BlogPaint
CIMG3504
※上の写真は201系(西九条駅で撮影)、下の写真は323系(大阪駅で撮影)

大阪環状線とJRゆめ咲線では、2016年12月24日に 新型車両・323系が営業運転を開始しました。
2016年~2018年度にかけて 8両編成×21本の計168両を順次導入し、103系と201系を全て置き換える予定で、
103系は 2017年10月3日をもって 運行を終了しています。

★過去記事★



201系は 103系の引退後も走り続けていましたが、
2019年5月10日、JR西日本が公式ホームページで、「323系の全編成の投入が完了する」 と発表。
201系の運行終了日もあわせて発表されたので、このブログで取り上げたいと思います。


【JR西日本 ニュースリリース】
「大阪環状線改造プロジェクト」進行中 新型車両323系の全編成の投入がついに完了! 
~より安全で快適な大阪環状線をめざして~



広告


ニュースリリースによると、新型車両・323系は 2019年6月8日(土)に 全編成の投入が完了するとのこと。
最終的には 8両×22本の計176両が投入され、当初の計画より1本増えました。

323系の投入完了に伴い、大阪環状線・JRゆめ咲線の201系は、
前日の2019年6月7日(金)に運行を終了します。


CIMG7524
※天王寺駅11番のりばに停車中の201系(2019年4月撮影)。


ついに この時が来てしまいましたか・・・

数年前までは 103系と共に 環状線の主力車両として活躍し、
環状線に乗れば ほぼ必ずと言っていいほど201系を見かけましたが、
103系の引退後、どんどんと323系に取って代わられ、
気づけば 日中以降に環状線に行っても 201系をほとんど見かけなくなってしまったんですよね。

先月(2019年4月) 天王寺駅で 22時台に201系を見かけた時は、
側面がオレンジ一色の車体を見て、何だか懐かしい気持ちになりました。


201系の運行終了で、大阪環状線とJRゆめ咲線から 国鉄時代に製造された車両が全て姿を消すことになります。
利用者にとっては 新型車両の方が断然良いので、323系の投入完了は喜ばしいことですが、
これまで見慣れた オレンジの201系があと1ヶ月ほどで見られなくなり、少し寂しく思いますね。


大阪環状線・JRゆめ咲線の201系は、両数を8両から6両に減らした上で
大和路線やおおさか東線などへ転属することになるのでしょうか

特に おおさか東線は、放出~新大阪駅間の開業後も
朝夕ラッシュ時の普通電車の本数が毎時4本と少ないままなので、
環状線から転属した201系を使って増発できれば良いですね。



最後に、大阪環状線の駅で撮影した201系の写真を2枚ご紹介。


BlogPaint
こちらは、2014年に西九条駅で撮影した201系。
ICOCAのサービス開始10周年を記念したラッピング列車です。

前面には ヘッドマークが取り付けられ、
側面には 様々なポーズをとった 「カモノハシのイコちゃん」 が描かれています。


BlogPaint
こちらは、2019年3月に 大阪駅で撮影した201系。
USJのハリーポッター ラッピング列車です。
201系の運行終了後は、323系に USJのラッピングが施されるのでしょうか


以上、大阪環状線の323系投入完了と201系の運行終了について書きました。

今回のニュースリリースでは、足元乗車位置案内のリニューアルなど ホーム上の混雑緩和に向けた取り組みや、
大阪環状線でのホーム柵の整備についても発表されたので、後日 改めて記事にしたいと思います。


広告