JR西日本は、2016年3月26日(土)にダイヤ改正を実施します。
(北海道新幹線の開業に合わせたため、改正日が例年より2週間遅いです)

その概要が、今日(2015年12月18日) ついに発表されました。
ここでは JR西日本の近畿エリアのダイヤ改正について 取り上げたいと思います。

【JR西日本 ニュースリリース】
平成28年春ダイヤ改正について ダイヤ改正日:平成28年3月26日(土曜日)


広告


【サンダーバード】

早朝と夕方に1本ずつ増発
大阪行き最終の発車時刻繰り下げ

朝に大阪6:30発の金沢行きを増発。
現在の始発(大阪7:10発)よりも約30分到着することが可能に。
金沢駅では北陸新幹線の 「はくたか」 にも接続。

また、夕方に 金沢17:33発の大阪行きを増発するほか大阪行き最終列車の発車時刻を10分以上繰り下げ。
(金沢20:35発→金沢20:47発に)



【はるか】
①日中の時間帯、毎時1本→2本に増発

現在は毎時1本となっている日中に6往復(12本)増発し、毎時2本に倍増。
約30分間隔での運転となる。
※2010年のダイヤ改正で 日中の本数が毎時2本→1本に減ったが、今回の改正で 元に戻った形に。
関西空港行きの運転時刻を見直し、京都駅・新大阪駅を毎時0分・30分に発車するようになる。


②朝晩の一部列車が高槻駅に新規停車
朝の関西空港行きと、夕方以降の京都方面行きの列車が、新たに高槻駅に停車。
(おそらく、後述の新ホーム使用開始の影響)



【くろしお】
①新大阪駅での折り返し時間を拡大

これまで10分程度しかなかった 新大阪駅での折り返し時間を25分に拡大。
新大阪行きの列車が遅れて、折り返しの新宮方面行きの列車が遅れるのを防ぐ。
折り返し時間を拡大する列車は 16本中12本。
(くろしお7号 新大阪10:15発~くろしお29号 新大阪21:15発)
※前述の 「はるか」 の運転時刻見直しに伴い、白浜・新宮方面行きの新大阪駅 発車時刻が毎時0分→15分に変更される。

②新大阪駅を17時以降に発車する全列車が和泉砂川駅に停車
新大阪17:15発の 「くろしお21号」 が和泉砂川駅に停車。
これにより、新大阪駅を17時以降に発車する全ての列車が和泉砂川駅に停車となる。


③白浜発の上り列車、夕方に1本増発&日中に1本削減
夕方に白浜16:50発の新大阪行きを増発。
一方で、日中の白浜14:49発の新大阪行きは運転取り止め。
また、新大阪~京都駅間の一部列車の運転を取り止め。


【こうのとり】
289系の投入効果で所要時間短縮
2015年10月31日に運用開始された289系(元「しらさぎ」車両・683系)の投入効果により、大阪~福知山駅間が最短1時間30分で結ばれる。


【しなの】
大阪~名古屋駅間 運転取り止め

特急 「しなの」 のうち、大阪駅を始発・終着とする1往復(しなの9号・16号)について、大阪~名古屋駅間の運転を取り止め。
これにより、特急 「しなの」 は全列車 名古屋~長野駅間での運転となる。


【琵琶湖線・JR京都線・JR神戸線系統】
①新駅 「摩耶駅」 「東姫路駅」 が開業
JR神戸線の六甲道~灘駅間に 「摩耶駅」 が、御着~姫路駅間に 「東姫路駅」 が開業。
どちらも普通電車のみ停車。


②高槻駅の新ホーム使用開始
高槻駅の京都方面・大阪方面 それぞれに新しいホームを設置。
新快速(一部を除く)と 一部の特急 「はるか」 が停車。
快速・普通電車と発着ホームを分けることで、ホームの混雑を緩和する。
そのため、新快速と快速・普通を乗り継ぐ際は 異なるホームでの乗り換えとなる。
新ホームには、昇降式ホーム柵を設置し、安全性の向上を図る。
(過去記事 「高槻駅 ホーム増設へ!!! 2016年春完成目指して改良工事実施! 」 参照)

③大阪駅における新快速と快速の運転間隔を均等化
日中の時間帯、大阪駅において新快速と快速の運転間隔を均等にし、7・8分間隔での運転に。
合わせて、普通電車の運転間隔も均等化される。
※京都方面行きの場合、現在は快速発車の5分後に新快速が発車するが これが7分後となる。
姫路方面行きの場合、現在は新快速発車の5分後に快速が発車するが これが7分後となる。


④芦屋駅・三ノ宮駅における新快速と普通電車の接続がなくなる
れまで、日中以降の芦屋駅と三ノ宮駅では、新快速と普通電車が同一ホームに並び 交互に乗り換えできたが、改正後 新快速と普通電車の乗り換えはホームで待つことになる。
(おそらく、前述の運転間隔均等化と摩耶駅開業の影響)

