今年(2017年)3月、可部~あき亀山間が延伸開業して話題になった可部線
これまでこのブログでは、広島地区の山陽線・呉線の電光掲示板を紹介してきましたが、
可部駅以外の可部線の駅で一度も降りたことがなく、
可部駅も 2014年9月に訪れて以来、一度も行っていなかったので、
今年4月、可部線の利用客の多い駅を訪れ、
電光掲示板が設置されているかどうか確認してきました。

まず自分が訪れたのは、横川駅から2駅進んだ 安芸長束駅です。


CIMG5655-1
ホームに降り立ち、電車の方向幕を撮影。 白色の 「あき亀山」 幕です。


CIMG5660
安芸長束駅の駅名標は、新しくて薄っぺらいLED発光型でした。
関西で見かけるものよりも大きいですね
広島駅のホームに設置されているものと同じタイプでしょうか



CIMG5658
ひらがな駅名標も新しいです。

ホームには電光掲示板が設置されていませんでしたが、改札口へ行ってみると・・・












CIMG5664
CIMG5670
おおお~!!!Σ(・ω・ノ)ノ
なんと、改札口の奥に 小型の黒い電光掲示板が設置されているではありませんか
可部線を走る電車が全て普通電車であるためか、
電光掲示板に種別欄がなく、発車時刻と行き先、両数、のりば番号が表示されていました。
行き先欄には遅れ表示も出るようですが、今回は未確認です。

この駅の自動改札機は、開閉バーのない簡易型となっています。


CIMG5668
英語表示はこんな感じ。 広島駅と同じですね。


CIMG5673
この駅の自動券売機も撮ってみました。
少し古いタイプでしょうか お札は千円札しか使えません。


CIMG5681
安芸長束駅の駅舎を撮影。
平屋建ての小さい駅舎ですが、建物が十二角形になっているのが特徴的です。


CIMG5690
ホームに停車中の緑井行きを撮影。 新型車両の227系です。
この電車に乗って、隣の下祗園駅へ向かいました。

安芸長束駅の可部方面行きホームは、2015年11月28日に使用開始された新しいホームです。
それまでは、写真左側にある広島方面行きホームが島式ホームとなっていました。


BlogPaint
CIMG5704
CIMG5703
下祗園駅は、可部線の単独駅で最も利用客の多い駅です。
そのためか、安芸長束駅と違って 改札口に一般型の自動改札機が設置されています。

この駅にも、改札口の真上に 小型の電光掲示板が設置されていました。
(ホームには設置されていません)

安芸長束駅も下祗園駅も、
広島方面の電光掲示板は 常に日本語表示と英語表示が切り替わるのに、
可部方面の電光掲示板は、なかなか英語表示に切り替わらないんですよね
17時10分発の広島行きの発車案内が表示されている間、
可部方面の電光掲示板には 英語表示が一度も出ませんでした。


CIMG5722
CIMG5717
17時10分発の広島行きが発車し、17時16分発の あき亀山行きの発車時刻が近づくと、
ようやく英語表示が出ました。

この後、あき亀山行きに乗って 大町駅へ向かいました。


CIMG6053
CIMG6054
夜、改めて安芸長束駅を訪れ、糸崎行きの表示を撮影。
可部線では、今年3月のダイヤ改正で、
 「呉線経由 糸崎行き」 「呉線経由 三原行き」 の運転がなくなり、
代わって 夜の時間帯に 山陽線 西条経由の糸崎行きが設定されました。
(呉線経由 糸崎行き・三原行きの表示、見たかったなぁ・・・


CIMG6381
CIMG6382
翌日の朝、またまた安芸長束駅を訪れ、梅林行きの表示を撮影しました。
1日に2本、朝の時間帯に運転されている レアな行き先です。

次の記事では、大町駅・緑井駅の電光掲示板を紹介します。
【可部線】 大町駅・緑井駅 改札口の電光掲示板(発車標)


【関連記事】
【可部線 延伸開業】 広島駅で 「あき亀山行き」 を撮る(発車標&227系)

広告