JR西日本は、2015年3月14日(土)にダイヤ改正を実施します。
その概要が ついに発表されました。

北陸新幹線 金沢~長野駅間の開業や 寝台特急トワイライトエクスプレスの廃止、JR東日本の 「上野東京ライン」 開業などが大きな話題となっていますが、ここでは JR西日本の在来線のダイヤ改正について、近畿エリアを中心に取り上げたいと思います。

【JR西日本 ニュースリリース】
平成27年春ダイヤ改正について


広告


京阪神エリア(近畿統括本部)
北陸方面特急
特急 「サンダーバード」  「しらさぎ」 が金沢駅で 北陸新幹線 「つるぎ」 と接続


北陸新幹線 金沢~長野駅間の開業に合わせて、大阪発 11~15時台の特急 「サンダーバード」 の発車時刻が毎時42分発から毎時12分発に変更されます。
(11時台は42分発と合わせて2本設定)

これにより、金沢駅では 米原・名古屋方面からの特急 「しらさぎ」 も合わせて、北陸新幹線の 「つるぎ」 と接続します。




北近畿方面特急
朝の時間帯に 城崎温泉方面への特急「きのさき」を増発
夜の時間帯に 新大阪方面への特急「こうのとり」を増発

嵯峨野線
では、現在の特急  「きのさき1号」 よりも早い時間に京都駅を発車する城崎温泉行きの特急列車(京都7:32発)が増発されます。
これにより、福知山駅に8時台、豊岡駅・城崎温泉駅に9時台に到着する特急列車が誕生することになります。

改正後は、この増発列車が 「きのさき1号」 となるため、現在の 「きのさき」 の列車名が繰り上がります。(現在の きのさき1号が3号に といった具合)

JR宝塚線では、現在の特急 「こうのとり26号」 よりも遅い時間に福知山駅を発車する新大阪行き行きの特急列車(福知山20:22発・こうのとり28号)が増発されます。
これにより、福知山駅を20時台に発車する特急列車が誕生します。




琵琶湖線・JR京都線
平日 朝の新快速を増発
①草津・京都方面→大阪・三ノ宮方面

平日 朝の時間帯に設定されている 大阪7:17発 新快速の始発駅が、大阪駅から 野洲駅(野洲6:11発)に変更されます。
これにより、琵琶湖線・JR京都線では 現在の新快速よりも早い時間に新快速が増発されることになります。


②三ノ宮・大阪方面→京都・草津方面
平日 朝の時間帯に設定されている 姫路5:46発の新快速の行き先が、大阪行きから野洲行きに変更されます。
これにより、琵琶湖線・JR京都線では 京都・草津方面への新快速が1本増発されます。



大阪環状線大和路線阪和線
夕方時間帯のダイヤをパターン化
環状線から大和路線・阪和線への直通列車を増発

大阪環状線では、16~20時台に 阪和線へ直通する関空/紀州路快速と大和路線へ直通する大和路快速区間快速が、それぞれ毎時2~4本から 日中と同じ毎時4本・15分間隔に増発されます。
あわせて、大阪環状線・大和路線・阪和線では、この時間帯のダイヤがパターン化され、分かりやすくなります。


阪和線では、平日夕方の快速電車の本数が 1時間に6~8本から8本に増発される一方で、普通電車の本数が1時間に5~7本から4~5本に減少します。
夕方のダイヤをリニューアルすることで、平日夕方の関西空港行きの特急 「はるか」 のうち、5本の所要時間が5~16分短縮されます。

また、関西空港を7~8時台に出発する国際便が利用しやすくなるようにと、天王寺5:37発の関空快速の発車時刻が12分繰り上がり天王寺5:25発・関西空港6:09着となります。

大和路線では、23時台に JR難波駅から奈良方面への快速が1本増発されますが、この時間帯の普通電車の本数が1本減らされています。
また、奈良~加茂駅間の本数が見直され、奈良駅の加茂行きダイヤは、17・19・20時台は3本→2本に減少、18時台は2本→3本に増加となります。

※2015年1月26日追記※
大阪環状線・JRゆめ咲線のダイヤ改正については、別記事 「
大阪環状線 2015年春のダイヤ改正内容が追加発表! 夕方の京橋止まりを全列車 天王寺まで延長&JRゆめ咲線直通列車も毎時4本に!」 もご覧ください。



