BlogPaint
※写真は 三原駅に停車している 呉線の臨時快速 「瀬戸内マリンビュー」 広島行き。 (2017年8月撮影)

広島県内のJRでは、2018年7月の西日本豪雨の影響で、
2018年11月現在も 運転を見合わせている線区があります。
呉線 三原~安浦駅間芸備線 備後落合~備後庄原駅間三次~狩留家駅間
福塩線 府中~上下駅間 です。

このうち、芸備線 三次~狩留家駅間については、前回の記事 で紹介した通り、
豪雨で流出した橋の復旧工事が順調に進めば、
運転再開は来年(2019年)秋頃になる見込み と発表されています。

それ以外の3線区については、2018年12月に運転を再開する見込みと発表されていましたが、
2018年11月9日、JR西日本は公式ホームページで、この3線区の運転再開予定日を発表したので、
このブログで取り上げておきたいと思います。

【JR西日本 ニュースリリース】
西日本豪雨で被害を受けた線区の運転再開見込みについて


広告

JR西日本によると、これら3線区の運転再開日は 以下の通り。

福塩線 府中~上下駅間・・・2018年12月13日(木)

呉線 三原~安浦駅間・・・2018年12月15日(土)

芸備線 備後落合~備後庄原駅間・・・2018年12月20日(木)

※徐行運転のため、通常より時間がかかる場合があります。
※列車の運転再開に伴い、これらの区間の代行バスは運行終了となります。



呉線と福塩線は、この区間の運転再開で 全線復旧となります。

主に土曜・休日に運転される 呉線の臨時快速 「瀬戸内マリンビュー」 は、
西日本豪雨のあと 運休が続いていますが、呉線の全線復旧に合わせて 運転を再開するでしょう。

2018年11月現在、呉線では 臨時ダイヤでの運転となっており、
一部列車の運転取り止めや 運転時刻の変更が発生してますが、
全線復旧に合わせて通常ダイヤに戻るのか、復旧後も 臨時ダイヤでの運転となるのか気になります。

また、山陽本線 糸崎~下関駅間と 可部線は、
2018年11月現在、土曜・休日も含めて 平日ダイヤでの運転となっており、
一部列車の運転取り止めや 運転時刻の変更が発生してますが、
これらの線区がいつ通常ダイヤに戻るのか 気になるところです。


福塩線 府中~上下駅間の運転再開は 12月13日(木)
芸備線 備後落合~備後庄原駅間の運転再開は 12月20日(木)とのことですが、
芸備線 備後庄原~三次駅間と 福塩線 吉舎(きさ)~三次駅間が10月4日(木)に、
上下~吉舎駅間が10月14日(木)に運転を再開しており、
福塩線 府中~三次駅間と 芸備線 備後落合~三次駅間では、
なぜか 運転再開日が 毎回木曜日になっているんですよね
それには何か理由があるのでしょうか

広告