広島駅の在来線改札口といえば、2017年に使用開始した橋上駅舎の 「中央口」 のほか、地下連絡通路にある 「地下道南口」 「地下道北口」 、ひろしま駅ビル ASSE(あっせ)の3階に直結する 「ASSE改札口」  があります。
※このほか、新幹線との乗り換え改札口もあります。

このブログでは、これまで 広島駅 在来線のホームや跨線橋、中央口に設置されている電光掲示板を撮影・紹介してきました。

今回は、地下道南口に設置されている電光掲示板をご紹介。



広告


IMG_9171
BlogPaint
地下道南改札口の様子です。
朝の時間帯ですが、地下連絡通路に人が少なくなったタイミングを狙って撮りました。

自動改札機の向こうに 電光掲示板が設置されています。


IMG_8426
IMG_8427
左側から順に見ていきます。(電光掲示板は 日中に撮影)


こちらは、山陽線下り 岩国方面の発車案内です。

広島駅では、在来線ホームの電光掲示板が新しいものに取り替えられたりしましたが、この改札口には 従来のタイプの電光掲示板が残っています。
中央口や跨線橋に設置されているものに比べ、一回り小さいです。

中央口などでは 山陽線下りの発車案内のみ3段表示になっていますが、この改札口では 山陽線下りも含め 全て2段表示となっていました。

電光掲示板には、 「宮島口・岩国方面」 ではなく 「宮島・岩国方面」 と書かれています。

ちなみに、「岩国連絡 下関」 とは、終点の岩国駅で 下関行きの列車に連絡している ということを意味しています。


IMG_8434
IMG_8433
こちらは、可部線の発車案内。

2017年3月4日に 可部~あき亀山駅間が延伸開業し、可部行きだった電車が全て あき亀山行きに変わっています。


IMG_8436
IMG_8437
IMG_8440
山陽線上り 西条・三原方面の発車案内。

2019年3月16日のダイヤ改正で、山陽線 西条駅を経由して 尾道・福山・岡山方面へ直通する普通電車が全廃され、山陽線上り列車は 糸崎駅までしか行かなくなりました。


IMG_8450
IMG_8451
IMG_8453
IMG_8448
呉線の発車案内。

列車名欄には 両数と列車名が交互に表示されます。


IMG_9354
IMG_9355
こちらは、呉線の臨時快速 瀬戸内マリンビュー 尾道行きの表示です。

通常は三原行きですが、2019年10月から尾道まで延長運転を行っていました。

瀬戸内マリンビューは、2019年12月22日をもって運行を終了しています。






IMG_8472
IMG_8466
IMG_8476
IMG_8471
一番右側にある 芸備線の発車案内。

芸備線は 2018年7月の西日本豪雨で鉄橋が流され、中三田~狩留家駅間で1年以上運転を見合わせていましたが、2019年10月23日に 全線での運転を再開しました。





IMG_9318
IMG_9319
ワンマン列車の場合、列車名欄に 「ワンマン」 「Conductorless Train」 と表示されます。

芸備線では、2019年10月26日(土)から12月8日(日)までの土曜・日曜・祝日に、備後庄原~広島駅間で 臨時快速 「庄原ライナー」 が運転されました。





以上、地下道南口の電光掲示板を紹介しました。

自分は 2014年以降、広島駅を何度も訪れていますが、地下道南口の電光掲示板を撮るのは 今回(2019年10月)が初めてです。


★次の記事★

 

広告