2019年9月20日、JR東日本・JR東海・JR西日本が、「3社で協力して、在来線および新幹線におけるIC定期券のサービス向上を図る」 と発表しました。
このブログでは、その内容について 3回に分けて取り上げます。(この記事は2回目)

※Suicaエリア、TOICAエリア、ICOCAエリアでは、以下の全国相互利用カードが利用可能です。
Kitaca・Suica・PASMO・TOICA・manaca・ICOCA・PiTaPa・SUGOCA・nimoca・はやかけん
(以下、「ICカード」 は これら10種類のカードのことを指します)


TOICAエリア 2021年春~

前回の記事 で、JR東海のTOICAエリアが 熱海・国府津・米原といったJR他社との会社境界駅まで拡大する という件について書きました。

これだけでも驚きだったのですが、今回の発表のメインはさらに驚くべきものでした。
Suica・TOICA・ICOCA 各エリアを跨ぐICカード定期券を発売するというのです!


【JR東海 ニュースリリース(PDF)】
在来線および新幹線におけるIC定期券のサービス向上について

★前回の記事★ ※文章を追加しました。



広告


JR3社の発表によると、2021年春から 「SuicaエリアTOICAエリア」 「TOICAエリアICOCAエリア」 をまたがる区間の在来線定期券を Suica・TOICA・ICOCAで発売する とのこと。
※3つのエリアをまたがるIC定期券(Suicaエリア⇔ICOCAエリア)の発売はありません。


エリア跨ぎICカード定期券(JR東海ニュースリリースより)

※上の画像は、JR東海 ニュースリリースより引用。


例えば、上の画像のように 小田原⇔沼津のSuica定期券・TOICA定期券や、大垣⇔彦根のTOICA定期券・ICOCA定期券を購入できるようになります。

これにより、各社のICサービスエリアをまたがって通勤・通学する定期券利用者が、自動改札機にタッチするだけで改札を通過でき、紛失時の再発行も可能になるのです。


ただし、各社のICサービスエリアをまたがり、かつ定期券区間外を乗車する場合は、自動改札機を利用できない ので、注意が必要です。

例えば、大垣⇔彦根のICOCA定期券を使って、定期券区間外である草津駅から大垣駅へ行こうとすると、大垣駅で自動改札機を利用できず、精算しなければなりません。


また、前回の記事にも書いた通り、定期券ではないICカードでは、TOICAエリアと 熱海・国府津以外のSuicaエリア および TOICAエリアと米原以外のICOCAエリアを跨っての利用はできません

エリア跨ぎは、ICカード定期券 かつ 定期区間内での利用に限る ということです。



次の記事では、新幹線のICカード定期券発売について書きます。


広告