前回の記事 「京都駅 拡幅後のJR奈良線ホームを撮る(2015年12月27日) 【Part1】 」
の続きです。

ここでは、7番のりばと跨線橋から撮った写真をご紹介。


CIMG7372
CIMG7360
7番のりばから撮影したJR奈良線ホームを、西側から順に見ていきます。
まずは、ホーム拡幅部分の西端~跨線橋真下の様子です。
これまで使われていた線路が少し残っています。
8番のりばに琵琶湖線の回送列車も入線するためか、
10両編成の電車の停車位置を示す標識が立てられていました。



CIMG7365
CIMG7375
CIMG7370
CIMG7348
CIMG7355
ホームの西側~中程の様子を撮影。
拡幅部分のホームの土台は 仮設感たっぷりです。



CIMG7199
8番のりばに停車中の みやこ路快速を撮影。


CIMG7226
今度は 、9番のりばに停車中の普通電車(103系)を入れて撮影。
ホームの拡幅後、8番のりばと9番のりばの電車の停車位置が揃えられました。



CIMG7347
CIMG7195
CIMG7236
ホームの東側、仮設の屋根がない部分の様子です。
本設の屋根は この辺りから設置されていくのでしょうか


CIMG7207
CIMG7212
ホームの東端部分を撮影。


CIMG7218
CIMG7216
8番のりばの線路が新しい方へ切り替わり、これまで使われていた線路が途切れていました。


CIMG7337
CIMG7344
最後に、跨線橋からJR奈良線ホームを撮影。
今後 この場所から8番のりばへ向かってエスカレーターと階段が整備されます。


以上、拡幅後のJR奈良線ホームを紹介しました。
今後も 京都駅の改良工事の様子を撮影してきたいと思います。

駅の工事関連 記事一覧へ

広告