学研都市線の貨物支線である 城東貨物線を改良し、
久宝寺~新大阪駅間で旅客営業する計画の おおさか東線
2008年に 南側の久宝寺~放出(はなてん)駅間が先行開業し、
残る北側の放出~新大阪駅間は、2019年春の開業を目指して 現在 建設工事が進められています。

今回、おおさか東線が どのように放出~新大阪間を結ぶのか、途中の駅は どこに設置されるのか、
新大阪駅や鴫野駅で どのような工事が行われるかなど、
おおさか東線 放出~新大阪駅間の延伸について、簡単にまとめてみました。

最新更新日・・・2018年7月24日
※おおさか東線 放出~新大阪駅間に設置される新駅の駅名が決定しました。
(後日 以下の地図を更新します)


広告


おおさか東線1
おおさか東線2
●放出~鴫野間は 学研都市線と並走(複々線化)。
●鴫野駅~神崎川の手前までは、城東貨物線の線路を使用。(旅客化&複線化)
神崎川の手前で 城東貨物線から分岐。 南吹田駅(仮称は西吹田駅だった)付近は高架を新設。
●JR京都線と合流する地点で JR京都線の複々線を高架で跨ぎ、
JR京都線の西側を並走する梅田貨物線に乗り入れる。東淀川駅には停車しない。
●新大阪駅では 最も西側のホーム(1・2番のりば)に乗り入れる予定。

【途中に設置される駅について】
JR野江駅城北公園通(しろきたこうえんどおり)JR淡路駅南吹田駅を設置。
●JR野江駅は京阪、JR淡路駅は阪急との乗り換え駅になる。
●城北公園通駅の仮称は 「JR都島駅」 だったが、
大阪メトロ谷町線の都島駅から北へ1.6km離れた場所に設置される。
(大阪市旭区赤川一丁目。阪神高速12号守口線 都島入口付近)
●いずれの駅も 相対式ホーム2面2線の構造で、ホーム有効長は8両。
エレベーター2基(各ホーム1基)とエスカレーター4基(各ホーム上り・下り)を設置。

【JR西日本 ニュースリリース】
おおさか東線北区間(新大阪~放出駅間)新駅の概要について
おおさか東線全線開業に向けて 新大阪-放出駅間 新駅の駅名の決定について


新大阪駅
旧17・18番のりばの東側に 新しいホームを増設し、新17・18番のりばとする。
その後、旧17・18番のりばを閉鎖し、改装工事を実施。 新15・16番のりばとして使用再開。
その後、旧15・16番のりばを閉鎖し、改装工事を実施。新13・14番のりばとして使用再開。
このように、ホームの閉鎖・改装と線路切り替えを繰り返し、各ホームを東側へ移していく。
最終的に、最も西側のホーム(旧11・12番のりば)が おおさか東線ホームになる。

新大阪駅 ホームの図(2018年度版)
※おおさか東線延伸開業後の配線図については、
別記事 「新大阪駅 おおさか東線延伸開業後の配線図を見る 」 をご覧ください。

※旧11・12番のりばは、2018年7月23日(月)から 「1・2番のりば」 として使用再開された。
京都方面へ向かう 特急 「はるか」 「くろしお」 が 1番のりばを発着する。
これに先駆けて、2018年6月24日(日)に 新大阪駅 在来線ホームの のりば番号が変更された。

(11番のりば→3番のりば、12番のりば→4番のりば、13番のりば→5番のりば、14番のりば→6番のりば、15番のりば→7番のりば、16番のりば→8番のりば、17番のりば→9番のりば、18番のりば→10番のりば)

【JR西日本 ニュースリリース】
新大阪駅 在来線のりば番号変更および休止中ホームの使用再開のお知らせ


鴫野駅
2番のりばの隣に新しいホーム(4番のりば)を増設し、学研都市線の新下りホームとする。
その後、2番のりばを閉鎖し、改装工事を実施。
単式ホームから島式ホームに改造し、2番のりばの反対側を3番のりばとする。
3番のりばは、学研都市線の新上りホームとなる。
最終的に、これまで学研都市線ホームだった1・2番のりばが おおさか東線ホームに転用される。

