東海道線 静岡地区の普通電車は、基本的に 6両編成以下で運転されます。
日中の時間帯は 3両編成が多いです。
浜松駅以西は 名古屋方面への直通列車などが8両編成だったり、
沼津駅以東は 東京方面への直通列車(JR東日本の普通電車)が10両編成だったりしますが、
それ以外で 7両編成以上の普通電車は非常に少なく、
自分はこれまで見たことがありませんでした。

しかし、先月(2018年3月)下旬、日中の時間帯に 三島駅 を訪れると・・・










CIMG3641
CIMG3658
!!!Σ(゚д゚;)
なんと、三島駅の発車標に 「8両」 と表示されていたのです
この駅を発着する普通電車は 東京方面への直通列車(10両編成)を除いて
6両編成以下ばかりだと思っていたので、8両編成で運転される電車があることに驚きました
以前、日中の時間帯に訪れた時は なかったと思うので、
先月(2018年3月)のダイヤ改正で登場したのでしょうか


CIMG3642
CIMG3657
英語表示は こんな感じ。


CIMG3660
CIMG3670
普通電車に乗って 隣の 沼津駅 へ移動すると、ここでも 発車標に 「8両」 表示が出ていました。


CIMG3661
CIMG3673
英語表示です。

この14:03発 熱海行きは 島田駅始発(12:24発)の電車で、
ダイヤ改正前は 御殿場線経由 国府津行き として運転されていました。
沼津駅には13時55分に到着し、8分間停車します。


CIMG5321
CIMG5320
1番線から発車する 14:57発 浜松行きも8両編成でした。
おそらく、先ほどの熱海行きが 終点の熱海駅で8両編成のまま 折り返し 浜松行きになるのでしょう。

日中の時間帯、東海道線 興津駅以東は 本数が毎時3本 20分間隔と少ないので、
3両編成では短すぎると思っていましたが、8両編成だと 逆に供給過剰な気が・・・


CIMG5325
CIMG5324
表示を拡大して撮ってみました。

この電車は、静岡駅での停車時間が7分もあります(15:56着、16:03発)。
おそらく、前か後ろの車両を切り離すのでしょう。


以上、三島駅と沼津駅の 「8両」 表示を紹介しました。

東海道線の静岡地区(新所原~函南駅間)では、
昨年11月の運行管理システム取り替えに伴い 発車標の表示の更新が進められており、
更新後は、両数の右側に乗車位置が表示されるようになります。
(過去記事 「【JR東海】 東海道線 静岡地区の運行管理システムがついに更新!11月22日から新放送導入&発車標の表示変更へ! 」 参照)

今後、改めて三島駅と沼津駅を訪れ、更新後の表示を撮影したいと思います。


【関連記事】
東海道線 静岡地区 ホームの電光掲示板(発車標) 【Part1】 浜松~焼津
東海道線 静岡地区 ホームの電光掲示板(発車標) 【Part2】 静岡~三島
東海道線 静岡地区 「国府津行き」 の表示を集めてみた 【2017年10月】
東海道線 静岡地区 「富士行き」 の表示を集めてみた 【2017年10月】

広告