自分は2014年3月以来、広島駅を訪れるたびに
在来線ホームや跨線橋に設置されている電光掲示板の表示を撮影し、

このブログの過去記事 「広島駅 在来線ホームの電光掲示板(発車標) 」 や
広島駅 新・跨線橋の電光掲示板(発車標) 」 などで紹介してきました。
しかし、日帰りでしか行ったことがなかったので、
朝10時から夜7時45分までに見られる表示しか撮れていなかったんですよね

そこで、先月(2017年1月)、初めて広島で1泊し、
日中~夕方には見られない表示をたくさん撮影してきました。


先日は、 「竹原行き 」 や 「岩国連絡 柳井 」 といった
夜にしか見られない表示を紹介しましたが、
今回は、朝にしか見られない表示を紹介していきたいと思います。

この日は 朝4時半に起き、5時10分頃に広島駅南口へ行きましたが、
営業開始時間が5時20分だったので、シャッターが上がるまで 駅前で待つことに。
(岡山駅よりも営業開始時間が遅くて驚きました

シャッターが上がり、改札を通って 電光掲示板を見てみると・・・










CIMG9413
CIMG9415
おおお~!!!Σ(・ω・ノ)ノ

平日の早朝にしか見られない 芸備線の始発列車
備後庄原・府中行」 の表示が出ていました
この列車は 備後庄原行きと府中行きを連結したもので、途中の三次駅から分かれて運転されます。
府中行きは、塩町(しおまち)駅から 福塩(ふくえん)線に入ります。(てっきり、「えんまち」 駅だと思ってました

三次駅から先へ直通する列車は少なく、広島発の府中行きは1日に2本(始発列車と14時台の列車)、
広島発の備後庄原行きは 1日に1本しか設定されていません。



CIMG9420
ふと、山陽線の発車案内に目をやると・・・西条連絡白市!!!
この電車が 終点の西条駅で 白市行きに連絡することを示す表示で、
西条連絡」 という表示が出るのは この6:08発の西条行き(平日運転)だけです。
(詳しくは後述)


CIMG9438
CIMG9440
CIMG9435
CIMG9436
跨線橋へ行き、備後庄原・府中行きの表示を撮影。
列車名・編成欄には、両数表示と 「ワンマン」 「Conductorless Train」 表示が交互に出ます。



CIMG9496
CIMG9488
CIMG9504
CIMG9492
9番のりばへ行き、電光掲示板の表示を撮影。
先月書いた記事 「
広島駅 在来線ホームに新しい電光掲示板が登場!!!(2017年1月) 
で紹介した 新しい電光掲示板です。



CIMG9491
CIMG9493
新しい電光掲示板になっても、上の段と下の段とで
日本語表示と英語表示の切り替わるタイミングはバラバラです。



CIMG9473
9番のりばに停車中の普通 「備後庄原・府中行き」 (キハ120形)を撮影。
芸備線 広島~三次間を走る列車のほとんどはキハ40・47形で運転されますが、
1日2往復(三次方面の列車は 福塩線直通の2本) キハ120形で運転されます。

「備後庄原・府中行き」 ですが、前の車両が府中行きで 後ろの車両が備後庄原行きとなっています。



CIMG9500
府中行きの方向幕を拡大して撮影。


CIMG9481
今度は、後ろから撮影。 備後庄原行きの車両です。


CIMG9485
備後庄原行きの方向幕も撮影。


CIMG9535
CIMG9518
CIMG9519
先ほど紹介した 「西条連絡白市」 表示です。

5時52分発の糸崎行き 始発列車(8両編成)は、
平日ダイヤだと、途中の西条駅で後ろ4両を切り離し、前4両だけが糸崎駅まで行きます。
そして、切り離された後ろ4両が 次に来る西条止まりの電車の到着を待って発車し、
白市駅まで運転されるのです。

これって 変だと思いませんか
6時8分発の西条行きが終点で連絡するのは、前を走っていた白市行きだなんて・・・
西条行きではなく白市行きとして運転すれば、
西高屋駅・白市駅への利用客が 西条駅で乗り換えなくて済むのに・・・


糸崎・白市行き&西条連絡白市の図

糸崎行きの始発列車、その次の西条行き、この2本の折り返し列車、
これらの発着時刻を 簡単に図にしてみました。
切り離された後ろ4両は、終点の白市駅に到着後、

快速 通勤ライナー
可部行き
として 広島方面へ折り返します。
一方、広島6時8分発の西条行きは 終点の西条駅に到着後、折り返し 普通 広島行きとなります。
もし、西条駅での切り離し作業をなくし、西条行きを白市行きに延長すれば、
西条7時17分発の電車を設定できなくなりますね。

