東海道線 米原~大垣駅間では、ほとんどの普通・快速電車がJR東海の車両で運転されますが、
1日に3往復だけ JR西日本の車両(221系・223系・225系)で運転されます。
(朝の時間帯に大垣発 下り列車3本、夜の時間帯に大垣行き 上り列車3本)
これらは 大阪・京都方面⇔大垣方面を直通する数少ない電車です。

しかし、今月(2016年3月)26日のダイヤ改正で、この3往復は米原駅始発・終着に変更され、
221系・223系・225系の米原駅以東への乗り入れが廃止されることになりました。
米原~大垣間はJR東海の車両で運行し、普通電車の米原駅を跨いだ直通運転がなくなります。

そこで今回、米原駅で JR西日本の車両で運転される大垣行きを撮影。
電車の行き先表示を中心に、このブログで紹介したいと思います。


広告



CIMG1637
BlogPaint
今回自分が撮影したのは、米原21:03発の普通(西明石~高槻駅間は快速) 大垣行き。 223系です。
電車は12両編成ですが、このうち大垣方面へ行くのは前寄りの4両のみで、後ろ8両は米原止まりとなります。

7・8番のりばの階段・上りエスカレーターは、12両編成の電車の5両目付近に1ヶ所あるだけです。
そのため、4・6・8両編成の電車は、階段前に先頭車両がくるように停車するのですが、
今回の大垣行きの車両は 階段よりも前に停車するため、乗車位置が少し分かりにくいです


CIMG1610
CIMG1612
側面のLED行き先表示器を撮影。
電車の到着直後までは、「米原方面 大垣」 という表示でした。


CIMG1631
CIMG1628
しばらくすると、表示が 「大垣」 単独表示になりました。
号車番号も 大垣側から12号車、11号車、10号車、9号車・・・の順だったのが、
4号車、3号車、2号車、1号車に変わっています。


CIMG1623
ホーム北端へ行き、223系の先頭車両を撮影。
これまで 乗り換えも含めて 何度も米原駅を訪れていますが、
この場所から電車を撮るのは 今回が初めてでした。


CIMG1618
CIMG1620
正面の行き先表示を拡大して撮影。

以上、米原駅で撮影した223系を紹介しました。
JR西日本の車両の大垣行きは、1日に3本と少ないながらも、
以前から当たり前のように目にする存在だったので、これまで撮影したことがなかったです。

ちなみに、今回の米原21:03発 普通 大垣行きは、
ダイヤ改正後、大阪・京都方面からの直通でなくなる代わりに、
快速に格上げされて 名古屋方面へ直通するようになります。


CIMG1643
CIMG1647
【おまけ】
米原駅のコンコースでは、大きなカニやフグ、新幹線、
さらには 北陸の地形(山・海)や線路の模型を置いて 北陸新幹線をPRしていました。
やっぱり、手作りだと一際目を引きますよね。 本当に凄いです


CIMG1641
改札近くの壁には、大きなカニのオブジェや金色の扇子などが貼ってありました。
こちらは、かにカニ日帰りエクスプレスのPRです。

広告