きのくに線のレアな行き先 「海南行き」。
休日の朝8時台に1本だけ設定されていましたが、今年春のダイヤ改正で 、紀伊田辺行きに延長される形で廃止されてしまいました。

和歌山~海南駅間という短距離運用なので もう2度と設定されないだろう と思っていたところ、なんと、来年春のダイヤ改正で早くも復活することが発表されたのです!

【JR西日本ニュースリリース】
JR西日本 和歌山支社 平成27年春ダイヤ改正について


海南行き2015

海南行きが設定されるのは、以前と異なり 平日の朝7時台
現在は 概ね30分間隔となっていますが、和歌山7:41発の電車を設定することで、10~20分間隔になります。

そしてさらに、今回の海南行きは 阪和線からの直通とのこと。
現行のダイヤで 和歌山駅に7:41頃に到着する阪和線の電車は、7:38着の紀州路快速(日根野駅まで関空快速と併結運転)。

ということは!!!
まさかまさかの 関空/紀州路快速 関西空港・海南行き の登場です!

紀州路快速の海南行きが設定されるのは、おそらく初めてではないでしょうか?
単に復活するだけでなく、進化して帰ってくるとは驚きました。

大阪環状線や阪和線各駅での 「関西空港・海南行き」 の表示や自動放送がどうなっているのか、非常に気になるところです。
(駅自動放送はもちろんのことですが、車内自動放送も 「海南行き」 と案内するのでしょうか?)


ちなみに、この電車の後に発車する 和歌山7:51発の湯浅行きは、今年のダイヤ改正で 紀伊田辺行きから短縮された 新大阪発の電車です。

「関西空港・海南行き」 の電車を見るついでに 「和歌山方面 湯浅行き」 の電車も見られるという、まさに一石二鳥!
これはぜひとも見に行きたいですね。

広告