おおさか東線1
おおさか東線2

学研都市線の貨物支線である 城東貨物線を改良し、久宝寺~新大阪駅間で旅客営業する計画の おおさか東線
2008年に 南側の久宝寺~放出(はなてん)駅間が先行開業し、残る北側の放出~新大阪駅間は、2019年春の開業を目指して 現在 建設工事が進められています。

この区間には 4つの新駅が設置される予定で、仮称は 新大阪側から順に 西吹田淡路都島野江となっています。

2016年9月26日、JR西日本が公式ホームページで これら 4つの新駅の概要を発表したので、このブログで取り上げておきたいと思います。


【JR西日本 ニュースリリース】
おおさか東線北区間(新大阪~放出駅間)新駅の概要について


広告


今回JR西日本が発表した 各駅の概要については、以下の通り。
(ニュースリリースから引用しています)

【駅設備の概要】
いずれも 高架下駅舎、相対式ホーム2面、8両編成に対応。
各駅に エレベーター2基(各ホーム1基)とエスカレーター4基(各ホーム上り1基、下り1基)を設置。


北区間の新駅は 全て相対式ホーム2面となりました。
南区間(久宝寺~放出間)の開業時に設置された新駅が 新加美駅を除いて 島式ホーム1面だったのとは対照的です。

続いて、各駅のイメージパースと所在地、隣の駅との距離、デザインコンセプトについて見ていきます。


西吹田駅(仮称:JR西日本公式ホームページより)
【西吹田(仮称)】

所在地は、大阪府吹田市南吹田(新大阪←約2.0km→西吹田←約1.3km→淡路)
デザインコンセプトは、「神崎川と水路の風景」。
新駅周辺は、神崎川の水資源を生かした水田、くわいの栽培地であった地域の歴史・風土のあるまちであることから、神崎川・水路の風景を表現。


淡路駅(仮称:JR西日本公式ホームページより)
【淡路(仮称)】
所在地は、大阪府大阪市東淀川区菅原(西吹田←約1.3km→淡路←約2.1km→都島)
阪急の淡路駅との乗り換え駅。

デザインコンセプトは 「菅原道真と淡路
淡路の地名は、平安時代、菅原道真が中州(中島)であったこの地を、淡路島と間違えて上陸したことに由来すると伝えられていることから、当時の川の流れと地形などを表現。


都島駅(仮称:JR西日本公式ホームページより)
【都島(仮称)】
所在地は、大阪府大阪市旭区赤川(淡路←約2.1km→都島←約2.2km→野江)
※ 「都島」という仮称だが、地下鉄谷町線の都島駅から大きく離れた場所に設置される。
(都島区ではなく旭区)


デザインコンセプトは、「淀川の渡し舟
新駅の位置する城北地域を含む旧淀川には多くの渡し場があり、水運とともに歩んできたことから、渡し舟が水面に浮いている様を表現。


野江駅(仮称:JR西日本公式ホームページより)
【野江(仮称)】
所在地は、大阪府大阪市城東区野江(都島←約2.2km→野江←約1.8km→鴫野)
京阪野江駅との乗り換え駅で、地下鉄谷町線の野江内代駅も近い。

デザインコンセプトは、「榎並猿楽(えなみさるがく)」
鎌倉時代に能のルーツのひとつとなる榎並猿楽が、この地より発祥したことにちなみ、猿楽の衣装と能の舞台を引用し表現。


【駅舎の基本コンセプト】
<全体コンセプト>
・既成市街地の活性化を促すと同時に 地域の財産となる駅
・国土軸である新大阪へ連絡する、新たなネットワークの玄関口となる駅

<北区間デザインコンセプト>
・地域が刻んできた歴史と、暮らす人々のつながりを感じる駅
 【キーワード:水都・水運の歴史、水辺の自然の豊かさ、人のつながり】



おおさか東線 北区間の新駅のイメージパース、待ってました!
新駅が完成したら こんな感じになるのかと思うと、わくわくしますね!


ついでに、おおさか東線 新加美~JR長瀬駅間に設置される新駅(2018年春開業)の概要も紹介しておきます。

駅設備の概要は 上の4駅と同じです。
※高架下駅舎、相対式ホーム2面、8両編成対応、各駅に エレベーター2基(各ホーム1基)とエスカレーター4基(各ホーム上り1基・下り1基)を設置。

先月(2016年8月)に発表されたものですが、イメージパースやコンセプトなどを、上の4駅と比較していただければと思います。

【JR西日本ニュースリリース】
おおさか東線 JR長瀬~新加美駅間、新駅の概要について


衣摺駅(仮称:JR西日本公式ホームページより)
【衣摺(きずり:仮称)】
所在地は、大阪府東大阪市衣摺5丁目(JR長瀬←約1.4km→衣摺←約1.4km→新加美)

デザインコンセプトは、「モノづくりが紡ぐ歴史とまち
地元の人に親しまれるよう、モノづくりが盛んな地域の特性を取り入れたデザインとしている。

古代の染め型を使った染色技法を 現代の材料で表現しており、駅入口の壁面に設けた金属パネルは布、ルーバーは染め型をイメージしている。
また、昼光利用の観点で 積極的に自然光を取り入れ、駅を明るく開放的な空間としている。


西吹田・淡路・都島・野江・衣摺 という名前は 「仮称」 であり、新駅の駅名が正式に決まったわけではありません。
正式に決まるのは 新駅が開業する半年ほど前になることが多く、JR東西線の仮称:桜橋駅が 北新地駅として開業したように仮称と全然違う駅名になることも少なくないのです。

北区間の新駅の場合は おそらく2018年の7月頃、仮称:衣摺駅は2017年7月頃に駅名が発表されるのではないかと思います。


個人的に、「都島」 という仮称は止めてほしかったですね。
この名前では、誰だって 地下鉄谷町線との乗り換え駅だと思い込んでしまうでしょう。
「北都島」 とか 所在地の 「赤川」 にするべきだったと思います。

遠い未来のように感じられた おおさか東線の延伸開業ですが、気づけばあと2年半を切っていました。
自分が おおさか東線のことを知ってから5年以上経ったのかと思うと、2年半という時間がとても短く感じられますね。
今回の新駅の概要発表で、延伸開業がだいぶ近づいてきたんだという実感がわいてきました。

※2018年11月16日追記※
仮称:西吹田駅→南吹田駅
仮称:淡路駅→JR淡路駅
仮称:都島駅→城北公園通(しろきたこうえんどおり)駅
仮称:野江駅→JR野江駅
仮称:衣摺駅→衣摺加美北(きずりかみきた)駅



【関連記事】
おおさか東線 放出~新大阪駅間の延伸について 【まとめ】
おおさか東線 延伸区間の新駅の駅名がついに決定! 「南吹田」 「JR淡路」 「城北公園通」 「JR野江」
おおさか東線 延伸開業後の運行体系が決定!新大阪~奈良駅間で 「直通快速」 を1日4往復運転!

広告