BlogPaint
※上の写真は、広島駅2番のりばに停車中の快速 「シティライナー」 岩国行き。
新型車両の227系です。(2016年4月撮影)


JR西日本は、2019年3月16日(土)にダイヤ改正を実施します。
その概要が、2018年12月14日に発表されました。

前回の記事 で 近畿エリア 在来線のダイヤ改正について書きましたが、
今回は 広島近郊エリア 在来線のダイヤ改正について このブログで取り上げたいと思います。

【JR西日本 ニュースリリース】
2019年 春ダイヤ改正について  ダイヤ改正日 2019年3月16日(土曜日)


広告


【山陽線(三原~岩国)・呉線・可部線】
①全列車を227系(レッドウイング)に統一

山陽線 三原~岩国駅間と 呉線、可部線への227系の投入が完了し、全ての列車が227系での運転となる。

※呉線 三原~広駅間のワンマン列車には 運賃箱が備え付けられていないため、
駅の券売機で 事前に切符を購入する必要がある。



BlogPaint
※広島駅に停車中の普通 岩国行き。
227系は 「がんばろう! 広島」 といった表示を出すこともできます。(2018年10月撮影)




②広島⇔福山・岡山方面の直通運転を取り止め
広島~福山・岡山 糸崎乗り換え

広島から西条を経由して福山・岡山方面へ向かう 上り列車 および
岡山・福山から西条を経由して広島方面へ向かう 下り列車は、直通運転を取り止める。

これにより、在来線 西条経由で広島⇔福山・岡山を移動する際、
全ての列車において、糸崎駅 または三原駅での乗り換えが必要
となる。

※三原駅⇔福山・岡山方面の直通列車は、引き続き運転する。

※広島から福山・岡山方面へ行く場合、終点の糸崎駅まで行って乗り換えるよりも、
1つ手前の三原駅で 三原始発の上り列車に乗り換えた方が、福山・岡山方面に早く到着する場合がある。

※下り列車は 全て糸崎駅で同一ホーム乗り換えとなるが、上り列車は 一部 異なるホームでの乗り換えとなる。



【その他】

●山陽線と呉線の一部の区間では、2018年7月の西日本豪雨災害の影響で徐行運転を実施しているが、
ダイヤ改正までに解消できる目処が立ったため、ダイヤ改正前日(2019年3月15日)をもって終了する。

山陽線・呉線・可部線において、平日と土休日で同一のダイヤを実施する。

●一部線区において、始発・最終列車の時刻が変更となる列車がある。

●一部 編成両数が変更となる列車がある。




以上、JR西日本 広島近郊エリアのダイヤ改正の概要を書きました。

内容は少ないですが、重要なことが3つ発表されています。



1つ目は、新型車両 227系の投入が完了すること。

山陽線・呉線には 2015年3月14日のダイヤ改正から、可部線には2015年10月3日から
227系が順次投入されてきましたが、
今回のダイヤ改正で 全ての電車が227系で統一され、
これまで運転されきた105系、113系、115系といった 国鉄時代に製造された電車が姿を消すことになります。

227系投入前の広島近郊エリアは、全ての電車が国鉄車両。
1987年のJR西日本発足以来、JR化後に製造された電車車両が全く投入されず、
経年35年以上の車両が大半を占め、老朽化が深刻でした。
それが一転して 全ての電車が新型車両になるので、わずか4年での変わりように驚かされます。


BlogPaint
CIMG6522
※広島近郊エリアの国鉄車両。上は呉駅、下は可部駅で撮影。


あとは、芸備線のキハ40・47形気動車がいつまで使われるのか、気になるところです。
こちらも国鉄車両であり、老朽化もしていると思うのですが、
一向に 後継となる車両投入の話が出てこないんですよね・・・



2つ目は、広島⇔福山・岡山方面の直通列車が全廃されること。

前回のダイヤ改正 で、列車遅延時の影響範囲を抑制するため、
上りは 広島方面からの岡山行き3本が糸崎止まりに、
下りは 和気発 大野浦行き、岡山発 岩国行きと緑井行き、相生発 広島行きの計4本が糸崎止まりに変更され、
広島⇔福山・岡山方面の直通列車は 上り6本(朝の西条発 和気行きを含めると7本)、下り7本だけとなりました。

今回のダイヤ改正で これらの直通列車も全て糸崎止まりとなり、
広島・西条方面⇔福山・岡山方面 を 在来線で乗り換えなしで行くことができなくなります。

個人的には、227系の岡山駅乗り入れを期待していたのですが、
広島近郊エリアの電車車両を227系で統一した結果、
広島支社が保有している国鉄車両だけでなく、岡山・福山エリアから乗り入れる車両までもが締め出されて、
広島⇔福山・岡山方面の直通列車がなくなるというのは皮肉なものですね。


JR西日本の 「列車遅延時の影響範囲を抑制するため」 という言い分は理解できます。
確かに、岡山県内で発生した人身事故などのせいで、
広島近郊エリアの電車が遅れたり、運転取り止めになるのは良くないでしょう。

