BlogPaint
※上の写真は、大阪駅に停車中の特急 「はまかぜ」。


JR西日本は、2014年3月15日(土)にダイヤ改正を実施します。
その概要が、今日 ついに発表されました。

ここでは、アーバンネットワーク(近畿統括本部)と、和歌山支社・福知山支社のダイヤ改正について取り上げます。


【JR西日本 プレスリリース】
平成26年春ダイヤ改正について


広告


アーバンネットワーク
①特急 「びわこエクスプレス」 を増発!
「はまかぜ」車両で運転!(大阪 20:36発 草津行き)
平日の夜に運転されている 特急 「びわこエクスプレス」ですが、現在の大阪 21:36発の列車に加え、新たに 大阪20:36発の列車が増発されます。

これにより、新大阪から京都・草津方面へ向かう 20時台・21時台の特急列車が、特急「はるか」号も合わせると、約30分間隔での運転となります。

なお、増発される 「びわこエクスプレス」2号は、米原までは行かず、草津行き (草津で普通電車に接続) となります。
また、通常の681系・683系(特急 「サンダーバード」 で使用されている車両)ではなく、特急 「はまかぜ」 で使用されている新型気動車 キハ189系を使用して運転されます。

びわこエクスプレス2014


BlogPaint
特急 「サンダーバード」 大阪行き。(新大阪駅で撮影)
現在の 「びわこエクスプレス」 は、「サンダーバード」 の間合い運用として 681系・683系が使用されています。




②一部の特急 「こうのとり」 が 西宮名塩駅に停車!
朝の時間帯に運転される 特急 「こうのとり」 2・4・6号 (いずれも新大阪行き) が、新たに西宮名塩駅に停車するようになります。

なお、「こうのとり」 4号は 大阪駅・新大阪駅への到着時刻が 現在より10分早くなります。
(詳しくは後述)


【西宮名塩駅の発車時刻】 (平日)
「こうのとり」 2号・・・7:06、 「こうのとり」 4号・・・8:09、 「こうのとり」 6号・・・8:59

こうのとり西宮名塩



③特急 「きのさき」 4号、「まいづる」2号の発車時刻を15分繰り上げ!
朝の時間帯に運転される 特急 「きのさき」 4号の発車時刻が 概ね15分繰り上がります。
(福知山発 7:11→6:55、二条着 8:30→8:14、京都着 8:36→8:21

なお、「きのさき」 4号と併結して運転される 「まいづる」 2号についても、同様に発車時刻が繰り上がります。
(東舞鶴発 6:54→6:38、西舞鶴発 7:01→6:46

きのさき4号まいづる2号



④JRゆめ咲線、平日の朝8~9時台に列車増発!
平日の朝8時台後半~9時台前半は、ユニバーサルシティ駅へ向かう行楽客と通勤利用が重なります。

その時間帯に、大阪方面からJRゆめ咲線への直通列車と西九条~桜島間のシャトル列車が、それぞれ1本(計2本)増発されます。

それに伴い、大阪環状線の一部列車が運転取り止めとなります。
(弁天町・新今宮方面行きの普通電車が2本削減されます)


【平日】 西九条駅  JRゆめ咲線の発車時刻
JRゆめ咲線 ダイヤ改正 西九条駅2
※ピンク色は大阪方面からの直通列車、その他は西九条駅始発のシャトル列車


【平日】 大阪駅  西九条・弁天町方面の発車時刻
JRゆめ咲線 ダイヤ改正 大阪駅(改正前)
JRゆめ咲線 ダイヤ改正 大阪駅(改正後)2
※ピンク色はJRゆめ咲線直通列車、青色は関空/紀州路快速(関西空港・和歌山行き)、
緑色は大和路快速(マークがついているものは区間快速)、その他は環状運転の列車




⑤嵯峨野線、土休日 朝の時間帯のダイヤを見直し!
土休日 朝の時間帯において、利用状況に合わせた列車の見直しが行われます。
亀岡駅を9時台に発車する 京都行きの列車が 計2本(快速1本、普通1本)増発され、京都駅に概ね10時台に到着する列車が充実します。

一方で、一部の列車が運転取り止めとなり、亀岡駅を7~8時台に発車する 京都行きの列車は 計3本(快速1本、普通2本)削減されます。

【土休日】 亀岡駅  二条・京都方面の発車時刻
亀岡駅 休日の時刻表
※赤色は特急列車、オレンジ色は快速、その他は普通電車、行き先は全列車 京都行き。
「きの・まい」 は、特急 「きのさき」 と 「まいづる」 の併結運転。



