2018年7月上旬の記録的な豪雨では、鉄道も多くの路線が被災しました。
中でも JR西日本の在来線は、広島県・岡山県を中心に、復旧に長期間を要する線区が多数出ています。


JR西日本は 7月31日と8月1日に
一部の線区の運転再開予定日や 運転再開見込みの見直しなどについて発表していましたが、
その後、多くの線区で運転再開予定日が決定したので、このブログで取り上げたいと思います。

※この記事では、2018年8月23日時点での運転再開見込みについて書いています。
運転再開見込みの最新情報については、
別記事 「
【西日本豪雨】 JR西日本 在来線の運転見合わせ・再開情報 【まとめ】 」 をご覧ください。


広告


【前回の記事】
【西日本豪雨】 山陽線・呉線などで運転再開の見込み時期を前倒し!10月末までに多くの路線が復旧!

【JR西日本 ニュースリリース】
「西日本豪雨(平成30年7月豪雨)」に伴う運転計画・復旧状況について
西日本豪雨で被害を受けた線区の運転再開見込みについて (広島・山口地区)


今回も、運転再開見込みを線区ごとに見ていきます。
※日付の色・・・は今回 運転再開見込みが変更、は前回から変更なし、は既に運転を再開。
(2018年8月23日時点)


【山陽本線】
瀬野~海田市・・・8月18日
白市~八本松・・・8月21日(暫定的な部分運転を実施)
柳井~下松・・・9月中 → 9月9日
八本松~瀬野・・・9月中 → 9月9日
三原~白市・・・10月中


【姫新線】
上月(こうづき)~津山・・・
8月下旬 → 8月10日
津山~中国勝山・・・8月下旬 → 8月27日を目指す
中国勝山~新見・・・9月中 → 9月3日を目指す


【因美線】
津山~美濃加茂・・・9月上旬 → 8月27日を目指す
美濃加茂~智頭・・・9月中 → 9月3日を目指す


【芸備線】
狩留家~下深川・・・8月25日
新見~東城・・・9月上旬 → 8月27日を目指す
東城~備後落合・・・9月中 → 9月3日を目指す
備後落合~三次・・・ 2019年1~3月中
三次~狩留家・・・少なくとも1年以上(2019年夏以降)


【福塩線】
府中~三次・・・2019年1~3月中


【呉線】
坂~海田市・・・8月2日
広~呉・・・8月20日(暫定的な部分運転を実施)
呉~坂・・・9月中 → 9月9日
安芸川尻~広・・・2019年1月中 → 10月中
三原~安芸川尻・・・2019年1月中


【岩徳線】
岩国~周防高森・・・8月20日
周防高森~徳山・・・10月中 → 9月22日



山陽本線は、八本松~瀬野駅間と柳井~下松駅間が、どちらも9月9日から運転を再開することとなりました。
これにより、山陽本線は 白市駅以西の運転見合わせ区間がなくなり、残すは 三原~白市駅間のみとなります。
白市~八本松駅間では8月21日から 暫定的な部分運転が実施されており、
八本松駅では 新たに折り返し運転をするため、仮設ホームが設置されましたが、
八本松~瀬野駅間の運転再開に伴い、その仮設ホームを撤去するため、
9月8日は 20時以降 西条~八本松駅間で列車を運休する予定とのこと。


呉線は、呉~坂駅間が9月9日に運転を再開します。
これにより、呉線は広駅以西が復旧し、鉄道で広島市⇔呉市を移動できるようになります。
三原~広駅間の運転再開見込みは、2019年1月と発表されていましたが、
このうち 安芸川尻~広駅間の運転再開見込みが10月中に前倒しされました。


姫新線・因美線・芸備線について、津山~中国勝山、津山~美濃加茂、新見~東城は 8月27日、
中国勝山~新見、美濃加茂~智頭、東城~備後落合は 9月3日の運転再開を目指すと発表されました。
これにより、JR西日本の岡山・福山地区では 今回の豪雨による運転見合わせ区間がなくなります。

岩徳線は、周防高森~徳山駅間の運転再開見込みが10月→9月22日に前倒しされました。
これにより、岩国~徳山駅間において、山陽本線・岩徳線の両方が復旧することとなります。


運転再開が10月以降となる線区は、以下の通り。

山陽本線 三原~白市
芸備線 備後落合~三次~狩留家
福塩線 府中~三次
呉線 三原~安芸川尻~広

今後、これらの線区の運転再開予定日が発表されたら、このブログで取り上げたいと思います。

広告