⑤日中の時間帯、播州赤穂直通の新快速を廃止
日中の時間帯、播州赤穂駅始発・終着の新快速を、一部を除いて姫路駅始発・終着に変更。
姫路~播州赤穂駅間は別の列車で運転し、姫路駅で同じホームで乗り換え。


⑥大垣直通の列車を全廃
朝の大垣発、夜の大垣行き直通列車を全て米原駅始発・終着に変更。
米原~大垣駅間は別の列車で運転し、米原駅で同じホームで乗り換えとなる。



【大阪環状線・大和路線・阪和線系統】
①大阪環状線から阪和線・大和路線・JRゆめ咲線への直通列車を増発
土休日の朝8~9時台において、大阪環状線から阪和線・大和路線へ直通する快速とJRゆめ咲線へ直通する普通電車を、それぞれ毎時3本→4本に増発。
一方で、大阪環状線を一周する普通電車は毎時4本に統一・減便。
内回りは、環状運転→JRゆめ咲線直通→阪和線直通→大和路線直通→環状運転・・・の順に来る概ねパターン化されたダイヤになる。

②阪和線・大和路線から大阪環状線への直通列車を増発
土休日の朝の時間帯、阪和線・大和路線から大阪環状線へ直通し、大阪駅に8~9時台に到着する快速を それぞれ2本増発。

③土休日の午前中に 「関空快速」 を増発
土休日の午前中に関西空港駅を発着する関空快速を2往復増発。
関西空港着は 8時台が2本→3本、10時台が3本→4本に、関西空港発は 10時台と11時台が それぞれ3本→4本に増発される。


④深夜の関空快速が大阪方面へ直通
関西空港駅を23時台に発車する天王寺行きの関空快速2本を大阪方面へ延長運転。
23:09発は大阪方面京橋行きに、23:32発は大阪行き(大阪~京橋間は運転なし)に。

※この延長運転により、環状線西側の外回りの終電が繰り下がる形になる。
(現在の最終列車は大阪駅0:19着だが、延長運転される関空快速は大阪駅0:34着)



【播但線】
①特急 「はまかぜ1号・4号」 が竹田駅に通年停車
現在、竹田城跡山開きに合わせて 3月下旬から11月末まで 、特急「はまかぜ」 1号・3号・4号・6号が臨時停車している竹田駅。
このうち、1号と4号が通年停車するようになる。


②日中のダイヤをパターン化
これまで等間隔に運転できていなかった 日中(9時台~14時台)の普通電車について、姫路駅の発車時刻を毎時21分・52分とパターン化。 約30分間隔に。
(11時台と13時台は21分発がなく1時間間隔に。 10時台と14時台の21分発は福崎行き)


③夜の時間帯に 姫路発 福崎行きの普通電車を増発
夜の時間帯に、姫路21:58発 福崎行きを増発。
姫路駅21時台の本数が2本→3本(約30分間隔)に。


④姫路発 寺前行きの最終電車を15分繰り下げ
東京方面からの最終 「のぞみ」 と接続

播但線の下り最終列車(姫路23:53発)を15分繰り下げて、姫路0:08発に。
姫路駅で東京方面からの最終 「のぞみ」(23:55着)と接続。
また、大阪方面からの新快速(0:04着)とも接続。



【その他】
★ダイヤ改正に合わせて、ICOCAの利用可能エリアを拡大★

加古川線 加古川~西脇市駅間、播但線 姫路~寺前駅間、
姫新線 姫路~播磨新宮駅間でICOCA・SuicaなどのICカードが利用可能に

※詳しくは、以下の別記事をご覧ください。
加古川線・播但線・姫新線の一部区間、2016年3月26日(土)からICOCAが利用可能に!
姫路駅に中間改札を設置!




以上、近畿エリアのダイヤ改正について書きました。

新快速の茨木駅停車は 見送られたようです。

過去記事 「新快速が茨木駅にも停車!? JR西が検討開始との報道が! 」 で紹介したとおり、
2014年8月に JR西日本が新快速を茨木駅に停車させる検討に入った と産経新聞が報じています。

高槻駅の新ホーム使用開始で、新快速と普通電車の対面乗り換えができなくなるので、新快速が茨木駅に停車するなら来年(2016年)かと思っていたのですが、やはり、実際に利用客の大幅な増加を確認するまでは見送るということなんでしょう。

新快速の場合、一度停車駅にすると 通過に戻すのは ほぼ不可能なので、停車駅を増やすことに慎重になっているのかもしれません。


茨木駅ユーザーにとっては残念だったかも分かりませんが、新快速が茨木駅に停車することで、所要時間の増加に加え 混雑の悪化が懸念されるので、自分にとっては 「良い意味で予想が外れた」 結果となりました。

ネットを見ていると、「茨木新快速停車の噂はデマだった」 とか「一時、新快速茨木停車という話があったが消えた」 と書いている方がいますが、あくまでも "今回は" 見送っただけであって、今後 茨木駅に停車する可能性が消えたわけではないです

