※2018年11月6日追記※
西吹田駅(仮称)の駅名が 「南吹田」 に決定したため、記事のタイトルとリンクを変更しました。
以下の文章は、2014年6月に書いたものです。


前回の記事 おおさか東線 南吹田駅 建設工事(2014年4月上旬) 【Part1】 の続きです。
ここでは、駅の南側と 駅前広場整備予定地の様子を中心にご紹介。


広告

CIMG8135
CIMG8139
CIMG8138
歩行者通路を進んでいくと、高架の反対側(南側)へ出てきました。


CIMG8132
CIMG8143
CIMG8142
西側を見ると、すぐそこにJR京都線の線路が見えています。


CIMG8140
おおさか東線は この先でJR京都線を跨ぐため、
この辺りの高架は 府道14号線付近の高架に比べ 高いです。



CIMG8141
高架南側の道路を 東へ向かって歩いていきます。


CIMG8149
振り返って、反対側から撮影。


CIMG8145
CIMG8147
鉄骨で囲まれた 建設中の高架です。


CIMG8152
すぐ近くの畑で 菜の花(?)が咲き乱れていました。


CIMG8162
CIMG8160
振り返って、反対側から撮影。


CIMG8156
CIMG8153
CIMG8157
CIMG8164
CIMG8166
CIMG8169
CIMG8168
CIMG8175
時々振り返って撮りつつ、高架南側の道路を進みます。


CIMG8177
CIMG8180
CIMG8183
さらに進んでいくと、府道14号線との交差点に出てきます。
交差点を渡る前に、駅前広場の整備予定地を見ておきましょう。



CIMG8186
CIMG8187
交差点を左に曲がってすぐのところに、新駅建設予定地の看板がありました。


CIMG8192
CIMG8200
CIMG8191
こちらが駅前広場の整備予定地。非常に広いです。


CIMG8193
奥の方では、桜が咲いていました。


CIMG8194
CIMG8196
CIMG8199
西吹田駅 駅舎の高架の建設も着々と進んでいます。


CIMG8201
CIMG8204
府道14号線を跨ぐ高架を下から撮影。


CIMG8208
府道14号線を横切って 高架南側の道をさらに東へ進みます。
こちらも、高架が建設されていました。



CIMG8213
CIMG8212
そこから少し歩くと、高架は途切れます。
この辺りは、まだ橋脚すら立てられていません。



CIMG8215
CIMG8221
さらに先へ進むと、突き当たりに。
工事柵の向こうに見えるのは、神崎川の堤防です。



CIMG8217
CIMG8219
今後、神崎川に おおさか東線の橋梁が架けられることになります。
この場所からだと、工事の様子があまり見えませんね



CIMG8218
CIMG8209
CIMG8222
CIMG8206
ちなみに、先ほどの場所から府道14号線の交差点へ向かって歩くと こんな感じ。


CIMG8223
府道14号線を南下し、神崎川の橋から西吹田駅方向を撮影。
この後、徒歩で新大阪駅へ向かいました。


この駅、仮称は 「西吹田」 となっていますが
地図を見ると 明らかに吹田駅の南側にあり、さらに駅周辺の地名も 「南吹田」 なので
最終的に決まる駅名は  「
南吹田の可能性が高いと思います。
(過去記事 「
おおさか東線未開業区間の駅名を予想してみた 」 も参照)

そのため、この記事のタイトルも 「南吹田駅 建設工事」 にしようかと考えましたが、
北陸新幹線の 「黒部宇奈月温泉駅 」 (仮称:新黒部駅) のような
予想外の駅名になる可能性も否定できないので、
正式名が決まるまでは 仮称の 「西吹田」  で通そうと思います。

★次の記事★
おおさか東線 南吹田駅 建設工事(2016年11月6日) 【Part1】

【関連記事】
おおさか東線 放出~新大阪駅間の延伸について 【まとめ】

広告