2012年から大規模な改良工事が続く 新大阪駅の在来線ホーム。
旧17・18番のりば(現在の新15・16番のりば)の東側に 新しいホーム(新17・18番のりば)を増設し、
その後 ホームの改装・線路の配線変更を繰り返して 順番にホームをずらしていきます。
2016年2月1日、旧13・14番のりばを改装した新11・12番のりばが使用開始されました。
それに伴い 旧11・12番のりばは閉鎖され、現在 改装工事が行われています。
このホームは、2019年春に延伸開業する おおさか東線のホームになる予定です。

前回の撮影から、8ヶ月以上経ちました。
今回は、2017年8月8日に撮った写真を紹介します。

【前回の撮影時】
新大阪駅 旧11・12番のりば改装工事(2016年12月25日)


CIMG2156
CIMG2149
CIMG2150
CIMG2147
ホームの京都側から見ていきましょう。
鉄骨だけになっていたホーム屋根は、全て撤去されています。
また、ホームの土台が新しくなりました。


CIMG0567
CIMG2140
昨年11月に撮った写真との比較。
分かりにくいですが、ホームが短くなっています。
嵩上げされていなかった かつてのホーム北端部分がなくなりました。
前回の撮影時にはなかった 仮設の細い架線柱にも注目です。


CIMG2141
CIMG2142
旧12番のりばの途切れた線路の先には、新しい分岐器が置かれていました。


CIMG2144
今度は駅舎方向を撮影。


CIMG2151
CIMG2152
駅舎の真下には、土のう(?)がたくさん置かれています。


CIMG2158
旧12番のりばの駅名標が裏向きにされています。


CIMG2153
ホームの床が 端から1mほど削られています。 これは 大阪側まで続いていました。


CIMG2162
京都側の階段です。 階段の側面や天井が美装化されています。
階段上部の茶色い壁も見えますね。


CIMG2169
階段の裏側には、駅員室と思われる部屋が出来ました。


CIMG2166
CIMG2179
ホーム中程の様子です。 この辺りも、天井が美装化されました。


BlogPaint
CIMG2173
エレベーターや待合室を撮影。 特に変わった様子は見られません。


CIMG2176
CIMG2183
大阪側の階段も 側面が美装化され、裏側に部屋らしきものが出来ました。


CIMG2188
CIMG2193
大阪側の階段です。 新しい欄干とエスカレーターが設置されました。
この辺りも、天井が美装化されています。


CIMG2184
CIMG2186
CIMG2195
CIMG2197
ホームの大阪側の様子です。 この辺りも、ホームの床が削られています。


CIMG2194
CIMG2199
CIMG2208
ホームが解体されて跡形もなくなった場所を撮影。


CIMG2203
関係者以外立ち入り禁止だった階段は、特に変化なし。


CIMG2205
その先にあった エレベーター跡地も撮影。


CIMG2207
最後に、駅舎方向を撮影。


BlogPaint
旧11・12番のりばの撮影中、和歌山方面から特急くろしおが到着しました。
こちらは 283系(オーシャンアロー車両)です。

以上、新大阪駅 旧11・12番のりばの様子を紹介しました。
次回は11月~12月頃に撮影したいと思います。


広告