むしろ、新快速と快速の運転間隔均等化で、新快速を茨木駅に止めるための下準備ができたといっても過言ではないと思います。

茨木駅の2014年度の1日平均乗車人員は4万4432人と JR西日本で17番目に多いですが、今後 大幅に増えて5万人を超えてくるようになれば、JR西も さすがに無視できなくなるでしょう。

2018年春には 摂津富田~茨木駅間に新駅(仮称・JR総持寺駅)が開業するので、その時には また何か変化があるかもしれません。
※2018年5月24日追記※
2018年春のダイヤ改正でも、新快速の茨木駅停車は見送られました。
また、新駅の駅名は、仮称と同じ 「JR総持寺」 となりました。


自分は、12月17日深夜に書いた記事
【JR西日本】 2016年春のダイヤ改正を予想する ~琵琶湖線・JR京都線・JR神戸線~ 」 で琵琶湖線・JR京都線・JR神戸線のダイヤ改正を予想していましたが、当たったのは、高槻駅の一部の特急列車停車と、報道があった日中の新快速の姫路駅以西乗り入れ廃止だけでした。

東姫路駅が開業しても、加古川~姫路駅間の普通電車が 日中毎時2本のままとは意外です。
姫路の市街地に近く、神戸・大阪寄りにある駅なのに、市街地から遠い英賀保駅や はりま勝原駅よりも本数が少ないというのは皮肉なものですね。


今回のダイヤ改正では、以前から気になっていた点が いくつか改善されていました。



特急 「くろしお」 の新大阪駅での折り返し時間拡大
大阪環状線や阪和線、きのくに線でダイヤが乱れた時、白浜・新宮方面行きの列車が 「折り返し遅れのため」 遅れることが多かったので、折り返し時間を長くした方が良いだろうなと思っていました。

ただ、新大阪駅で 「くろしお」 が発着する11番のりばには、関西空港行き・京都行き 両方の 「はるか」 も発着するので、折り返しのために25分も停車するのは無理でしょう。
ホームで直接折り返すのではなく、一旦 京都方面へ回送されるかもしれませんね。



播但線の日中のダイヤのパターン化
これまで播但線は JR神戸線や姫新線と異なり、日中の時間帯も発車時刻がバラバラで、分かりにくいダイヤでした。

JR西日本 福知山支社のダイヤ改正は 播但線がメインでしたが、個人的に、播但線の姫路~寺前駅間が 京阪神エリアではなく 北近畿エリアに分類されることに ものすごく違和感がありますね・・・。

この区間は 姫路やJR神戸線沿線への通勤圏内であり、北近畿地区(京都府北部・兵庫県北部)とは一線を画していると思います。



大阪駅における新快速・快速の運転間隔均等化

高槻駅では、大阪方面行きの新快速発車の3分後に快速が発車するので、大阪方面へ向かう利用客が新快速に集中し、快速がガラガラという状況です。

新快速と快速の運転間隔を均等化することで、新快速の高槻からの混雑を 少しは緩和できると良いですね。

ただ、この均等化と摩耶駅開業の影響で、芦屋駅での 新快速と普通電車がほぼ同時に到着し、ほぼ同時に発車するという神業的な緩急接続がなくなってしまうのが、本当に残念でなりません。



特急 「はるか」 の大増発 も驚きました。
やはり、関西空港を利用する外国人旅行客が増えている影響でしょう。
また、関西空港行きの京都駅・新大阪駅の発車時刻を見直して、毎時0分・30分発という分かりやすいダイヤにするのは、ナイスアイデアです!



特急 「しなの」 の大阪~名古屋駅間運転取り止めと 大垣直通列車の全廃 には驚きました。

JR西日本曰く、大阪駅発着の 「しなの」 は利用が減少したとのことですが、やはり 北陸新幹線 長野~金沢駅間の開業が大きかったのかもしれません。

関西~長野を移動するのに、JR東海にとっては 東海道新幹線(新大阪~名古屋)+しなの を、JR西日本にとっては サンダーバード・しらさぎ+北陸新幹線を利用してもらう方が儲かります。

JR西日本の車両が朝晩に大垣駅まで乗り入れていたのは、「しなの」 の大阪乗り入れに伴う 車両使用料相殺という面があったために、セットで廃止されるのでしょう。
関西の駅で 「長野行き」 や 「米原方面大垣行き」 が見られなくなりますね。



2016年といえば、大阪環状線に導入予定の新型車両323系や阪和線の新車(225系の大量追加投入?)が運用開始される年でもあります。

自分は当初、2016年春のダイヤ改正から走るものだと思っていましたが、323系は まだ試運転が行われていないようなので、運用開始は もっと先になりそうですね。

★次の記事★
☆JR西日本 2016年春のダイヤ改正(広島編)☆
土休日に快速 「シティライナー」 が復活! 227系の運転区間を福山~徳山駅間に拡大!


広告