります。

今回は、そんな海南駅と御坊駅の電光掲示板をご紹介
※2013年4月12日追記※
海南駅の写真を追加しました。



161
海南駅
まずは、1・2番のりばから。
この駅の電光掲示板は、写真のように 2段表示です。
日本語表示・英語表示の切り替えが、上の段と下の段でズレてますね


170
172
今度は、特急くろしお 京都行きの表示を撮影。
列車名は赤色 ( 「○号」 の部分のみ緑色) で表示され、
特急の英語表示は 阪和線と同じ LTD.EXP. となっています。



BlogPaint
BlogPaint
特急くろしおの発車案内が上の段に表示されると、
下の段には 停車駅の案内がスクロール表示されます。

大阪環状線やJR京都線などのような  「[種別] の停車駅は、○○、○○です」 ではなく
阪和線と同じ 「[種別] は途中、○○、○○に止まります」 という文章でした。



142
144
反対側 3・4番のりばの電光掲示板です。


219
218
ここからは、2013年4月に撮った写真を紹介していきます
3ヶ月ぶりに海南駅を訪れると、電光掲示板に 「回送」 表示が出ていたので撮影。


回送列車の発車時刻だけでなく、行き先まで表示されてますね・・・


BlogPaint
BlogPaint
電車が到着する時は、写真のように 列車がまいります と表示されます。

大阪環状線などのような 列車がまいります との交互表示ではありません。



229
特急列車の到着時も同様です。


205
206
御坊駅
この駅の電光掲示板も2段表示ですが、海南駅と異なり 黒いです。

2番のりばからは 和歌山方面行きの普通電車が、
3番のりばからは 紀伊田辺方面行きの特急くろしおと普通電車が発車します。



180
3番のりばに停車中の紀伊田辺行き(16時18分発)を撮影。
ここから先は 2両編成の電車が1時間に1本と、本数も両数も半分に減ります。



199
こちらは、17時18分発の紀伊田辺行き。
先ほどと 塗装が違いますよね。

この電車が到着する時、接近放送を録音しようとしましたが
和歌山線の橋本駅と同様、この駅では接近放送が全く流れないようでした。



194
191
特急くろしお 新宮行きの表示です。
列車名が緑色で表示されていたり、特急の英語表示が Limited Express だったりと
海南駅と異なるのが分かります。



186
188
今度は 1番のりばの電光掲示板を撮影。
このホームからは、主に 新大阪方面行きの特急くろしおが発車します。

停車駅案内のスクロール表示は
この駅も  「[種別] は途中、○○、○○に止まります」 という文章でした。


電車到着時に 列車がまいります 表示が出るかは未確認です。


183
1番のりばの向かい側にある0番のりばには
紀州鉄道の列車が停車していました。

この駅から終点の西御坊駅までは わずか2.7kmしかなく、
日本一短いローカル鉄道となっています。

(ちなみに、千葉県にある芝山鉄道が2.2kmと日本一短いですが
あちらは朝晩に京成本線と直通運転しており、延伸計画もあります)



184
紀州鉄道の列車は、バス車体をベースに製造された 「レールバス」  です。
撮影当時 そのことを知らなかったので、車体を見て驚きました。
このドアといい、乗降口のステップといい、本当にバスみたいですよね



196
198
コンコースに設置されている電光掲示板。
上が和歌山方面・下が白浜方面の6段表示になっています。


【関連記事】
和歌山駅 ホームの電光掲示板(運行管理システム更新前)
阪和線 ホームの電光掲示板(発車標) 【運行管理システム更新前】
電光掲示板(発車標) 記事一覧へ

広告