おおさか東線 放出(はなてん)~新大阪間の建設に伴い
新しいホームの設置工事が進む 鴫野駅

前回、鴫野駅の工事の様子を撮影し
 「鴫野駅 新ホーム設置工事(2013年7月上旬」 を書きましたが、
橋脚が8本建った以外は目立った変化なし という結果でした。

しかし、撮影から10日後、
新ホームの放出寄りに ホーム屋根の鉄骨が立ち始めたとの情報を得て、

急きょ 改めて撮影してきたので、さっそく紹介します。

【1年前の鴫野駅】
鴫野駅 新ホーム設置工事(2012年7月)


005
007
おお~! ホーム屋根の鉄骨が立ってる!!!
てっきり、新大阪駅の新17・18番のりば  のような屋根になるかと思っていましたが、
線路部分をすっぽり覆うように ホーム屋根の梁が伸びていて、圧倒されますね


019
018
鴫野駅は、このように 屋根を支える梁が線路中央まで伸びて、そこに架線が張られています。
おそらく、新ホームも同じように、線路部分に伸びた梁に架線が張られるのでしょう。


011
008
014
屋根の鉄骨を さらに撮影。
新ホームから伸びた梁が、真ん中で途切れています。
屋根の設置に伴って、今後は 2番のりば側でも工事が行われることでしょう。


012
013
015
高架の京橋寄りは、まだ屋根の鉄骨が立てられていませんでした。


017
023
021
ホームの中央部には、白い筒型のものと 緑色の箱のようなものがありました。
建てられた橋脚の数は、前回と変わらず 8本です。


016
写真では少し分かりにくいですが、橋脚周辺の土が掘られています。


020
020
ついでに、ホームの京橋寄りと 京橋方向も撮っておきましたが、
こちらは前回と同様、 目立った変化はありませんでした。

ホーム中央~京橋寄りでは まだ高架が出来ていないのにも関わらず
放出寄りで ホーム屋根の鉄骨が立てられるというのは
工事の順番が少しおかしいような気もしますが、
とりあえず 出来るところから進めていこうということでしょうか。

ホームの放出寄りは、階段やエレベーターが設置されるのに対し
京橋寄りは ホーム屋根が設置されない(かもしれない)ので、
放出側から優先的に工事しているのかもしれませんね。

★次の記事★
鴫野駅 新ホーム設置工事と駅周辺の様子(2013年8月)

【関連記事】
おおさか東線 放出~新大阪間の延伸について 【まとめ】
鴫野駅のエレベーターが使用開始!!!(2014年4月)
鴫野駅の新ホームが使用開始!!!(2015年4月) 【Part1】
鴫野駅 改良工事 記事一覧(最新順)
駅の工事関連 記事一覧へ

広告