⑥阪和線、夜間の紀州路快速も 日根野~和歌山駅間 各駅停車に!
2011年3月のダイヤ改正で、朝の時間帯を除く ほぼ全ての紀州路快速が日根野~和歌山駅間 各駅に停車するようになりましたが、夜間に 日根野以南も快速運転する紀州路快速が まだ残っていました。

今回の改正で、日中以降 全ての紀州路快速が日根野~和歌山駅間各駅停車となり、分かりやすくなるといえるでしょう。

なお、土休日において 一部の列車が運転取り止めとなります。


⑦大和路線、日中の王寺発着 「快速」 が廃止!
JR難波 4:58発の始発列車が運転取り止め!
2011年3月のダイヤ改正で増発された 「快速」 のうち、11~15時台の  「王寺行き」 「王寺発 JR難波行き」 が運転取り止めとなり、日中の 「快速」 の本数が 毎時4本→2本に減少します。
(王寺15:40発 JR難波行きは残ります)

【平日】 王寺駅  天王寺・JR難波・大阪方面の発車時刻
大和路線2014 王寺駅日中(改正前)

大和路線2014 王寺駅日中(改正後)
※緑色は大和路快速、オレンジ色は快速、その他は普通電車、行き先が書いていないものはJR難波行き。
この表の普通 JR難波行きは全て当駅始発。

【平日】 天王寺駅  王寺・奈良・高田方面の発車時刻
大和路線2014 天王寺駅日中(改正前)

大和路線2014 天王寺駅日中(改正後)


また、王寺~JR難波駅間の始発列車の時刻が見直され、王寺駅始発のJR難波行きは6分、JR難波駅始発の王寺方面行きは21分 発車が遅くなります。

JR難波 4:58発 加茂行きの始発列車が JR難波~王寺駅間で運転取り止めとなり、その次の列車(JR難波 5:12発 奈良行き)が 始発列車となる形です。

その他、和歌山線の王寺~高田駅間で、夜の時間帯に一部の列車が運転取り止めとなります。


415
和歌山支社
①太地駅に全ての特急 「くろしお」 が停車!

2004年10月からは周参見駅に、2011年3月からは古座駅に 全ての特急列車が停車するようになりましたが、今回のダイヤ改正で 新たに太地駅が全列車停車駅に加わります。

これにより、椿駅に停車する1往復を除き、紀伊田辺駅以南の 「くろしお」 停車駅が統一されることになります。


②和歌山~御坊駅間を中心に、223系・225系による運転本数が拡大!
和歌山~御坊駅間では 概ね10時頃~21時頃まで 全て223系・225系(以下、新製車両)による運転となり、117系は朝と深夜にしか運転されなくなります。

新製車両の運転本数は、51本から71本(休日は47本から66本)に大幅に増え、出現率は これまで6割程度だったのが 9割を超えるようになります。
(平日は66.2%→92.2%、休日は64.4%→91.7%)

これにより、和歌山~御坊駅間の所要時間が約2分短縮されます。


419
阪和線(紀州路快速)・きのくに線で運用されている新型車両・225系。


443
日中~夕方の運転がなくなる 117系。

その他、きのくに線の和歌山~紀伊田辺駅間では、一部の列車について、行き先が変更されたり 運転区間が見直されます。

※2014年3月4日追記※
詳しくは別記事 「
☆きのくに線 ダイヤ改正2014 新旧比較☆ レアな行き先 「海南行き」 消える! 
」 をご覧ください。


福知山支社
①特急 「こうのとり」 4号の発車時刻を繰り上げ!
朝の時間帯に運転される 特急「こうのとり」4号 新大阪行きの発車時刻が10~15分繰り上がります。
これにより、大阪駅・新大阪駅への到着時刻が10分早くなります。
(大阪着 8:49→8:39、新大阪着 8:56→8:46

ただ、今回のダイヤ改正で 西宮名塩駅に停車するようになるため、豊岡駅の発車時刻が 6:05→5:50と15分早くなっており、豊岡から大阪・新大阪への所要時間は5分増えることになります。


②特急 「きのさき」 1号の福知山駅での接続列車を
普通 「リレー号」 から 特急 「こうのとり」 1号に変更!