鴫野駅 改良工事の図(完成版)1

※4番のりばのエレベーターは、2014年3月29日から使用開始されている。
2015年3月28日までは、4番のりばと2番のりばの間に仮設の通路を設置して、
2番のりばのエレベーターとして使用されていた。
(詳しくは別記事 「鴫野駅のエレベーターが使用開始!!!(2014年4月)  」 参照)

※2017年2月4日から 2番のりばが学研都市線 上りホームとして使用開始。
2番のりばの線路の真上に仮設ホームを設置して 2番のりばを拡幅することにより、
3番のりばへの線路切り替えを待たずして、1番のりばの改装工事に取り掛かることが可能になった。

※2018年5月20日から 3番のりばが使用開始され、2番のりばは再度使用停止となった。
なお、貨物列車は 当面の間 上下共に1番のりばの線路を走行する。


鴫野~放出間
工事着手前
おおさか東線3

延伸開業後
おおさか東線4
※放出駅の西側に両渡り線が設置されるかは分からないので、上の図では省略。

3番のりばの使用開始前、城東貨物線を走る貨物列車は、
鴫野駅西側~放出駅間で 学研都市線の線路を走行していた。
城東貨物線の線路は単線で、学研都市線の上り線にしか接続していなかったため、
学研都市線の下り線から城東貨物線へ入る貨物列車は、
鴫野駅の西側で 下り線から上り線への渡り線を通り、上り線を逆走していた


3番のりばの使用開始後、貨物列車は 上下共に
1番のりば(2018年5月19日まで学研都市線の上り線だった線路)を走行するようになり、
学研都市線の電車が走る線路と 貨物列車の走る線路が分離されている。


【北梅田駅(仮称)への乗り入れ】
北梅田駅 とは・・・
梅田貨物線 新大阪~西九条間、大阪駅の北側に設置される新駅
完成すれば、特急 「はるか」 「くろしお」 が停車し、おおさか東線の電車が乗り入れる。
島式ホーム2面4線の地下駅。
開業は2023年春。放出~新大阪間開業の4年後になる予定。
新駅の設置に伴い、梅田貨物線の一部区間が大阪駅寄りにルート変更&地下化される。

【日刊建設工業新聞】
大阪市、JR西日本/東海道線支線地下化・新駅設置(北区)/15年内着工へ

【JR西日本】
「JR西日本グループ中期経営計画2017」 主な施策一覧(PDF)
※近畿エリア→「うめきた整備に伴う地下新駅」 に、「2023年春開業予定」 と記載。
北梅田駅


【衣摺加美北(きずりかみきた)駅の設置】
衣摺加美北駅 とは・・・
おおさか東線で駅間距離が最長となっている新加美~JR長瀬間(2.7km)に設置された新駅
所在地は大阪府東大阪市衣摺。
東大阪市と大阪市平野区の市境に位置しており、
所在地の「衣摺」 と 大阪市平野区の地名である 「加美北」 を合わせた駅名になった。
相対式ホーム2面2線の高架駅。
放出~新大阪間開業の1年前、2018年3月17日(土)に開業。

【JR西日本 ニュースリリース】
おおさか東線 JR長瀬~新加美駅間新駅設置について
おおさか東線 JR長瀬~新加美駅間、新駅の概要について
おおさか東線全線開業に向けて ~JR長瀬・新加美駅間新駅の駅名の決定について~

【関連記事】
JR西日本の新駅設置情報 (2017年以降)
おおさか東線未開業区間の駅名を予想してみた
おおさか東線 延伸区間の新駅の駅名がついに決定! 「南吹田」 「JR淡路」 「城北公園通」 「JR野江」

広告