BlogPaint
※写真は 備後落合駅に停車中の普通 宍道行き(2017年8月撮影)

木次線
出雲横田~備後落合駅間 は、先月(2018年7月)上旬の西日本豪雨の影響で、
2018年8月3日現在も運転見合わせが続いています。

JR西日本は 7月18日の定例社長会見 で、
この区間は 運転再開まで少なくとも1年以上かかる としていましたが、
8月1日の発表 では 調査中 になっていたんですよね。

後日 改めて運転再開見込みが発表されるだろうと思っていたところ、
JR西日本が今日(2018年8月3日)発表した運転計画に驚きの記述が
なんと、8月8日(水)からの運転再開を目指す というのです。


広告


【JR西日本 ニュースリリース】
「平成30年7月豪雨」 に伴う運転計画について


JR西日本 米子支社の広報情報(PDF) でも、木次線 出雲横田~備後落合駅間について、
運転再開を目指して復旧作業を進めておりますが、今後、安全確認及び設備の機能確認を行い、
8月8日(水)からの運転再開を目指したい と考えております。」 と明記されています。

先月発表された 「運転再開には少なくとも1年以上」 とは、一体何だったのか・・・
まさか今月上旬に復旧するとは思わず、この予想外の展開に ただただ驚くばかりです
なぜ こんなことになったのか気になりますね。
(豪雨から1ヶ月ほどで復旧できるのなら、当初の 「少なくとも1年以上」 という発表はいらなかったのでは

とにかく、木次線が早期に全線復旧できるようで良かったです。
自分は この路線に まだ乗ったことがないので、いつか乗りに行きたいと思います。
(冒頭の写真は、芸備線を広島から新見まで走破した時に撮ったものです)


※2018年8月12日追記※
予定通り、8月8日から運転を再開しました。

朝日新聞の記事 によると、
JR西日本が当初 「1年以上かかる」 と発表した理由について、
芸備線の鉄橋が信号ケーブルごと増水した川に流され、備後落合駅周辺の信号を制御できなくなり、
ケーブルの復旧は鉄橋の復旧と同時にしかできない と考えられていたから。
土砂の撤去などは早くに終わっており、
信号ケーブルさえ復旧すれば、いつでも運転再開できる状態だったんですね。

JR西日本は、今月1日に全線再開した伯備線のケーブルを経由して 備後落合駅の信号を制御することで、
木次線の早期復旧にこぎつけました。

広告