BlogPaint

BlogPaint

朝の時間帯に運転される 特急「きのさき」1号 福知山行きの発車時刻が 概ね15分繰り上がります。
(京都発 8:51→8:36、二条発 8:57→8:42、福知山着 10:08→9:54

これまで、「きのさき」 1号は 終点の福知山駅で、城崎温泉行きの 普通 「リレー号」 (10:10発)に接続していましたが、今回の改正で その接続列車が 特急 「こうのとり」 1号に変わります。
(「こうのとり」 1号は 福知山駅での停車時間が長くなり、発車時刻が9:50→9:56となります)

これにより、京都から城崎温泉への所要時間は、きのさき1号→リレー号の接続で 2時間39分かかっていたのが、きのさき1号→こうのとり1号の接続で 2時間22分17分短縮され、城崎温泉駅への到着時刻も 11:30→10:58 と 30分以上早くなります。

なお、「きのさき」 1号と併結して運転される 「まいづる」 1号(綾部駅で切り離し)においても
同様に発車時刻が繰り上がります。
(西舞鶴着 10:18→10:03、東舞鶴着 10:26→10:11
きのさき1号まいづる1号


その他、普通列車の運転区間の一部見直し、編成両数の見直しが行われます。




以上、JR西日本 関西のダイヤ改正を見ていきました。


大和路線、日中の供給過剰なダイヤに ようやく手が加えられましたね。

2011年3月のダイヤ改正で、大和路快速 毎時3本、快速3本、普通6本体制から、大和路快速4本、快速4本、普通4本体制になった当初から存在意義がよく分からなかった 王寺発着の快速。(以下、「王寺快速」 )

天王寺~王寺駅間の快速電車が 毎時8本と明らかに多すぎなので、
1年前に 「大和路線 日中の供給過剰なダイヤについて考える。【2013年ダイヤ改正予想】 」  という記事を書きました。

「快速」 の八尾駅停車や、王寺発着→柏原発着への変更など いろいろ予想しましたが、結局 最初に書いた 「王寺快速の廃止」 が現実のものとなりました。

日中の王寺快速がなくなると、大和路快速 毎時4本、普通4本のダイヤに 和歌山線直通の快速2本が割り込む形となり、快速電車の運転間隔が いびつになりますね。

やっぱり、大和路線は 大和路快速 毎時3本、快速3本、普通6本体制が一番バランスの良いダイヤだったと思います。

快速を削減する分、大和路快速を全列車8両編成にしてほしいところ。



特急 「びわこエクスプレス」 が増発されるのも意外でしたが、その車両が 特急 「はまかぜ」 のキハ189系だとは、面白いことをしてくれたなと思います。

普段走ることのない琵琶湖線での運用。気動車特急なのに電化区間しか走らない点も注目です。
既存の列車と違って 草津止まりなのは、京都(向日町)の車庫へ入るためでしょうか。




一部の特急 「こうのとり」 の西宮名塩駅停車や、特急 「くろしお」の全列車太地駅停車も驚きました。

「こうのとり」 2・4・6号は、大阪方面への通勤ライナー的な存在なので、西宮名塩駅からでも 特急利用の需要があると判断されたのでしょう。
新三田~宝塚駅間の停車駅が 快速と変わらなくなりますね。



太地駅は、1日の乗車人員が100人ほどしかいないので、「くろしお」 は一部停車のままかと思っていました。

新大阪~紀伊勝浦・新宮駅間の所要時間短縮より、太地駅の全列車停車化による利便性向上が優先されたのかもしれませんね。




阪和線 夜の紀州路快速の日根野以南 各駅停車化は、「改悪」 ではありますが、妥当かなと思います。

日中以降の紀州路快速が全て 日根野以南 各駅停車かと思いきや、夜のラスト2本(休日は3本)だけ 和歌山まで快速運転というのは 確かに分かりにくいです。

日根野駅 土休日の時刻表を見たところ、和歌山まで快速運転する紀州路快速(21:53発、22:35発、22:56発)の2、3分後に 和歌山行きの普通電車(21:55発、22:38発、22:59発)が発車するダイヤになっています。

土休日において 一部の列車が運転取り止め」 とありますが、おそらく これらの電車が 日根野以南 各駅停車の紀州路快速に統合され、普通電車は日根野止まりになるのではないかと思います。




あと、個人的に気になったのは、きのくに線 223系・225系の運転本数拡大。
和歌山駅へ出かけると、117系をよく見かけましたが、改正後は 日中~夜9時頃まで見られなくなるとは・・・。

再来年か その次のダイヤ改正で、きのくに線の117系運用が完全になくなるかもしれませんね。


広告