※この記事を読む前に、過去記事
津田英治さん、引退!? ATOS放送の男声が順次変更へ・・・ 」 をぜひご覧ください。

昨年の11月頃から、上野東京ラインの開業に先駆けて
宇都宮線高崎線常磐線東海道線のホームで流れる自動放送(ATOS放送)が更新され、
男声が津田英治さんから別の人に変わりました。
宇都宮線から放送の更新が始まったので、新しい自動放送は 「宇都宮型」 と呼ばれています。

そんな宇都宮型の放送ですが、男声が誰なのかは これまで公表されておらず、
一般の人が知る由もありませんでした。
ところが、宇都宮型の放送が導入されるや否や、
この声は有田洋之さん(大阪市営地下鉄や外房線の男声放送を担当)ではないか
といった声がネット上で急速に広がり始めたのです。

自分は、以前から この 「有田さん説」 は絶対違うと思ってました。
初めて聞いた時に全然聞いたことのない声だと思った 宇都宮型の男声が、
自分にとって聞き馴染みのある有田さんのはずがないと。

しかし、有田さんが津田さんと同じ事務所に所属していることと、
大阪市営地下鉄の一部路線の男声放送を 以前 津田さんが担当されていたことから、
 「津田さんの後継者」 は有田さんに違いないと 有田さん説が最有力視され、
いつの間にか、「宇都宮型の男声=有田さん」 と確定したかのようになって、
ツイッターなどで どんどん拡散されていったのです。
しまいには、「有田さんではない」 という意見を否定する人まで現れ、
有田さん説を完全に信じ切っている人の書き込みを見るたびに、嘆かわしい気持ちになりました。

もし、有田さん説が違うのであれば、間違った情報(デマ)が拡散されていることになり、
有田さん本人にとっても良くないことだと思います。
しかし、公表されない限り、「宇都宮型の男声は有田さん」 という真偽不明の情報が
正しいものだと思われ続けるのです。

有田さんなのか、そうではないのか、はっきりさせてほしいと強く願っていたところ、朝日新聞から衝撃の報道が
なんと、宇都宮型の声の主が判明したのです


広告

【朝日新聞の記事】
JRの自動音声 「中の人」 交代 駅名など新たに録音

Yahoo!ニュース

このブログの記事が Yahoo!ニュースに掲載されました!


朝日新聞の報道によると、宇都宮型の男声を担当されているのは
田中一永(たなか かずひさ)さん
37歳の男声声優で、CMのナレーターや 海外ドラマの日本語吹き替えなどのほか、
アニメ 「NARUTO」 での声優経験もあるとのこと。
録音を担当した音響機器メーカーが、
落ち着いた声を持ち、15~20年後も同じ声質で仕事が出来る年齢の声優」 十数人を候補に挙げ、
最終的に 田中さんが選ばれたそうです。
音声の録音は、放送が更新される1年以上前に行われていたようで、
2013年8月に計6日間かけて、約4000の音源データを録音したとか。
所属事務所の公式ホームページで、田中さんのボイスサンプルを試聴できるので、
皆さんも ぜひ聞いてみてください。
田中一永さんのプロフィール (声優ナレータープロダクション 「アクセント」)

ちなみに、津田さんがATOS放送の男声を降板されたのは
やはり、「年齢による声質の変化」 が理由だったようで、
「音源データの組み合わせによっては、放送の最初と最後で異なる声に聞こえるようになった」
と、JRの担当者が話しています。


というわけで、宇都宮型の男声は 田中一永さんである というのが真実であり、
有田さん説は事実無根のデマでした。
真偽不明のまま拡散され続けた有田さん説が JR東日本に否定されたのです。
やっぱり自分は間違ってなかった もう嬉しすぎます

宇都宮型の声の主について取り上げてくれた朝日新聞に感謝です。
ただ、本音を言えば、もっと早くに書いてほしかったですし、
宇都宮型放送の導入が始まった時に JR東日本が声の主を公表しておけば、
ここまでデマが広がることはなかったと思います。

宇都宮型の男声が 有田さんの声と違うことぐらい、聞き比べれば普通に分かりそうなことだと思うのですが、
やはり、「津田さんの後継者」 というレッテルを貼られると、
ちょっと似ているところがあっただけで 有田さんの声だと思ってしまうのでしょうか

ツイッターでは、「宇都宮型の声の主」 として 有田さんの顔写真を貼る人もいました。
事実無根のデマを流されて、有田さんは さぞ困惑されたことでしょう。
有田さん説を拡散した人たちは、深く反省してほしいところです。


余談ですが、ATOS放送の女声を担当されている
向山佳比子(さきやま けいこ)さんって 53歳 だったんですね
津田さん(66歳)との年齢差に驚きました
今後もまだまだ、向山さんのATOS放送を聞くことができそうです。

広告