今年(2019年)3月下旬頃から、iPhoneの標準ブラウザアプリ 「Safari」 で このブログにアクセスすると、URLの隣に  「安全ではありません」 と警告表示が出るようになりました。
(出ていない方は、iOS12.2 にアップデートすると表示されるようになります)

この表示を見て 不安になる方もいるでしょう。


なぜ こんな表示が出るのかというと、このブログがSSL化(https化)されていないから

サイトには URLが http:// から始まるものと、https:// から始まるものがありますが、「s」 が付くか付かないかで 大きな違いがあるのです。


http:// から始まるサイト・・・ 通信が暗号化されていない

https:// から始まるサイト・・・ 通信が暗号化されている


暗号化されていないと、ブラウザとサーバー間の通信データを 第三者に盗み見られたり、書き換えられるリスクがあります。
例えば、ブログのログインページがSSL化されていなかった場合、そこにパスワードを入力してログインすれば、第三者にパスワードを盗み見られる危険性があるのです。
だから、「安全ではない」 というわけですね。

SSLサーバ証明書を利用して、サイトの全ページの通信を暗号化することを 「常時SSL」 と呼びます。
セキュリティ強化のため、今はサイトの常時SSL化が推奨されているのです。

このブログだけでなく、SSL化されていないサイトは 全て Safariで 「安全ではありません」 の表示が出るようになっています。



「安全ではありません」 の表示が出ないようにしたい! という方もいると思いますが、これは ブログを閲覧する側で設定できるものではありません。

このブログは ライブドアブログで書いているのですが、利用者個人でSSL化することはできず、ライブドアブログがSSL化してくれるのを待つしかないのです。

ライブドアブログは 昨年(2018年)2月に 公式ブログで https対応を進めていることを公表していますが、完了時期については 2019年5月現在も未定となっています。2020年春に対応する予定と発表しました。(2019年10月4日追記)
※ライブドアブログのログインページは既にSSL化されています。






※2019年10月4日追加※



ライブドアブログのSSL化を 一日でも早く進めてほしいものです。


★関連記事★


広告