CIMG4979-1
CIMG4981-1

先日(2018年2月)、乗り換えのため 米原駅を訪れると、
改札内コンコースに こんなお知らせが掲示されていました。

2018年3月1日利用開始となる 2018年度 「春の関西1デイパス」 と、
2018年4月1日利用開始となる 「はるか早特往復きっぷ」は、
JR西日本ネット予約e5489」 と 「みどりの券売機」 のみでの発売 となり、
みどりの窓口では発売しないとのこと。

みどりの券売機がない駅で 関西1デイパスを購入していた人にとっては 非常に不便になりますね。
自分の場合は、最寄り駅に みどりの券売機があり、毎回それで購入しているので、
これまでと変わらないのかな と思ったのも束の間、その下に とんでもないことが書いてありました。


広告



ご購入は ご利用開始日の前日まで
※「はるか早特往復きっぷ」 は利用開始日の3日前まで。

ご利用日当日の発売はございませんので、
事前にご購入下さい。



うわぁぁぁ~!!!
自分は 関西1デイパスを当日に購入することがほとんどだったので、これは痛いですね

2018年度の 「春の関西1デイパス」 について、
2月15日に JR西日本の公式ホームページ  で告知されていましたが、
いつもと一緒だろうと思って 読んでいませんでした。
まさか、当日の購入が出来なくなるとは思いもしなかったです。

みどりの券売機での発売も、これまでは JR西日本全エリアの主な駅で行われましたが、
2018年度の 「春の関西1デイパス」 は、関西自由周遊区間(関西1デイパスが使えるエリア)内と
和歌山・福知山地区の一部の駅でしか行われなくなります。
中国地方や北陸(敦賀駅以外)から関西へ来て 関西1デイパスを使っていた人にとっては、
地元の駅であらかじめ購入しておくことも、利用日当日に関西の駅で買うこともできなくなるので、
ものすごく不便になりますね。

JR西日本としては、「e5489」 での購入を推奨 ということでしょうか

個人的に、関西1デイパスの当日購入が出来なくなるのなら、
その分、値下げするか、関西自由周遊区間を拡大するかしてほしかったのですが、
値段は大人3600円、子ども1800円のままで、関西自由周遊区間も変化なし。
要するに、ただ不便になっただけですね・・・

広告