姫新線
平日 朝の時間帯の列車を増発


平日 朝の時間帯に、余部7:09発姫路行きの列車が増発されます。




湖西線
夕方の近江今津方面行きの運転間隔見直し


夕方時間帯の近江今津行きの発車時刻が見直され、運転間隔が均等化されます。
京都17:57発の発車時刻を13分繰り下げ、18:10発とすることで、前後の近江今津行きとの運転間隔が概ね40分間隔となります。




学研都市線
日中の快速を区間快速に格下げ
普通電車は四条畷止まりに


平日の概ね11~14時台、土休日の概ね12~14時台の快速が四条畷~長尾駅間 各駅に停車する区間快速に変更されます。
これに伴い、この時間帯の普通電車が 四条畷~長尾駅間で運転取り止めとなり、四条畷駅までの運転となります。



和歌山エリア
日根野駅・和泉砂川駅で特急列車からの接続を改善

夕方の時間帯以降毎時1本、日根野駅で 特急 「はるか」 から快速 和歌山行きに、和泉砂川駅で特急 「くろしお」 から紀州路快速 和歌山行きに それぞれ接続するようになります。

特急はるか・くろしお から快速電車に乗り換えて 紀伊や六十谷へ向かう人にとっては朗報ですが、特急列車と接続する快速電車は 日根野や和泉砂川での停車時間が長くなりますね・・・。



きのくに線 和歌山~海南駅間に普通列車増発

平日 朝の時間帯に、和歌山~海南駅間で 普通列車が1往復増発されます。

海南行きの列車は、阪和線からの直通です。

詳しくは別記事
【2015年ダイヤ改正】 レアな行き先 「海南行き」 が早くも復活! まさかの関空/紀州路快速 「関西空港・海南行き」 登場へ! 」 参照。

海南発 和歌山行きの列車は、海南駅で 白浜方面からの特急 「くろしお」と接続します。



特急 「くろしお」 の椿駅停車を取り止め

現在 椿駅に停車する 「くろしお」 が1往復設定されていますが、この停車を取り止めます。
2013年のダイヤ改正で、椿駅に停車する列車が椿温泉などへの宿泊に便利な時間帯に変更されたばかりですが、やはり利用客が少なかったのでしょうかね・・・
※くろしお17号(椿17:28着)→ くろしお13号(椿15:27着)

これにより、紀伊田辺駅以南の 「くろしお」 停車駅が完全に統一されることになります。

このほか、特急 「くろしお」 の車内販売終了や、ダイヤ改正以降 381系の取り替えを行うことが告知されました。



北近畿エリア
特急 「きのさき」 「はしだて」 「まいづる」 の一部列車の所要時間を短縮

山陰線 綾部駅での設備改良に伴い、一部列車の所要時間が1~4分短縮されます。




特急 「こうのとり」 「きのさき」
一部列車で豊岡~福知山駅間の運転を取り止め


豊岡5:50発の特急 「こうのとり4号」 が 豊岡~福知山駅間で運転取り止め
となり、代わりに 福知山駅で 「こうのとり4号」に接続する 豊岡5:35発の普通リレー号が運転されます。

この列車は、前回のダイヤ改正で 大阪駅・新大阪駅への到着時刻を10分早くするため、豊岡駅の発車時刻が15分繰り上がっており(6:05発→5:50発)、発車時刻を早くしたことで、逆に利用客が減って(?)廃止されという皮肉な結果になってしまいました。


また、京都19:29発の特急 「きのさき15号」 が 福知山~豊岡駅間で運転取り止めとなり、福知山駅で 普通リレー号への乗り換えが必要になります。
この列車は、綾部駅まで 特急 「まいづる」 と併結運転する 唯一の豊岡行きであり、今回のダイヤ改正で 1日に1本しかない 「豊岡・東舞鶴行き」 が消滅することになります。

なお、これらの列車は、多客時には 臨時列車として豊岡~福知山駅間も運転するとのこと。


JR宝塚線
夕方の大阪発 新三田行き快速が、新三田駅で篠山口行きに接続

夕方の時間帯、平日は4本・土休日は3本、大阪発 新三田行きの快速が、終点・新三田駅で JR東西線からの快速 篠山口行きに接続するようになります。

これにより、大阪駅→篠山口方面への乗車機会が増えることになりますが、快速 篠山口行きは、後から来る大阪発の快速の到着を待ってから発車するため、新三田駅で4分も停車するようになるんですよね。




以上、近畿エリアのダイヤ改正について書きました。

学研都市線の改悪ぶりが凄まじいですね。
日中の快速の区間快速化&普通電車は四条畷止まりって・・・。

2012年のダイヤ改正で、日中の普通電車が松井山手行きから長尾行きに短縮されたばかりですが、余程利用客が少ないのでしょうか?

