pCIMG6019
CIMG6111

新大阪駅の15・16番のりばと 17・18番のりばの間にあるホームは、もともと 旧)17・18番のりばとして使用されていましたが、昨年12月、新設されたホーム(新17・18番のりば)の使用開始に伴って閉鎖され、現在 改装工事が行われています。

2013年11月中旬時点で、新大阪駅構内での線路切り替え工事が12月7日(土)に 行われることが公表されており、新15・16番のりばの使用開始は、その翌日の12月8日(日)になるのではないかと思っていましたが、今日、ついにJR西日本から公式に発表されました。


【JR西日本 プレスリリース】
新大阪駅の15番・16番のりばの変更および工事に伴う一部列車の運休などについて


JR西日本の発表によると、使用開始日は 予想通り 12月8日(日)始発から。

営業初列車は、15番のりばが 5時34分発の普通 西明石行き、16番のりばが 5時19分発の普通 西明石行き。

新15・16番のりば使用開始に伴って、小規模なダイヤ改正が実施されるようで、一部発車時刻が変更される列車があるとのこと。


ホーム上の主な設備として、エレベーター 1基、エスカレーター 2基、発車標 3ヶ所(両面表示2ヶ所、片面表示1ヶ所)、駅名標 5ヶ所が挙げられています。

前回の記事でも紹介した通り、線路切り替え工事に伴って、普通 大阪行きの終電が 吹田~大阪駅間で運休となり、高槻発 大阪行きの臨時快速の運転 及び バス・タクシーによる代行輸送が行われます。



さらに今回は、「主な改良点」 も記されていました。


1つ目は、ホームの大阪方に 16番のりば→下り外側線への渡り線を新設すること

JR京都線は複々線になっており、基本的に外側の線路(外側線)を新快速が、内側の線路(内側線)を快速と普通電車が走っています。

しかし現在、16番のりばの線路は 大阪方では内側線にしか繋がっていません。

そのため、16番のりばから発車する新快速は 大阪駅手前まで内側線を走行せざるを得ず、新快速が定刻通りに到着しても、前を走る普通電車が遅れていて 信号待ちでなかなか発車できない というように、他の列車に遅れが波及することがしばしばありました。

新たに渡り線を設置すれば、新16番のりば出発後 すぐに外側線を走行できるようになり、新快速と快速・普通電車の線路を分けることができます。
これにより、一方の列車が遅延しても、もう一方の列車の遅延が少なくなる、というわけです。



2つ目は、LED照明の導入

現在の15・16番のりばと比べて 消費電力が約35%削減されます。



今回のホーム改装工事は、おおさか東線未開業区間(新大阪~放出駅間)の整備事業の一環です。

新15・16番のりばの使用開始後、現在の15・16番のりばが閉鎖。

1年ほどかけて改装工事を行い、今度は新13・14番のりばとして生まれ変わります。

このように、ホームの改装・線路の配線変更を繰り返して 順番にホームをずらしていき、最終的に 現在の11・12番のりばが おおさか東線のりば(9・10番のりば?)となるのです。


★次の記事★
新大阪駅 新15・16番のりばの使用開始まであと1週間!
コンコースに新・エスカレーター&階段が出現!


【関連記事】
新大阪駅の旧17・18番のりば(改装工事前)
新大阪駅の新15・16番のりばがついに使用開始!!! 【コンコース編】
新大阪駅の新15・16番のりばがついに使用開始!!! 【ホーム編】 Part1

広告