JR京都線の高槻駅は、利用客の多さの割にホーム幅が狭く
特に通勤ラッシュ時は 人がホームから落ちそうなケースもあることから、
2016年春の完成を目指して ホームの増設工事が行われます。
(過去記事 「高槻駅 ホーム増設へ!!! 2016年春完成目指して改良工事実施! 」 参照)

前回の撮影から 2ヶ月半。
今回は、2014年6月21日現在の工事の様子を紹介したいと思います。

【前回の記事】
高槻駅のホーム増設工事がついに始まる!(2014年4月)


CIMG2011
CIMG2009
まずは、1番のりば(京都方面行きホーム)から見ていきましょう。
通過線の隣にあった待避線が、完全に撤去されていました。



CIMG2014
CIMG2013
待避線の跡地では、黒い管が通されています。


CIMG2015
CIMG2016
橋上駅舎に近い場所では、線路敷地の外でも 何やら工事が行われていました。


CIMG2017
CIMG2018
CIMG2023
ホームの東側、駅舎真下の様子を撮影。


CIMG2019
CIMG2022
ホーム東側の端から、京都方向を撮影。
奥の方では、まだ待避線の線路が残っていました。



CIMG1969
続いては、4番のりば(大阪方面行きホーム)から撮った写真をご紹介。
まずは、ホーム北端から京都方向を撮影。



CIMG1971
CIMG1972
CIMG1973
CIMG1975
CIMG1979
CIMG1982
こちらも、待避線の線路が撤去されています。


CIMG1981
CIMG1977
CIMG1983
待避線の向こうに立てられていた広告看板が、早くも撤去されていました。


CIMG1985
CIMG1988
CIMG1986
使用停止中の出発信号機を撮影。


CIMG1998
CIMG2004
CIMG2008
待避線から通過線へ出る渡り線も完全に撤去。
分岐器があった場所の線路は、枕木が取り替えられています。
枕木とバラストの色が、周りと違って白いのが分かりますね。



CIMG2002
安全側線の跡地と、大阪方向を撮影。


CIMG2007
最後に、振り返って反対方向を撮影。


CIMG1995
ホームにある縦型の駅名標。
いつの間にか新しくなっているように見えるのは気のせい・・・



CIMG2025
CIMG2026
改札内コンコースでも変化が
通路の両側が白い壁で塞がれていました
新設されるホームへと続く通路の建設工事も 本格的に動き出したようです。
(工事が始まる前の通路の様子も撮っておけば良かったなぁ・・・

次回は、8月に撮影する予定です。

★次の記事★
高槻駅 ホーム増設工事(2014年8月)

駅の工事関連 記事一覧へ

広告