快速通過駅の忍ヶ丘・東寝屋川・津田・藤阪の利用客にとっては朗報かもしれませんが、快速停車駅の利用客にとっては 所要時間増が痛いですね。
京田辺や同志社前の利用客が可哀そうすぎます。

快速停車駅の長尾・河内磐船・星田から 住道・放出・京橋へ行く場合、四条畷で快速と普通電車との緩急接続が行われるため、先発の普通電車を見送ってでも後から発車する快速に乗る人が多く、実質的な本数は変わりません。

しかしそれでも、1時間に快速4本・普通4本の計8本なのと快速通過駅や松井山手以東と同じ 毎時4本だけというのでは、ずいぶんと印象が違ってきます。

そのうち、日中の時間帯、JR三山木駅で運行形態を分断して、JR三山木~木津駅間は2両編成で運転・・・といったこともやらかしそうな気がします。
(同志社前ではなくて南隣のJR三山木なのは、同志社前駅の発着ホームが1線しかないので)

2019年には おおさか東線の放出~新大阪駅間が開業しますが、その時 学研都市線は一体どんなダイヤになっていることやら・・・

※2020年1月11日追記※
おおさか東線 放出~新大阪駅間の開業後も、学研都市線のダイヤはほとんど変わりませんでした。
目立った変化は、直通快速の尼崎~放出駅間の運転がなくなったことくらいでしょうか。
学研都市線 松井山手方面から おおさか東線 新大阪方面へ直通する快速が設定されず、残念・・・。



大阪環状線・大和路線・阪和線の夕方ダイヤのパターン化も驚きました。
大和路線・阪和線直通列車の増加は朗報ですね!
日中より夕方の方が本数が少ないことに、少し疑問を抱いていましたから。
ただ、直通列車が増えることで、環状線のダイヤが乱れやすくなるという懸念もあります。

阪和線は またしても快速増・普通減のダイヤ改正になりました。
特に、17時台の普通電車は 7本から5本に減らされており、やりすぎな感がありますね。
この本数で 天王寺~杉本町駅間の利用客を捌けるのか、気になるところ。


大和路線は、17~20時台の普通電車の本数に変更はありませんが、環状線直通列車の増発に伴って、さりげなく JR難波駅発着の快速が減らされてますね。
前回のダイヤ改正で行われた 日中のJR難波発着快速の削減が 夕方時間帯にも実行される形です。

JR難波駅は、難波の中心部から離れた場所に位置していることに加え、行き止まりの駅で 南側からしか入れないため、利用客が比較的少なく、JR難波<環状線直通になるのは必然的な流れなのかもしれません。

大和路線といえば、夕方~夜の時間帯にかけて、王寺から和歌山線 高田・五条方面へ直通する快速電車があり、奈良・高田行きや加茂・五条行きといった併結運転の電車も設定されていますが、これらがダイヤのパターン化でどうなるのか気になりますね。

あと、ニュースリリースでは、環状線のJRゆめ咲線直通列車について述べられていませんでしたが、こちらも発車時刻がどのように変わるのか注目したいです。


特急はくたかの廃止で681系・683系が余るので、びわこエクスプレスをまた増発するかと思いきや、そうならなかったのが意外でした。
(もしかして、381系と引き換えに 余った681系・683系が 「くろしお」 の運用に就くのでしょうか?)
はまかぜ車両のびわこエクスプレスも引き続き運転されそうですね。

※2016年5月24日追記※
381系を置き換えるため、特急「しらさぎ」 で使われていた683系2000番台を直流専用に改造し、「289系」 として 特急くろしお・こうのとり・きのさき・はしだてで運用を開始しています。



次の記事では、北陸・岡山・広島エリアのダイヤ改正について紹介したいと思います。
☆JR西日本 2015年春のダイヤ改正(北陸・岡山・広島編)☆
「ダイナスター」 の運転は朝晩のみ。 快速 「サンライナー」 が東福山駅に停車!


広告