BlogPaint
※上の写真は、鴫野駅の改札口に設置された 新しい発車標(2018年12月8日撮影)

2019年春に 放出~新大阪駅間が延伸開業する おおさか東線

先日書いた記事 で、鴫野駅の改札口の発車標が
おおさか東線に対応したものに更新されたことを紹介しましたが、
放出駅でも大きな変化があったので、このブログで紹介したいと思います。


広告

BlogPaint
こちらは、2012年に撮影した 放出駅 3・4番のりばの発車標です。
このように、3段表示のものが設置されていました。


BlogPaint
しかし、先日(2018年12月8日)、放出駅を訪れると、3・4番のりばの発車標が新しくなっていました。
1・2番のりばの発車標と同様、上3段に学研都市線、下2段に おおさか東線の発車案内が表示される仕様です。


BlogPaint
CIMG2278
反対側から見ると、こんな感じ。
下2段は まだ使用されておらず、学研都市線の表示欄に おおさか東線の当駅止まりの表示が出ていました。

学研都市線の表示欄は、右端が不自然にあいています。


CIMG2236
発車標の左端を拡大して撮影。
下2段は、灰色のシールを貼って 路線名や方面表記を隠してありますが、
おおさか東線 新大阪方面」 の文字と、おおさか東線の路線記号   F   が浮き上がって見えます。


CIMG2307
CIMG2306
学研都市線 京橋方面へ向かう電車が到着すると、
乗車位置欄に  停車中    This Train   と表示されます。


BlogPaint
CIMG2254
先ほどは ホームの西側(京橋側)の発車標を紹介しましたが、
今度は 東側(四条畷側)の発車標をご紹介。


BlogPaint
CIMG2258
CIMG2260
反対側から撮ると、こんな感じ。


BlogPaint
CIMG2298
改札口でも 発車標に変化がありました。
学研都市線 京橋・北新地・尼崎方面の発車標の隣に、新しい発車標が設置されたのです。

おおさか東線の延伸開業後は、新しい発車標に京橋方面の発車案内が表示され、
現在 京橋方面の表示が出ている発車標は、おおさか東線 新大阪方面の発車標として使用されるでしょう。


BlogPaint
CIMG2288
※カメラのセンサーにゴミが付着しているためか、写真の右側に 黒いシミが付いています。大変申し訳ありません。

反対側から撮影。 改札口の発車標は 両面表示になっています。


CIMG6859
こちらは、過去記事 「放出駅 おおさか東線の電車同士の緩急接続は不可能だった!」 で紹介した
放出駅 西側の配線です。(2018年7月撮影)

真ん中の線路2本が おおさか東線で、その外側の線路が 学研都市線です。
左から順に、4番のりば、3番のりば、2番のりば、1番のりばの線路ですが、
4番のりばから おおさか東線 新大阪方面への渡り線と、新大阪方面から1番のりばへの渡り線がなく、
放出駅で おおさか東線同士の緩急接続ができないようになっています。


CIMG2239
そしてこちらが、今回(2018年12月) 撮影した写真です。 配線に変化はありません。

奥に停車している車両は おおさか東線の回送列車です。
おおさか東線の普通電車は、放出駅 3番のりばに到着後に 引き上げ線に入線し、
その後、久宝寺行きとして2番のりばに入線します。

前回撮った時は気づきませんでしたが、1番のりばと2番のりばの線路の間に
使用停止中の信号機が設置されています。
ひょっとして、2番のりばで 新大阪方面への折り返し運転ができるようになるのでしょうか


CIMG2242
こちらは、3・4番のりばの東端から 四条畷方向を撮った写真です。
ここにも使用停止中の信号機が設置されています。
3番のりばで 久宝寺方面への折り返し運転ができるようになるのでしょうか


BlogPaint
最後に、3・4番のりばに設置されている 案内看板(サイン)をご紹介。
路線名や路線記号がなく、のりば番号と方面表記のみというシンプルなものですが、
こちらも おおさか東線 放出~新大阪駅間の開業に伴って 更新されるでしょう。

※2018年12月25日追記※
12月24日に再び放出駅を訪れると、3・4番のりばに設置された新しい発車標に変化があり、
おおさか東線の表示欄が使用開始されていました。
詳しくは別記事 「
放出駅、おおさか東線 新大阪方面の発車標が早くも使用開始 (2018年12月24日) 」 をご覧ください。

広告