このブログで毎年恒例になっている、ダイヤ改正の新旧比較。
先日、きのくに線のダイヤを新旧比較しましたが、今回は嵯峨野線の新旧ダイヤを見ていきたいと思います。



きのさき4号まいづる2号
嵯峨野線の2014年ダイヤ改正の目玉の1つが、朝の時間帯に運転される 特急 「きのさき」 「まいづる」 の発車時刻繰り上げでした。

福知山から京都方面へ向かう  「きのさき」 4号と、途中の綾部駅から 「きのさき」 4号と併結して運転される 「まいづる」 2号の発車時刻が、改正前と比べ 概ね15分早くなっています。



きのさき1号まいづる1号
「きのさき」 4号 ・ 「まいづる」 2号の発車時刻が15分繰り上がると、その折り返し列車である 「きのさき」 1号 ・ 「まいづる」 1号の発車時刻も同様に繰り上がります。

これまでは、「きのさき」 4号の京都駅到着が8:36だったので、「きのさき」 1号は 8:51に京都駅を発車していましたが、改正後は8:36発と 15分早くなっています。

これにより、終点の福知山駅で 城崎温泉行きの特急 「こうのとり」 1号に接続するようになり、京都から豊岡・城崎温泉への所要時間が17分短縮されました。


BlogPaint
BlogPaint

もう1つ、嵯峨野線の2014年ダイヤ改正で大きく変わったのが、土休日の朝の時間帯です。

亀岡駅を9時台に発車する 京都行きの列車を 計2本(快速1本、普通1本)増発する一方、7~8時台に発車する 京都行きの列車を 計3本(快速1本、普通2本)削減するという、利用状況に合わせた列車の見直しが行われました。



【土休日】 亀岡駅  二条・京都方面の発車時刻
亀岡駅 休日の時刻表
※赤色は特急列車、オレンジ色は快速、その他は普通電車、行き先は全列車 京都行き。
「きの・まい」 は、特急 「きのさき」 と 「まいづる」 の併結運転。


亀岡駅の新旧時刻表を見てみましょう。

7時台では、7:06発の当駅始発の普通電車の発車時刻が7分遅くなり、快速の発車後に出発するようになりました。
また、7:31発の当駅始発の普通電車と 7:48発の快速が運転取り止めになっています。

8時台では、8:56発の電車の発車時刻が7分遅くなって9:03発となっており、このために 普通電車の本数が 8時台は1本減、9時台は1本増になっているようです。

9時台では、9:13発の当駅始発の電車の発車時刻が9分遅くなって9:22発となり、こちらも快速の発車後に出発するようになりました。

また、改正後のダイヤでは 9:55発の快速が増発されています。

9:56発の園部発 京都行きの普通電車が、9:55発の快速と 9:57発の当駅始発の普通電車に分割された形です。


嵯峨野線 京都行きダイヤ(改正前1)

嵯峨野線 京都行きダイヤ(改正後1)
嵯峨野線各駅の休日朝の発車時刻・京都への到着時刻をまとめてみました。
(3分以上停車する電車の場合は、到着時刻も記しています)

改正前、亀岡7:06発の普通電車と 園部7:26発の普通電車は、途中の嵯峨嵐山駅で後続の快速と緩急接続するため、5分停車していましたが、改正後は この緩急接続がなくなり、京都まで先着するようになっています。

また、特急 「きのさき」4号、「まいづる」2号の発車時刻繰り上げに伴い、園部7:43発の快速が 特急列車の通過待ちをするため 亀岡駅で4分停車するようになったほか、亀岡7:57発の普通電車が、後続の快速との緩急接続に加え 特急列車の通過待ちをするため、嵯峨嵐山駅での停車時間が5分→8分に増えました。



嵯峨野線 京都行きダイヤ(改正前2)

嵯峨野線 京都行きダイヤ(改正後2)
改正前、亀岡9:13発の電車は 嵯峨嵐山駅で後続の快速と緩急接続していましたが、発車時刻を繰り下げ、快速の発車後に亀岡駅を出発するようになったことで、嵯峨嵐山駅での緩急接続がなくなりました。

これまでは、園部~並河の各駅から 園部9:01発の快速に乗った場合、馬堀駅・保津峡駅へ行くのに、亀岡駅で20分近く待たなければなりませんでしたが、改正後は乗り換えてから4分後に普通電車が発車するようになっています。




【土休日】 京都駅  二条・亀岡・園部方面の発車時刻
嵯峨野線 京都駅 時刻表


改正前
嵯峨野線 亀岡方面行きダイヤ(改正前)

改正後
嵯峨野線 亀岡方面行きダイヤ(改正後)
京都方面行きのダイヤが変わったということは、その反対方向の園部方面行きのダイヤも変わっただろうと思って調べてみると、やはり変化がありました。

京都6:55発の普通 亀岡行きが運転取り止めになっています。
終点の亀岡(7:23着)で 折り返し 7:31発の普通 京都行きになりますが、この電車も運転取り止めになっており、亀岡発着の1往復が廃止された形です。

運転取り止めの影響からか、その次の京都7:09発の普通 園部行きの発車時刻が7分早くなっています。
また、京都8:10発の普通 園部行きの発車時刻が4分遅くなって8:14発となり、8時台前半が14分間隔になりました。

これまで 京都8:43発の普通 園部行きが 嵯峨嵐山駅で 後続の特急列車の通過待ちをしていましたが、特急 「きのさき」1号、「まいづる」1号の発車時刻が15分繰り上がったため、この普通電車が特急列車を待避することはなくなりました。

代わりに、その1本前の京都8:28発(改正前は8:26発)の普通 亀岡行きが嵯峨嵐山駅で4分間停車するようになっています。

広告