それでも、やはり 「乗り換えなしで行きたい」 と思う利用客のことも考えてほしかったですね。
せめて、広島駅⇔福山駅の直通列車は残してほしかったと思います。


広島~福山


今回のニュースリリースには、
「広島から西条を経由して福山・岡山方面を結ぶ列車
及び 岡山・福山から西条を経由して広島方面を結ぶ列車に関して、直通運転を取り止める」  と記載されており、
「西条を経由して」 の部分が強調されているように感じました。

ということは、呉線から福山駅への直通列車は ダイヤ改正後も残る ということでしょうか

現行ダイヤでは、広6:36発 普通 福山行きと、
広島17:30発 快速 安芸路ライナー 呉線経由 福山行きの2本がありますが
(逆に 福山方面から呉線への直通列車はありません)
もし 後者がダイヤ改正後も 広島発 福山行きとして運転されれば、
広島~福山駅間を 在来線で乗り換えなしで結ぶ 唯一の電車となるでしょう。

それと、呉線は ダイヤ改正で全ての電車が227系になるため、
この2本が改正後も福山行きとして運転されれば、
山陽線の糸崎~福山駅間に227系が乗り入れることになります。
この区間は、2016年3月のダイヤ改正から 一部の普通電車が227系で運転されていますが、
ダイヤ改正後も 227系での運転が継続されるのか気になります。


2018年現在、227系は 山陽線 岩国~徳山駅間にも乗り入れていますが、
ダイヤ改正後も 広島方面から徳山駅への直通列車が引き続き運転されるのか気になるところです。

また、1日に1本だけ設定されている 糸崎17:46発 下関行きの電車は、
2018年12月時点で 日本一運行距離の長い普通列車となっていますが、
227系が下関駅まで乗り入れるとは考えにくいので、
227系で運転される糸崎~岩国駅間と、国鉄車両で運転される岩国~下関駅間に分割され、
岩国駅で乗り換えとなるでしょう。





今回のニュースリリースには、「その他」 のところに さらっと非常に重要なことが書いてありました。

山陽線・呉線・可部線において、平日と土休日で同一のダイヤを実施する というのです。

これまで、これらの線区では 平日は 「平日ダイヤ」、土休日は 「土休日ダイヤ」 というように分けられていました。
中でも 山陽線は、2016年のダイヤ改正から 土休日限定で 快速 「シティライナー」 が運転されているため、
日中の時間帯も含めて、平日と土休日で大きく異なるダイヤになっています。

昨年(2017年)のダイヤ改正 で、
芸備線 三次~広島駅間の土休日のダイヤが 平日と異なるものに変更され、
広島近郊エリアの全ての路線(山陽線・呉線・可部線・芸備線)が
平日と土休日で異なるダイヤになったばかりですが、
今回、そこから一転して 平日と土休日で同一ダイヤになることに驚きました。

山陽線(特に広島~岩国駅間)のダイヤが 平日と土休日とであまりにも違いすぎて、
利用客に分かりにくかったのでしょうか


CIMG7750
CIMG7751
※広島駅の在来線 跨線橋に設置されている発車標(2016年4月撮影)。


気になるのは、2016年春のダイヤ改正で停車駅を変えて復活した 快速 「シティライナー」 がどうなるかです。

前述の通り、この快速電車は 土休日にしか運転されないのですが、
広島近郊エリアでは 2018年7月の西日本豪雨の影響で
土休日も含めて平日ダイヤで運転されており(一部 列車本数を減らし、運転時刻を変更)、
山陽線では 全線復旧後も シティライナーが運転されない日が続いているのです。

もし改正後のダイヤが 改正前の平日ダイヤとほぼ同じになれば、
西日本豪雨の後、快速 「シティライナー」 は一度も運転されることなく 廃止されることになります。

ただ、もしそうなら、ニュースリリースに、
"土休日の 快速 「シティライナー」 は運転を取り止めます" と記載されると思うのですが・・・

果たして、どうなることやら・・・

※2018年12月22日追記※
中国新聞の記事 によると、
山陽線や呉線は、「来年3月16日以降、平日・土日とも災害前の平日の本数になる。」 とのことです。

快速 「シティライナー」 は、復活からわずか3年(実質的には2年半足らず)で再度消滅することになります。
詳しくは、以下の別記事をご覧ください。

広島地区の快速 「シティライナー」、復活からわずか3年で廃止へ。
平日・土休日ダイヤ統合で(2019年春のダイヤ改正)




【他のエリアのダイヤ改正】
☆JR西日本 2019年春のダイヤ改正(関西編)☆
おおさか東線 放出~新大阪駅間が延伸開業! 一部の新快速に有料座席サービス 「Aシート」 を導入!


☆JR西日本 2019年春のダイヤ改正(岡山・福山編)☆
朝の快速 「サンライナー」 が各駅停車に。 岡山⇔琴平・観音寺 直通の普通電車を廃止


広告