2012年から大規模な改良工事が続く 新大阪駅の在来線ホーム。
旧17・18番のりば(現在の新15・16番のりば)の東側に 新しいホーム(新17・18番のりば)を増設し、
その後 ホームの改装・線路の配線変更を繰り返して 順番にホームをずらしていきます。
今年1月、旧15・16番のりばを改装した新13・14番のりばが使用開始されました。
これに伴い 旧13・14番のりばは閉鎖され、現在 改装工事が行われています。

先日、2015年4月現在の工事の様子 を紹介したのですが、
新15・16番のりばの京都側の階段に こんなものが掲示されていました。


CIMG5379-1
※写真をクリックすると 拡大できます。
なんと、新15・16番のりばの京都側の階段にエスカレーターを設置するというのです
2016年春頃まで ホーム幅が縮小されるとのことで、
エスカレーターの使用開始も おそらくその頃になるでしょう。

でも、ちょっと待ってください
新15・16番のりば(旧17・18番のりば)は、
2012年12月16日にホームを閉鎖して1年かけて改装し、2013年12月8日に使用開始したばかり。
既に改装工事が終わっているはずの新15・16番のりばに
追加で工事を施すとは どういうことでしょうか

おそらく、JR西は当初、エスカレーターはホーム中程の2つだけで十分と考えていたけれど、
後になって、やっぱり京都側にも必要だったと 方針転換したのでしょう。

新15・16番のりばの後に改装された新13・14番のりばは
京都側の階段に上りエスカレーターが設置されており、
新15・16番のりばも 同じように設置しておけばよかっただろうなと思っていましたが、
ホームの使用開始後に エスカレーターの設置工事を始めるとは驚きました

確かに、ホームの京都側から上りエスカレーターを使うとなれば、
ホーム中程にある下りエスカレーターの裏側まで行かないといけないので、
京都側の階段に上りエスカレーターがあれば便利だろうなと思います。
でもですね・・・
それなら、最初から作っとけよ!!!と言いたい。
改装工事で階段をわざわざ綺麗に整備したのに、
それを一部壊してエスカレーターを設置するわけですから、はっきり言って二度手間ですよね。
お金も資材も もったいないなぁ・・・って思います。


CIMG5389
CIMG5683
とりあえず、新15・16番のりばの京都側の階段を撮影。
ここは 今のところ変化がありませんが・・・



CIMG5648
CIMG5652
ホームでは 既にエスカレーターの設置工事が始まっていました。
なんと、階段の裏側にあった駅員室が解体されているではありませんか
エスカレーターを設置するためとはいえ、
完成してから1年3ヶ月ほどしか経っていない新しい駅員室を壊してしまうとは、
何とも言えない気持ちになりますね・・・
この工事期間中、新15・16番のりばの駅員は どこで待機したりするのでしょうか
駅員室にあったパソコンなどは どこかに移設されたのでしょうか  少し気になります。

今後 このブログでは、旧13・14番のりばの改装工事と合わせて
新15・16番のりばのエスカレーター設置工事についても紹介していきたいと思います。

※2016年2月4日追記※
新しいエスカレーターが、2016年1月15日に使用開始されました。
詳しくは、以下の別記事をご覧ください。

新大阪駅の新15・16番のりば、京都側の新・エスカレーターが使用開始!(2016年1月)

★次の記事★
新大阪駅 旧13・14番のりば改装工事(2015年8月) 【Part1】
新大阪駅 旧13・14番のりば改装工事(2015年8月) 【Part2】
※新15・16番のりばのエスカレーター設置工事については、Part2の記事をご覧ください。

【関連記事】
新大阪駅の旧17・18番のりば(改装工事前)
新大阪駅の新15・16番のりばがついに供用開始!!! 【コンコース編】
新大阪駅の新15・16番のりばがついに供用開始!!! 【ホーム編】 Part1
新大阪駅 新15・16番のりばの新しい電光掲示板が稼働開始!
駅の工事関連 記事一覧へ

広告