可部線の駅に設置されている電光掲示板の記事、第2弾

今回は、アストラムラインとの乗り換え駅である 大町駅 と、
朝晩に折り返し列車が多数設定されている 緑井駅 です。


【前回の記事】
【可部線】 安芸長束駅・下祗園駅 改札口の電光掲示板(発車標)


CIMG5729
大町駅のホームに降り立ち、まずは 電車の行き先表示を撮影。
3色LEDの 「あき亀山行き」 表示です。

その後、改札口を通って 振り返ると・・・










CIMG5732
小型の黒い電光掲示板が設置されていました
安芸長束駅や下祗園駅と違って のりば番号の表示がなく、矢印が表示されているのが特徴的です。
この駅では、ホームが改札口に隣接していることに加え、
1つののりばに 可部方面行きと広島方面行きの両方が発着しており、
電光掲示板に それぞれの進行方向を矢印で表示することで、
誤乗を防ぐ狙いがあるのかなと思います。



CIMG5745
7時29分発の広島行きが発車して ホームに人がいなくなったところで、改札口を撮影。


CIMG5754
CIMG5755
この駅も、安芸長束駅や下祗園駅と同様、
可部方面の電光掲示板が なかなか英語表示に切り替わらず、
緑井行きが発車する3分前になって ようやく英語表示が出ました。



CIMG5733
ついでに、自動券売機の上に掲示されている運賃表を撮影。
新しいラインカラー・路線記号と
3月に開業した3つの新駅(河戸帆待川駅・あき亀山駅・寺家駅)が反映されています。

その後、緑井行きの電車に乗って、終点の緑井駅へ向かいました。


CIMG5768
CIMG5767
緑井駅の改札口にある電光掲示板がこちら。
安芸長束駅や下祗園駅に設置されているものと同じタイプです。

広島方面行きの電車は 基本的に2番のりばから発車しますが、
この駅で広島方面へ折り返す電車は、可部方面行きのりばである1番のりばから発車します。


CIMG5770
広島方面へ折り返す電車が発車し、人通りがなくなったところで、改札口を撮影。
自動改札機は簡易型のものが2つ設置されていました。


CIMG5780
先ほどの写真の奥に写っていましたが、改札口を通ってすぐのところに構内踏切があります。


CIMG5782
ホームに停車した227系の あき亀山行き表示を撮影。
その後、梅林駅へ向かいました。



CIMG6391
翌日、安芸長束駅で梅林行きの表示を撮った後、
梅林行きの227系に乗って 再び緑井駅へ行きました。



CIMG6388
車両側面の表示は こんな感じ。


CIMG6395
改札を出て、緑井駅の駅舎を撮影。
その後、可部線の新たな終着駅である あき亀山駅へ向かいました。


次の記事では、梅林駅と古市橋駅を紹介します。
【可部線】 梅林駅・古市橋駅 改札口の様子(2017年4月)

広告