JR西日本の在来線では、2018年3月17日にダイヤ改正が行われました。
これに伴い、行き先の変更や運転取り止めによって 見られなくなった行き先や、
運転を終了した車両、ひっそりと廃止された種別があります。
今回、ダイヤ改正で消えた行き先や車両、種別をまとめてみました。

【過去記事】
☆JR西日本 2018年春のダイヤ改正(関西編)☆
阪和線の快速・普通電車を223系・225系に統一! 新大阪駅発着の阪和線快速を廃止!


【JR西日本 ニュースリリース】
2018年春ダイヤ改正について ダイヤ改正日 2018年3月17日(土曜日)


広告



CIMG1741
CIMG1740
特急くろしお 和歌山方面 新宮行き(京都発)
今回のダイヤ改正では、特急くろしおの京都~新大阪間が2往復から1往復に削減されました。
これに伴い、特急 「くろしお3号」 が 京都~新大阪間で運転取り止めとなり、
京都発の新宮行きがなくなっています。
ダイヤ改正で、京都発の特急くろしおは、17時47分発の白浜行き1本のみとなりました。


CIMG9290
CIMG9291
快速 和歌山方面 御坊行き(新大阪発)
以前は、早朝と深夜に 新大阪駅から阪和線へ直通する快速が1本ずつ設定されていましたが、
今回のダイヤ改正で運転取り止めとなりました。
まず紹介するのは、新大阪駅を22時44分に発車する快速 和歌山方面 御坊行き。
こちらは、22時50分発の特急 「くろしお35号」 和歌山行きに置き換えられる形で廃止されています。
ちなみに、ダイヤ改正後は、関空/紀州路快速 関西空港・御坊行きが運転されるようになりました。


BlogPaint
11番のりばに停車中の快速 御坊行きを撮影。 223系0番台です。


CIMG9615
CIMG9614
快速 和歌山方面 湯浅行き(新大阪発)
早朝には新大阪発の快速 和歌山方面 湯浅行きが設定されていました。
この電車は、和歌山4時54分発のB快速(新大阪6時21分着)の折り返しです。
B快速 新大阪行きは、阪和線から新大阪駅へ直通する唯一の快速電車でしたが、
今回のダイヤ改正で 和歌山5時14分発の特急 「くろしお2号」(新大阪6時21分着)に
置き換えられる形で廃止されました。
それに伴い、折り返しの快速 湯浅行きも運転取り止めとなっています。
ちなみに、湯浅行きの快速電車自体は 天王寺発(環状線内の運転なし)として存続し、
平日は 関空/紀州路快速 関西空港・湯浅行き、土休日は 快速 湯浅行きとして運転されています。


BlogPaint
11番のりばに停車中の快速 湯浅行きを撮影。 225系2次車(5100番台)です。


BlogPaint
B快速 ※写真は天王寺駅で撮影。
先ほど、和歌山発のB快速 新大阪行きが運転取り止めになったと書きましたが、
今回のダイヤ改正では 「B快速」 という種別そのものが廃止されました。
B快速とは、熊取駅以北は快速運転を行い、熊取駅以南は各駅に停車する快速電車です。
2011年のダイヤ改正以降は、紀州路快速の停車駅が 朝の一部を除いて B快速と同じになりました。
2015年以降、車両の方向幕が 順次 路線記号入りのものに更新されましたが、
B快速の方向幕だけは 路線記号入りのものに更新されなかったんですよね


CIMG0481-1
CIMG0482-1
3・4番のりばに設置されている電光掲示板を撮影。
このB快速は 前4両が和歌山行き、後ろ4両が日根野行きとなっており、
8両全てが和歌山行きとなっている快速電車と区別するため、
日根野・和歌山行き」 と案内されています。

ちなみに、9時42分発のB快速は、ダイヤ改正で 9時43分発の快速 日根野行きになりました。
(終点の日根野駅で普通 和歌山行きに乗り換え)


BlogPaint
BlogPaint
阪和線の103系・205系  ※写真はどちらも鳳駅で撮影。
阪和線は、今回のダイヤ改正で 新型車両の225系がさらに投入され、
ほとんどの快速・普通電車が223系・225系での運転となりました。
これに伴い、103系と205系は、阪和線内での運転を終了しています。


BlogPaint
羽衣線の103系 ※写真は東羽衣駅で撮影。
羽衣線では、長らく3両編成の103系が運用されてきましたが、
225系の追加投入に伴い、今回のダイヤ改正で運転を終了しています。


CIMG8883
CIMG8884
広島行き(相生発)
相生駅を16時59分に発車する 山陽線の下り電車は、
関西の在来線で唯一の 「広島行き」 でした。
列車遅延時の影響範囲を抑制するため、今回のダイヤ改正で 糸崎行きに変更されています。


BlogPaint
3番のりばに停車中の広島行きを撮影。


CIMG7903
CIMG7905
広島方面 緑井行き(岡山発)
前回のダイヤ改正で登場した 「岡山発 緑井行き」。
岡山駅を発車する唯一の可部線直通列車でしたが、
列車遅延時の影響範囲を抑制するため、今回のダイヤ改正で糸崎行きに変更されています。


CIMG1614
CIMG1615
柳ヶ浦行き(下関発)
JR九州では、今回のダイヤ "見直し" で、
会社発足以来 最大規模となる減便や運転区間短縮を行いました。
これに伴い、下関駅を発車する九州方面の電車の行き先が変更され、
夜の時間帯に2本設定されていた 「柳ヶ浦行き」 がなくなっています。

22時54分発の電車は 柳ヶ浦行きから博多行きに、
23時13分発の電車は 博多行きから行橋行きに変更されました。

ちなみに、小倉や門司港発の柳ヶ浦行きは、ダイヤ見直し後も設定されています。


BlogPaint
CIMG1340
ホームに停車中の柳ヶ浦行きの車両と方向幕です。

【関連記事】
【京都丹後鉄道】 1日1本のレアな行き先 「大江山口内宮行き」 消える! 2018年春のダイヤ改正で。

広告