ただ、広島6時8分発の次が6時36分発と 30分近く運行間隔が開いているので、
個人的に、始発の糸崎行きを8両編成ではなく 4両編成で運転し、
次の西条行きも白市行きに変更した上で 4両編成で運転、
その後に 新たに西条行きの電車(8両編成)を増発したら良いのに・・・と思いました。


前述の通り、平日の始発列車は 糸崎行きの後ろに白市行きを連結しており、
JRおでかけネットの時刻表には 「糸崎・白市行き」 と書かれています。
そのため 自分は電光掲示板に

糸崎・白市」 「Itozaki・Shiraichi」 表示が出るのを期待していたのですが、
表示は いつもの糸崎行きと同じでした。



CIMG9541
CIMG9542
CIMG9544
始発の糸崎行きが発車すると、下の段に 「和気行き」 の発車案内が表示されました。
岡山・福山地区ではメジャーな行き先ですが、広島地区では1日に1本しか設定されていません。
広島駅を発車する 岡山方面行きの普通電車の中で、最も遠い行き先です。



CIMG9583
CIMG9582
続いては、呉線の発車案内。 呉線経由 糸崎行き坂行き の表示です。


CIMG9609
CIMG9610
糸崎行きが発車すると、下の段に 三原行きの発車案内が表示されました。
呉線経由の三原行きは 朝に1本、夜に1本の計2本しか設定されていません。
しかも 糸崎行きと異なり、広島駅を発車する 山陽線 西条駅経由の三原行きは存在しないので、
この駅では 「三原行き」 自体が意外とレアなのです。



CIMG9650
CIMG9649
7番のりばへ行き、新しい電光掲示板の表示を撮影。


CIMG9575
CIMG9577
CIMG9559
次は、山陽線下り 岩国方面行きの発車案内です。
五日市行き岩国行き(終点の岩国駅で下関行きに連絡)・南岩国行きが揃ったところを撮影。
五日市行きが発車すると、一番下の段に出てきたのは・・・












CIMG9625
CIMG9614
CIMG9615
由宇(ゆう)行き!!!
由宇駅は 岩国駅の4駅先の駅。
1日に1本しか設定されていないレアな行き先です。(平日のみ運転)
南岩国駅から徳山方面へ向かう電車のうち、徳山駅まで行かないものは、
最終列車の柳井行きと この由宇行きの2本だけとなっています。

英語表示は 「」 。 アルファベット2文字の行き先って、珍しくないですか
「Y」 の文字がカクカクしていて特徴的です。



CIMG9663
CIMG9658
その隣の可部線の発車案内に目をやると、 「梅林行き」 の表示が
可部線は 大半が可部行きで、夕方や平日の朝に 緑井行きが運転されますが、
梅林行きは 1日に2本、朝の時間帯にしか運転されません。

2017年3月4日に 可部線の可部~あき亀山間が延伸開業すると、
可部行きの電車は 「あき亀山行き」 に置き換えられるため、
この 可部行きと梅林行きが揃ったところは、おそらく今回が見納めになるでしょう。



CIMG9791
最後に紹介するのは、「三原連絡和気」 表示。
過去記事 で 「糸崎連絡 和気」 表示を紹介していましたが、
「三原連絡」 バージョンもあるんですね

次は、新白島駅で朝の時間帯に見られる表示を紹介します。
新白島駅 ホームの電光掲示板(発車標) 【朝の時間帯に見られる表示】


【関連記事】
広島駅 在来線ホームの電光掲示板(発車標)
広島駅 在来線ホームに新しい電光掲示板が登場!!!(2017年1月)
広島駅 旧・跨線橋の電光掲示板(発車標)
広島駅 新・跨線橋の電光掲示板(発車標)
広島駅で 「カープ応援ラッピングトレイン」 を撮る(2015年12月)
広島駅で臨時列車 「赤ヘル号」 を撮る
広島駅で 「糸崎連絡 備前片上」 の表示を撮る
【復活】 広島駅で快速 「シティライナー」 を撮る(2016年4月)
JR西日本 広島エリア 記事一覧へ
電光掲示板(発車標) 記事一覧へ

広告