先日 JR西日本が発表した 「JR西日本グループ中期経営計画2017 進捗状況と今後の重点取り組み(アップデート)」 。

その中で、
おおさか東線 新加美~JR長瀬駅間に設置される新駅の仮称は 「衣摺(きずり)」、嵯峨野線 京都~丹波口駅間に設置される新駅の仮称は 「JR七条」 と明記されました。

へぇ~、新駅の名前は 「衣摺」 「JR七条」 なのか~ と思った方、まだ早い!

これは 仮称です。

JR西日本の場合、新駅の
駅名は 仮称と異なる場合がほとんどなのです。

事実、JR東西線や おおさか東線(久宝寺~放出間)は、全て仮称と異なる駅名になっています。
(JR東西線は、片町→大阪城北詰、南森町→大阪天満宮、桜橋→北新地、福島→新福島、野田阪神→海老江、歌島橋→御幣島、竹島→加島、おおさか東線は、加美→新加美、、柏田→JR長瀬、俊徳道→JR俊徳道、河内永和→JR河内永和、高井田→高井田中央

他の路線の新駅を見ても、JR桂→桂川、JR夙川→さくら夙川、播磨勝原→はりま勝原、新黒部→黒部宇奈月温泉というように、駅名が仮称と異なっています。
(新高岡駅は例外)

そのため、おおさか東線・嵯峨野線の新駅も 仮称と異なる可能性が高いのです。


衣摺は 新駅が設置される場所の地名なんですが、仮称がこの名前ということは、駅名は やっぱり
南長瀬 になるんでしょうかね・・・。

嵯峨野線の新駅は、七条通と交差する場所に設置されるため、JR七条という仮称なんでしょうが、京阪の七条駅とは全く別の場所なので、新駅の名前にふさわしいとは思えません。

仮称が この名前で ある意味ほっとしています。
駅名は、もう
梅小路で決まりでしょう!


仮称:衣摺駅は2018年春に、仮称:JR七条駅は2019年春に開業しますが、新駅の駅名は、開業の半年前ぐらいに発表されることが多いので、今回の2駅の駅名が明らかになるのは まだまだ先になりそうです。

自分が予想した名前になるのか、それとも 予想の斜め上を行くのか・・・


今年は、来年春に開業する JR神戸線の2つの新駅、仮称 「まや駅」 と 「東姫路駅」 の駅名が正式発表されるので、そちらも 非常に気になるところですね。
(おそらく、どちらも仮称と異なる駅名になると思いますが)

※2016年7月23日追記※
仮称:まや駅の正式名称は 「摩耶駅」 と漢字表記に変わりましたが、「東姫路駅」 は仮称と同じになりました。
JR神戸線 新駅の駅名がついに決定!「摩耶」 「東姫路」(2016年春開業)

また、2017年春に開業する山陽線 西条~八本松間の新駅の駅名も 仮称と同じ 「寺家(じけ)駅」 に決まりました。 
可部線 延伸区間の新駅の駅名が決定! 終着駅は 「あき亀山駅」 に!

新駅の仮称が正式名称に採用される例が相次いでいます。


※2020年1月30日追記※
仮称:衣摺駅の駅名は 「衣摺加美北駅」、仮称:JR七条駅の駅名は 「梅小路京都西駅」  となりました。


広告