CIMG9767
※上の写真は、放出駅に停車中の おおさか東線の電車(201系)。

学研都市線の貨物支線である 城東貨物線を改良し、
久宝寺~新大阪駅間で旅客営業する計画の おおさか東線
2008年に 南側の久宝寺~放出(はなてん)駅間が先行開業し、
残る北側の放出~新大阪駅間は、2019年春の開業を目指して 現在 建設工事が進められています。

この区間には 4つの新駅が設置される予定です。
仮称は 新大阪側から順に 西吹田淡路都島野江となっており、
どんな駅名になるのか 非常に気になっていましたが、
2018年7月24日、JR西日本が公式ホームページで これら4つの新駅の駅名が決定したと発表したので、
このブログで取り上げたいと思います。


広告


【JR西日本 ニュースリリース】
おおさか東線全線開業に向けて 新大阪-放出駅間 新駅の駅名の決定について

JR西日本によると、4つの新駅の駅名と所在地、選定理由は 以下の通り。


(仮称)西吹田 → 南吹田

<所在地>
大阪府 吹田市 南吹田

<選定理由>
所在地に忠実であり、吹田市最南端の駅となることから、場所をイメージしやすく、親しみを持っていただきやすい。


(仮称)淡路 → JR淡路

<所在地>
大阪府 大阪市 東淀川区 菅原

<選定理由>
隣接する地域の名称であり、周辺の商店街等の名称にも採用されていることから、わかりやすい。
他社線(阪急京都線・千里線 淡路駅)との接続箇所であり、区別するため JRを冠する。


(仮称)都島 → 城北公園通(しろきたこうえんどおり)

<所在地>
大阪府 大阪市 旭区 赤川

<選定理由>
新駅の所在地である旭区と 隣接する都島区を貫く通りの名称である。
両区に跨って存在した 旧 「城北村」 の名残で地域名として使用されており、場所がわかりやすい。


(仮称)野江 → JR野江

<所在地>
大阪府 大阪市 城東区 野江

<選定理由>
所在地に忠実であり、わかりやすい。
他社線(京阪本線 野江駅、大阪メトロ谷町線 野江内代駅)との接続箇所であり、区別するため JRを冠する。


【駅設備の概要】
いずれも 高架下駅舎、相対式ホーム2面、8両編成に対応。
各駅に エレベーター2基(各ホーム1基)とエスカレーター4基(各ホーム上り1基、下り1基)を設置。


【運賃について】
隣接するJR京都線・大和路線・学研都市線と同じ 電車特定区間の運賃を適用する予定。




自分は 7年前(2011年)に、このブログで
 「おおさか東線未開業区間の駅名を予想してみた 」 という記事を書いていましたが、
今回発表された駅名は、(仮称)都島駅だけが予想外で、それ以外の3駅は予想通りでした。

南吹田駅の仮称は 「西吹田」 でしたが、
所在地が 「南吹田」 なのに 駅名が 「西吹田」 になるのはおかしいと思っていたので、
「南吹田」 に決まってほっとしています。

(仮称)淡路駅、(仮称)野江駅についても、
JR西日本が 私鉄の駅と同名の新駅を設置する際、区別するため 駅名に 「JR」 を冠する傾向にあり、
JR京都線で今年の春に開業した新駅の駅名も 「JR総持寺」 だったので、
「JR淡路」 「JR野江」 という駅名になるのは間違いないと思っていました。

城北公園通駅の仮称は 「都島」 でしたが、大阪メトロ谷町線の都島駅から北へ1.6km離れた場所に設置されます。
所在地の地名が 「赤川」 なので、自分は 赤川を使った駅名を予想していましたが、
旭区が要望した 「城北公園通」 が そのまま採用された形です。
※この件については、別記事 「おおさか東線 JR都島駅(仮称)の駅名が 「城北公園通」 に決定! 地元・旭区の要望通りに! 」 で詳しく書いています。


以上、おおさか東線 延伸区間の新駅の駅名について書きました。
延伸開業後のダイヤについては、おそらく12月中旬に発表されるでしょう。
どんなダイヤになるのか、非常に気になるところです。

【関連記事】
おおさか東線 放出~新大阪駅間の延伸について 【まとめ】
おおさか東線全線開業後のダイヤを予想してみた② 【2016年】

広告