津田英治さんといえば、
JR西日本の大阪環状線・大和路線・JRゆめ咲線・おおさか東線や
JR東海の中央線(金山~中津川駅間、以下 「中央西線」 )、
近鉄の一部の主要駅、大阪モノレール、神戸市営地下鉄 西神山手線、愛知環状鉄道などなど
多くの駅の自動放送を担当されていますが、

とりわけ印象的なのは、JR東日本 ATOS導入路線の駅自動放送(いわゆるATOS放送)でしょう。
ATOSとは、JR東日本の在来線に導入されている 運行管理システムのこと。
山手線や京浜東北線、埼京線など 首都圏JR線の多くの駅でATOS放送が流れており、
津田さんの名が 駅自動放送ファンに広く知られるきっかけにもなりました。

しかし今、そんな津田さんの放送に異変が起きています。
なんと、ATOS放送の男声が別の人の声に変えられているのです

広告

宇都宮線の北の方の駅から始まった この動きは、高崎線東海道線常磐線にも広がっています。
いずれも 来年(2015年)3月に開業する 「上野東京ライン」 に絡んでいる路線です。
開業にあたって、「上野東京ライン」 や 「ときわ」 など 新たなパーツの収録が必要になるのですが、
津田さんのパーツを追加するのではなく、放送の声そのものを変えるとは驚きました

新しい男声放送の声の主が誰なのかは分かりません。
ダンディーな低音ボイスが印象的ですが、何となく合成音声のようにも聞こえますね
有田洋之さん(大阪市営地下鉄の駅自動放送を担当)ではないかと 一部で言われていますが、
いやいや、全然違うでしょう!!!誰が言い出したのこれ・・・
ATOSというシステムの都合上、放送内容は 津田さんの放送を踏襲しています。

一方で、女声の放送は 向山佳比子(さきやま けいこ)さんのままです。
男声放送が変更され始めた当初は、女声の放送も そのうち変わるだろうと思っていましたが、
一部の駅では 駅名連呼のパーツが録り直されているらしく、
今後もしばらくは 向山さんがATOSの女声放送を担当されるものと思われます。
(それなら、女声の 「スワローあかぎ」 のパーツだけ合成音声だったのは一体なぜ・・・)
運行管理システムの更新(取り替え)で 新しい自動放送に変わることは よくありますが、
今回 ATOSのシステム自体は更新されておらず、
男声の担当者だけが変わるという 異例の事態となりました

同じ頃、遠く離れたJR東海 名古屋地区でも大きな動きが
東海道線 新所原~米原駅間で運行管理システムが更新され、
豊橋~大垣間を中心に 駅自動放送が一新されましたが、
女声は中央西線と同様 向山さんだったのに対し、男声が津田さんではなかったのです
(こちらはATOS放送と異なり、西鉄の駅自動放送と同じ人でした)

この2つの出来事、偶然とは思えません。
考えられるのはただ一つ。
津田さんが駅自動放送の活動を 引退 されたということです。
津田さんは 2014年12月現在66歳であり、定年を迎えられたのではないかと思います。

首都圏JR線の 「新しい放送」 の象徴だった 津田さんのATOS放送ですが、
「旧放送」 になる時がこんなに早く来るとは思いもしませんでした
ただ、津田さん自身の声が ここ10年の間に変化し、
以前のような かたい感じの声を出せなくなっていたのが分かっていたので、
津田さんがいつまでATOS放送を担当されるのか 前から少し気になっていました。
(「むさしの号」 や 「スワローあかぎ」 の男声放送を聞いてみると、声の違いが分かると思います)

横浜線や京葉線・青梅線といった 今後ATOSが導入される路線では、
はじめから 新しいATOS男声放送が採用されるでしょう。
武蔵野線(2012年にATOS導入)が 津田さんのATOS放送最後の導入路線ということになりますね。

上野東京ラインに絡まない 山手線や埼京線などでも
そのうち 男声放送変更の波が押し寄せてくるのでしょうか
ATOS導入路線と同じタイプの放送が流れる仙台駅も、
仙石線が 来年6月に全線復旧するのに合わせて 「仙石東北ライン」 が開業するため、
放送が更新される可能性があります。

また、JR西日本管内でも
2018年に おおさか東線の新加美~JR長瀬駅間に新駅が設置され、
さらに2019年には おおさか東線 放出~新大阪駅間の延伸開業も控えているので、
その時までに放送を更新することがあるかもしれません。

津田さんの放送、今後は次第に数を減らしていくことになるでしょうね・・・


余談ですが、大阪市営地下鉄の千日前線では
ホームドアが全駅で設置・稼動開始したことに伴い、接近放送が一部変更され
危険ですから、白線の内側へ­お下がりください」 という文言が
危険ですので、ホーム柵から離れてお待ちください」 になりました。
「危険ですので」 という言い回し、何だか阪急の接近放送みたいです

この男声放送が有田洋之さんなわけですが、
変更後の千日前線の放送と、JR東の新型ATOS放送とを聞き比べてみると・・・
やっぱり全然声違うじゃないですか(´・ω・`)


※2015年4月28日追記※
新型ATOS放送の男声は 田中一永(たなかかずひさ)さんと判明しました。
詳しくは別記事 「
新型ATOS放送の男声 「有田洋之さん説」 はデマだった!声の主がついに判明!!!」 をご覧ください。

※2015年4月29日追記※
この記事で当初、津田英治さんの年齢を61歳と書いていましたが、朝日新聞が66歳と報じたため、修正しました。
詳しくは別記事 「津田英治さんの年齢が間違っていた!?」 をご覧ください。

※2015年5月31日追記※
仙台駅の自動放送の男声は、仙石東北ライン開業後も津田英治さんのままでした。
ただし、「仙石東北ライン 快速 石巻行きがまいります」 ではなく、
「東北本線、回り、快速、石巻、行きが、まいります」 という文言になっているほか、
「この列車は 折り返し、仙石東北ライン 石巻行きになります」
「この列車は、塩釜から先は、仙石線で運転しますので、お気をつけ下さい」 など
新たに収録されたパーツは 津田さんの番線も含め 全て女声(向山さん)になっています。

※2018年5月24日追記※
2018年3月17日に おおさか東線の新加美~JR長瀬駅間に、
衣摺加美北(きずりかみきた)駅」 が開業しました。
駅の自動放送は 男声・津田さん、女声・向山さんで、
電車到着時に 「衣摺加美北、衣摺加美北です。」 という駅名連呼も流れます。

この記事が Yahoo!ニュースに掲載されました!

広告