新大阪駅 ホームの図(完成版)

2012年から大規模な改良工事が続く 新大阪駅の在来線ホーム。
旧17・18番のりば(現在の新15・16番のりば)の東側に 新しいホーム(新17・18番のりば)を増設し、
その後 ホームの改装・線路の配線変更を繰り返して 順番にホームをずらしていきます。
2016年2月1日、旧13・14番のりばを改装した新11・12番のりばが使用開始されました。
それに伴い 旧11・12番のりばは閉鎖され、現在 改装工事が行われています。

このホームは、2019年春に延伸開業する おおさか東線のホームになる予定ですが、
のりば番号がどうなるのか、以前からずっと気になっていたんですよね
これまでと同じ付け方なら 9・10番のりば になるのですが、
のりば番号が9番から始まるのは 何だか変な感じがするので、
西側から 1番のりば、2番のりば、3番のりば・・・の順に振り直すのではないかと予想していました。


CIMG2048
CIMG2065
CIMG2073
CIMG2080
先日(2018年2月11日)、新大阪駅を訪れたところ、
改装工事中の旧11・12番のりばに のりば番号が書かれた看板が設置されており、
旧11番のりばが 「1番のりば」、旧12番のりばが 「2番のりば」 になることが分かりました。

他のホームの のりば番号が変更されるのは、もう間違いないでしょう。
(むしろ、変更されなかったら驚きです

変更された場合、のりば番号は以下のようになります。

11番のりば(特急はるか・くろしお) → 3番のりば

12番のりば(特急サンダーバードなど) → 4番のりば

13番のりば(京都方面の新快速・快速) → 5番のりば

14番のりば(京都方面の普通電車) → 6番のりば

15番のりば(大阪方面の普通電車) → 7番のりば

16番のりば(大阪方面の新快速・快速) → 8番のりば

17番のりば(特急スーパーはくとなど) → 9番のりば

18番のりば(特急こうのとり) → 10番のりば


旧11・12番のりばの階段前に設置された看板を見たところ、
「1番のりば」 には 京都方面へ向かう特急列車が発着するようです。
自分は、過去記事 「新大阪駅 おおさか東線延伸開業後の配線図を見る 」 の中で、
おおさか東線の電車は旧11・12番のりばに入線して放出方面へ折り返し、
特急はるか・くろしお は現在と同じく 上下ともに新11番のりばを発着する
と予想していましたが、
どうやら おおさか東線の開業前から 特急列車の発着ホームを上下分離することになりそうですね。
早ければ 来月中に ホームが使用開始されるのではないかと思います。

旧11・12番のりばの工事の様子について、詳しくは次の記事で紹介します。
新大阪駅 旧11・12番のりば改装工事(2018年2月)

※2018年5月23日追記※
JR西日本が公式ホームページで、
新大阪駅 在来線ホームの のりば番号を変更すると発表しました。
詳しくは、以下の別記事をご覧ください。

新大阪駅 在来線ホームの のりば番号を変更! 2018年6月24日(日)に実施!

広告