兵庫県神崎郡神河町にある 寺前駅
播但線の主要駅の1つで、特急 「はまかぜ」 も停車します。

この駅から姫路方面が電化区間、和田山方面が非電化区間となっており、普通列車は 全てこの駅で乗り換えとなります。
和田山方面は、本数が1時間~1時間半に1本程度と少ないです。

このブログでは、2014年に書いた過去記事で、寺前駅のホーム・改札口に設置されている電光掲示板を簡単に紹介しましたが、2015年3月と12月に改めて撮りに行ったので、このブログで紹介したいと思います。

★過去記事★



広告


CIMG0056
まずは、1・2番のりばの電光掲示板から。

JR西日本の他の駅では見かけない 1段表示の古い電光掲示板です。
列車名欄がなく、行き先欄も3文字分と狭くなっています。

1番のりば側には、快速 和田山行きの表示が出ています。
快速とはいっても、通過するのは 寺前駅の隣の長谷(はせ)駅だけです。


CIMG0055
英語表示です。
快速の英語表記は 「Rapid」 ですが、狭い種別欄に入りきらず、「Rapi」 と表示されていました。


CIMG0137
CIMG0136
反対側から撮ると こんな感じ。


CIMG0121
1番のりばは 和田山方面へ向かう気動車が発着します。
そのためか、2番のりばに比べ ホームの高さが低くなっており、ホームにスロープが設けられていました。


CIMG0134
1番のりばに停車中の快速 和田山行きを撮影。


CIMG0144
3番のりばに停車中の普通 姫路行きを撮影。103系3500番台です。
このホームには、電光掲示板が設置されていません。


CIMG0093
改札口の様子です。 (2015年3月撮影)
今はまだICOCAなどのICカードが使えませんが、今年(2016年)3月26日から 播但線 姫路~寺前駅間で使えるようになります。


CIMG0089
CIMG0088
改札口に設置されている電光掲示板を撮影。
こちらも、快速の英語表示が 「Rapi」 でした。


CIMG9945
CIMG9943
こちらは、特急はまかぜ 香住行きの表示です。
特急列車は、姫路方面・和田山方面共に 3番のりばを発着します。


CIMG0114
ついでに、外に出て 寺前駅の駅舎を撮りました。
2010年に完成した 新しい駅舎です。


CIMG7999
CIMG7997
ここからは、2015年12月に撮った写真をご紹介。

こちらは、毎年冬に運転される臨時特急 「かにカニはまかぜ」 大阪行きの表示。
種別表示は 「臨時」 でも 「臨特」 でもなく、通常のはまかぜと同じ 「特急」 でした。


CIMG8094-1
CIMG8096-1
最後に紹介するのは、1日に1本だけある 特急はまかぜ 鳥取行きの表示です。


広告