草津駅・南草津駅  年度別1日平均乗車人員
草津駅・南草津駅 1日平均乗車人員の推移(グラフ)
2016年現在、琵琶湖線で最も新しいJRの駅である 南草津駅 は、
1994年9月の開業以来、利用客が急速に増え続けています。
2011年春のダイヤ改正で 新快速が停車するようになると、利用客の増加に拍車がかかり、
2014年には 長年1位だった草津駅を上回って、滋賀県内で最も利用客数の多い駅となりました。
(過去記事 「南草津駅の利用客数が滋賀県内で最多に!長年1位の草津駅をついに上回る!」 を参照)

しかし、昨年(2015年)春、南草津駅が最寄駅である
立命館大学 びわこ・くさつキャンパス(BKC)の経営学部と大学院経営学研究科が、
大阪府茨木市に開設された 「大阪いばらきキャンパス」 に移転し、学生ら約3700人が流出。
BKCの電車通学者が大幅に減って、
南草津駅の利用客数に大きなダメージを与えることが懸念されました。
開業以来 初めて減少に転じるだけでなく、
減り具合によっては、草津駅に首位の座を明け渡すかもしれません。
(過去記事 「南草津駅の利用客数、2015年は一転して減少?立命館大学の学部移転で暗雲」 を参照)

昨年の南草津駅の利用客数がどうなったのか 気になっていましたが、
2016年9月28日、JR西日本が公式ホームページに 「データで見るJR西日本2016 」 を掲載。
その中の 「P.86-91 駅(PDF形式 1,635KB)」 に
南草津駅と草津駅の2015年度の1日平均乗車人員が記載されていたので、このブログで紹介したいと思います。


2014年度の1日平均乗車人員は、
南草津駅・・・28,006人
草津駅・・・・・27,966人
となっていました。
それでは、2015年度はどうなったかというと・・・


広告












南草津駅・・・29,128人
草津駅・・・・・28,629人


えええぇぇぇぇぇぇ~!!!!!Σ(゚д゚;)
南草津駅、増えてる!!!

なんと、BKCの学部移転があったにも関わらず、
2014年度に比べ 1000人以上増加し、県内首位の座を譲りませんでした
BKCの電車通学者が思ったよりも減らなかったのか、
BKC以外の利用者増加が BKCの電車通学者減少を圧倒的に上回ったのか・・・
増えたとしても微増に留まると思っていただけに、前年以上の大幅な増加という今回の結果は衝撃的でした

2位の草津駅の1日平均乗車人員も増加しており、
2014年度の南草津駅(28,006人)を上回っていますが、南草津駅との差は広がっています。
今後、草津駅を さらに引き離していくでしょう。
2万9000人台に到達し、滋賀県で初(?)となる 3万人突破も現実味を帯びてきました。
このままのペースでいけば、今年度にも達成するかもしれませんね。

南草津駅の1日平均乗車人員を、今後も注目していきたいと思います。

広告