JR西日本管内では、来年(2018年)春に 2つの新駅が開業する予定です。
このうち、JR京都線 摂津富田~茨木駅間に設置される新駅の駅名が
昨日(2017年8月8日) 正式に決定したと発表されたので、このブログでさっそく取り上げたいと思います。


広告


【JR西日本 ニュースリリース】
JR京都線、摂津富田~茨木駅間新駅の駅名決定について

JR西日本によると、新駅の駅名は JR総持寺(じぇいあーるそうじじ)
昨年開業した東姫路駅(JR神戸線)と同様、仮称が正式名称に採用された形です。
決定理由は、
新駅周辺の地名である 「総持寺」 は、西国三十三所第22番札所としても知名度があり、
場所がイメージしやすく、分かりやすい名称であるため

近隣にある 阪急総持寺駅 と区別するために 「JR」 を付与した とのこと。

JR西日本管内には、大和路線のJR難波駅をはじめ、
JR藤森駅・JR小倉駅(いずれもJR奈良線)、JR三山木駅(学研都市線)、JR五位堂駅(和歌山線)、
JR河内永和駅・JR俊徳道駅・JR長瀬駅(いずれも おおさか東線)といったように、
「JR」 を冠した駅が多く存在していますが、
新快速が走る 「本線」 (琵琶湖線・JR京都線・JR神戸線)に このような駅が設置されるのは、今回が初めてです。

JR総持寺駅は、摂津富田駅から約1.7km、茨木駅から約2.0kmの地点に設置されます。
7両編成の普通電車のみ停車するためか、
上り内側線と下り内側線の間に 8両対応の島式ホーム1面が設置され、
新快速(最大12両)や特急が走行する外側線にはホームが設置されません。
(JR京都線の桂川駅や島本駅、JR神戸線の さくら夙川駅、甲南山手駅、摩耶駅と同様の構造)

また、この駅には二重引戸式の可動式ホーム柵(ホームドア)が設置されます。
可動式ホーム柵は JR東西線の北新地駅・大阪天満宮駅・京橋駅や大阪駅の6・7番のりばに設置されていますが、
「二重引戸式」 のものが設置されるのも、
駅の開業当初からホームドアが設置されるのも、JR西日本管内で初めてです。


JR総持寺駅
※画像はJR西日本の公式ホームページより引用


今回の新駅ですが、茨木市が今年1~2月に駅名案を公募し、1213件の応募がありました。
その結果が3月末に発表されていたので、ついでに取り上げたいと思います。

【茨木市の公式ホームページ】
摂津富田・茨木駅間の駅名案募集結果について (PDF)

1位・・・安威川(あいがわ)(60件)
2位・・・JR総持寺(54件)
3位・・・東茨木(43件)
4位・・・摂津三島(36件)
5位・・・摂津総持寺(33件)
6位・・・新茨木(25件)
6位・・・三島(25件)
8位・・・北茨木(23件)
8位・・・西河原(23件)
10位・・・総持寺口(22件)


1位の 「安威川」 は、茨木市を流れる唯一の大きな川だそうですが、
読みが 阪急京都線の 「相川(あいかわ)」駅と似ていて 紛らわしいのが難点かなと思いました。
「JR総持寺」 以外で自分が予想していたのは、「摂津三島」 と 「北茨木」 でしたが
阪急総持寺駅の近くに設置される駅なので、やはり 「JR総持寺」 が一番しっくりきますね。
「西河原」 は駅周辺の地名ですが、個人的には 岡山の 「西川原駅」(西川原・就実駅)を連想してしまいます。


以上、JR総持寺駅の駅名決定について書きました。
来年春には、おおさか東線 JR長瀬~新加美駅間 に設置される新駅も開業します。
そちらの駅名も近々発表されるでしょう。
仮称は 衣摺(きずり)駅ですが、これが正式名称となるのか、それとも全然違う駅名になるのか・・・
非常に気になるところです。

※2017年9月28日追記※
おおさか東線の新駅の駅名が 「衣摺加美北(きずりかみきた)」 に決まりました。
詳しくは、別記事 「おおさか東線 JR長瀬~新加美駅間の新駅の駅名が 「衣摺加美北」 に決定!」 をご覧ください。


広告