CIMG3275
※和歌山線で2020年春から使用開始される車載型IC改札機。(2019年3月撮影)


関西線 加茂~亀山駅間は、2019年現在も ICOCAやSuicaなどのICカードが使えない状態が続いています。
(柘植駅は草津線方面のみ、JR東海が管轄する亀山駅は名古屋方面のみICカードが利用可能。)

この区間のICOCA導入について、JR西日本から公式な発表はありません。

しかし先日、加茂駅から関西線の列車に乗車したところ、車内に 「車載型IC改札機」 が設置されていたので、このブログで紹介したいと思います。



広告


ICOCA 七尾線 乗車・降車
※車載型IC改札機のイメージ(JR西日本のニュースリリース より引用)


車載型IC改札機は、今年3月、境線(米子~境港駅間)の車内に JRで初めて設置されました。

IC改札機は駅に設置されるのが一般的ですが、境線のような無人駅の多い路線では、駅に設置するより 車内に設置した方が安く済むのでしょう。

今後は 和歌山線(2020年春~)、七尾線(2021年春~)にも導入される予定です。


BlogPaint
IMG_1659
今回乗車した関西線の列車は こちら。 2両編成のキハ120形です。

撮影後、前の車両の 一番前のドアから乗車すると・・・



BlogPaint
ドアのすぐ横に、車載型IC改札機が取り付けられていました!
青色のものが入場用、黄色のものが出場用です。
まだ使用されていないため、白いシール(?)が貼ってあります。


BlogPaint
前の車両の前方(亀山側)には、入場用と出場用が2つずつ設置されています。


BlogPaint
BlogPaint
IMG_1670
IMG_1682
前の車両の後方(奈良側)にも、車載型IC改札機が設置されています。
入場用と出場用が2つずつ設置され、前方のも合わせて計8つ設置されていました。


BlogPaint
IMG_1673
IMG_1685
IMG_1674
後ろの車両には まだ車載型IC改札機が設置されていませんでした。



「関西線の列車に車載型IC改札機らしきものが続々と設置されている」 という情報は、今年の6月に miekenさんから頂いていました。
※miekenさん、情報提供ありがとうございます。

ニュースリリースを出す前に設置し始めるとは驚きですね。

それから半年ほど経ちましたが、関西線の車載型IC改札機の導入について 未だにJR西日本から公式な発表はありません

早ければ来年春、遅くとも再来年の春まで使用開始されるのではないか と自分は思っていますが、果たしてどうなのか気になるところです。


広告