CIMG6611
CIMG6603
CIMG6607
CIMG6618
2014年3月に 車窓から宝塚駅のホームを見て以来、気になっていましたが・・・
これまで設置されていた横長のスピーカーとは別に、
薄っぺらい 長方形のスピーカーが設置が新たに設置されているんですよね
関西ではあまり見かけないタイプのスピーカーです。

横長のスピーカーと長方形のスピーカーは、どちらも
駅外への音漏れを最小限に抑えることができる
狭指向性スピーカーです。
スピーカーといえば、音が広範囲に広がるのが一般的ですが、
狭指向性スピーカーの場合、音が直線的に進むため
限られた範囲にしか音が伝わりません。
個人的に、このスピーカーって 音質がカスカスしているので あんまり好きじゃないんですよね・・・
ちなみに、横長のスピーカーの方は 大阪駅に設置されているものと同じタイプです。

宝塚駅も、おそらく近隣への配慮から狭指向性スピーカーが設置されたのだと思いますが、
それにしても音小さすぎ・・・
音を絞りすぎて、放送が聞き取りづらくなってます
JR宝塚線内で最多の利用客数を誇る駅にしては異様です。

放送は、長方形のスピーカーからのみ流れているようでした。
ひょっとして、小さい音量でも放送が聞こえるようにと 大きなスピーカーが設置されたのでしょうか
2・3番のりばのみ設置されていて、1番のりばには設置されていないのも気になるところです。



【関連記事】
【激レア】 丹波路快速 「石生行き」 の表示 +おまけ

広告