今年(2017年)3月、可部~あき亀山間が延伸開業して話題になった可部線
これまでこのブログでは、広島地区の山陽線・呉線の電光掲示板を紹介してきましたが、
可部駅以外の可部線の駅で一度も降りたことがなく、
可部駅も 2014年9月に訪れて以来、一度も行っていなかったので、
今年4月、安芸長束・下祗園・古市橋・大町・緑井・梅林・可部・あき亀山の8駅を訪れ、
電光掲示板が設置されているかどうか確認してきました。

先月(2017年6月)、5回に分けて紹介しましたが、5つの記事全てを見るのは大変なので、
短時間でささっと見られるよう、1つの記事にまとめてみました。

【可部線 改札口・電光掲示板の記事】
【可部線】 安芸長束駅・下祗園駅 改札口の電光掲示板(発車標)
【可部線】 大町駅・緑井駅 改札口の電光掲示板(発車標)
【可部線】 梅林駅・古市橋駅 改札口の様子(2017年4月)
【可部線 延伸開業】 新たな終着駅 「あき亀山駅」 を訪れる(ホーム・駅舎と駅前の様子)
【可部線】 可部駅 改札口の電光掲示板(発車標)&駅構内の新旧比較


CIMG5664
CIMG5670
CIMG5668
安芸長束駅
横川駅の2駅隣の駅です。
改札口の奥に 小型の黒い電光掲示板が設置されていました
可部線を走る電車が全て普通電車であるためか、
電光掲示板に種別欄がなく、発車時刻と行き先、両数、のりば番号が表示されています。
行き先欄には遅れ表示も出るようですが、今回は未確認です。

この駅の自動改札機は、開閉バーのない簡易型となっています。


CIMG6053
CIMG6054
夜、改めて安芸長束駅を訪れ、糸崎行きの表示を撮影。
可部線では、今年3月のダイヤ改正で、
 「呉線経由 糸崎行き」 「呉線経由 三原行き」 の運転がなくなり、
代わって 夜の時間帯に 山陽線 西条経由の糸崎行きが設定されました。
(呉線経由 糸崎行き・三原行きの表示、見たかったなぁ・・・


CIMG6381
CIMG6382
翌日の朝、またまた安芸長束駅を訪れ、梅林行きの表示を撮影しました。
1日に2本、朝の時間帯に運転されている レアな行き先です。


BlogPaint
CIMG5704
CIMG5703
下祗園駅
可部線の単独駅で最も利用客の多い駅です。
そのためか、安芸長束駅と違って 改札口に一般型の自動改札機が設置されています。

この駅にも、改札口の真上に 小型の電光掲示板が設置されていました。

広島方面の電光掲示板は 常に日本語表示と英語表示が切り替わるのに、
あき亀山方面の電光掲示板は、なかなか英語表示に切り替わりません。
17時10分発の広島行きの発車案内が表示されている間、
あき亀山方面の電光掲示板には 英語表示が一度も出ず、
17時16分発の あき亀山行きの発車時刻の5分ほど前になって ようやく英語表示が出ました。


CIMG5813
古市橋駅
この駅は、改札口に電光掲示板が設置されていませんでした。


CIMG5745
CIMG5751
大町駅
アストラムラインとの乗り換え駅です。
この駅も 小型の黒い電光掲示板が設置されていますが、
安芸長束駅や下祗園駅と違って のりば番号の表示がなく、矢印が表示されているのが特徴的です。
この駅では、ホームが改札口に隣接していることに加え、
1つののりばに 可部方面行きと広島方面行きの両方が発着しており、
電光掲示板に それぞれの進行方向を矢印で表示することで、
誤乗を防ぐ狙いがあるのかなと思います。


CIMG5770
CIMG5777
CIMG5775
緑井駅
朝晩に折り返し列車が設定されている駅で、
特に 夕方の時間帯は 下り列車の半数が緑井止まりとなります。

この駅の電光掲示板は、安芸長束駅や下祗園駅と同じタイプです。

広島方面行きの電車は 基本的に2番のりばから発車しますが、
この駅で広島方面へ折り返す電車は、可部方面行きのりばである1番のりばから発車します。


CIMG5790
梅林駅
1日に2本、朝の時間帯に設定されている 「梅林行き」 の終点ですが、
改札口に電光掲示板が設置されていません。

簡易型の自動改札機は、安芸長束駅や緑井駅では2台設置されていましたが、
ここでは1台だけとなっています。


CIMG5792
CIMG5806
改札口の上部には、このような接近表示器が設置されていました。 電車が接近すると点灯します。


CIMG6526
CIMG6614
CIMG6615
可部駅
かつての 可部線の電化区間と非電化区間の境界駅で、
非電化区間の廃止後、13年にわたって 可部線の終着駅となっていましたが、
可部~あき亀山間の延伸開業で 再び途中駅となりました。
これに伴い、1番のりば(旧3番のりば)の隣に  あき亀山方面行きホーム(新2番のりば)が新設され、
頭端式ホームの旧1・2番のりばが廃止されています。

2014年9月に初めて訪れた時は、改札口に電光掲示板が設置されていませんでしたが、
今年(2017年)4月に再び訪れると、
改札口に 安芸長束駅や下祗園駅、緑井駅と同じタイプの電光掲示板が設置されていました。

この駅は、広島方面行きホームと あき亀山方面行きホームとで
それぞれ改札口が独立しており、改札内でつながっていません。(天神川駅や新白島駅と同様)
そのため、この 「東口改札」 には 広島方面の電光掲示板のみ設置されています。


CIMG6529
CIMG6566
CIMG6565
西口改札に設置されている あき亀山方面の電光掲示板です。


CIMG6458
あき亀山駅
今年(2017年)3月に開業した 可部線の新たな終着駅ですが、無人駅となっています。
改札口に電光掲示板は設置されていませんでした。


ちなみに、今回訪れた可部線の駅で、ホームに電光掲示板が設置されている駅は皆無でした。
可部線の小型の電光掲示板に表示される文字の色やフォントは、どの駅も同じです。


【関連記事】
【可部線 延伸開業】 広島駅で 「あき亀山行き」 を撮る(発車標&227系)
【消えゆく行き先】 可部線 「可部行き」 の表示を集めてみた(発車標&227系)
新白島駅 電光掲示板の表示に変化が!乗車位置表示登場!両数表示は廃止(2017年4月)

広告