2015年8月22日早朝、きのくに線 三輪崎~新宮駅間で 線路脇の土砂が 台風16号の高波によって流出したことが確認されました。

そのため、22日始発から31日まで 紀伊勝浦~新宮駅間の運転を見合わせました。
(9月1日始発から運転再開)

最初の2日間、特急くろしおは全列車 白浜駅で折り返しとなりましたが、8月24日からは 白浜~紀伊勝浦駅間の運転を再開。
これにより、通常は見られない 紀伊勝浦行きの特急くろしおが登場しました。

紀伊勝浦行きの特急くろしおが運転されるのは、台風12号による河川増水で 紀伊天満~那智駅間の橋が流失した 2011年以来のことです。


そこで今回、新大阪駅・天王寺駅・和歌山駅と きのくに線の特急停車駅で発車標の表示を撮影してきました。
8回(+まとめ記事1つ)に分けて、このブログで紹介したいと思います。

第3回目は 和歌山駅の表示をご紹介。



天王寺11:25発の紀州路快速に乗り、和歌山駅には定刻通り(12:36)に到着。

車窓から 4・5番のりばの発車標を見ると、3段とも 普通 御坊行き。
何か違和感を覚えつつ 電車を降りると、駅員の放送が流れてきました。




CIMG0258-1
CIMG0259-1
なんと、11時58分頃に 阪和線の久米田~下松駅間の架線に飛来物が付着し、撤去作業のため、鳳~熊取駅間で運転を見合わせているというのです!

和歌山駅到着の約20分後、12時54分頃に順次運転再開しましたが、当該区間では 阪和線の電車が1時間近くストップ。
その影響で、特急くろしおは 13:02発の白浜行きと 14:02発の紀伊勝浦行きが大幅に遅れました。

人身事故で止まるのはやめてと 心の中で祈りながら出かけたのですが、架線に飛来物が付着して 人身事故級の遅延・ダイヤ乱れが発生するとは思いもしませんでした。

自分の乗った電車が東岸和田駅に到着したのは11時52分。
一本後の電車に乗っていたら、鳳駅で足止めを食らっていたかもしれませんね。


発車標には 遅れ約48分と表示されていますが・・・あれ!?

確か10分以上の遅れは、15分、20分、25分・・・と、5分単位で表示されていたはず。
いつから40分以上の遅れも1分単位で表示されるようになったのでしょうか?


CIMG0252-1
CIMG0262-1
大幅に遅れたので、発車標に 「到着まで約○分」 表示も出ました。
この表示が出ている時、発車時刻は表示されません。

和歌山13:15発の御坊行きに乗る予定だったところを、30分後の13:45発に変更したのですが、14:02発の紀伊勝浦行きは 14:15発の普通電車よりも後に発車するとのこと。

結局、この日は 和歌山駅で紀伊勝浦行きの表示を撮ることができませんでした。



CIMG1085
CIMG1089
というわけで、後日 改めて和歌山駅を訪れ、紀伊勝浦行きの表示を撮影しました。
表示は、天王寺駅の1番のりば・改札の発車標と同じです。

特急くろしおは1時間に1本の運転ですが、10時台に限っては 30分に1本の間隔で運転されています。
そのため、紀伊勝浦行き・御坊行き・白浜行きが揃ったところを撮ることができました。

この駅の改札口の発車標は、列車名欄の 「くろしお」 の文字が非常に窮屈ですが、「○号」 の文字幅を少し狭くするなど、もう少し何とかならなかったのでしょうかね・・・。


CIMG1093
CIMG1094-1
10:36発の特急くろしお 白浜行きが5分ほど遅れて運転していました。


CIMG1123
紀伊勝浦行きのスクロール表示です。


CIMG1180-1
CIMG1181-1
4・5番のりばへ移動し、設置されている発車標を撮影。


CIMG1173-1
CIMG1174-3
改札口の発車標に比べ 列車名欄が広いため、遅れの英語表示が異なっています。


CIMG1167-1
ここでも 紀伊勝浦行きのスクロール表示を撮影。


CIMG1198-1
しばらくすると、紀伊勝浦行きの特急列車が到着。


CIMG1201
BlogPaint
車両は381系でした。 この見慣れた列車も、あと2ヶ月足らずで引退となります。


次の記事では、海南駅と御坊駅の表示を紹介します。
【激レア】 海南駅・御坊駅で 特急くろしお 「紀伊勝浦行き」 の表示を撮る (2015年8月)

広告