2019年12月22日に運行を終了した、呉線の臨時快速 「瀬戸内マリンビュー」。

通常の運転区間は 広島~三原駅間ですが、2019年10月5日から最終運行までは 尾道駅まで延長運転を行っていました。
「尾道行き」 の列車は 通常ダイヤで設定されておらず、レアな行き先といえるでしょう。

今回、2019年10月26日・27日に広島駅を訪れ、尾道行きの瀬戸内マリンビューを撮影してきました。
発車標の表示を中心に紹介したいと思います。


★過去記事★




広告


IMG_8004
IMG_8014
今回は、7番のりばに設置されている発車標からご紹介。
この通り、快速 尾道行きの表示が出ていました。

山陽線 西条経由との誤乗を防ぐため、行き先の右隣に 「呉線経由」 と表示されています。

以前は 種別と時刻の間に列車名が表示されましたが、乗車位置表示が出るようになってから 列車名は出なくなっています。
瀬戸内マリンビューの車両は 1両に乗降扉が1ヶ所しかないためか、乗車位置表示が出ませんでした。


IMG_8006
IMG_8015
英語表示はこんな感じ。


IMG_8032
同じホームの向かい側、9番のりばの発車標には、芸備線の臨時快速 「庄原ライナー」 備後庄原行きの表示が出ています。





IMG_8052
IMG_8055
普通 広行きの発車して しばらくすると、瀬戸内マリンビューが入線してきました。
発車標の 「列車がまいります。ご注意ください」 表示を撮影。

列車の撮影は後にして、中央改札口へ向かいます。


IMG_8082
IMG_8083
IMG_8097
IMG_8098
中央改札口の発車標です。
「列車名/遅れ」 「編成」 の欄には、両数と列車名が交互に表示されます。


IMG_8138
IMG_8140
IMG_8151
IMG_8152
改札内の連絡跨線橋にある発車標も撮影。


IMG_8105
IMG_8103
尾道行きの行き先表示を拡大して撮ってみました。

今年の秋頃に登場する 新しい観光列車 「etSETOra」(エトセトラ)は、宮島口~尾道駅間での運転となっており、再び尾道行きが見られるようになるでしょう。


IMG_8120
IMG_8121
瀬戸内マリンビューと安芸路ライナーの列車名表示を拡大して撮影。


BlogPaint
7番のりばへ戻り、停車中の瀬戸内マリンビューを撮影。


BlogPaint
後ろから撮ると、こんな感じ。


BlogPaint
同じホームの向かい側、9番のりばには、臨時快速「庄原ライナー」 が停車中。
自分は この列車に乗って 三次駅まで行きました。






IMG_9354
IMG_9355
翌日(10月27日)、改めて広島駅を訪れました。
前日は撮っていなかった、地下南口の発車標を撮影。


BlogPaint
ホームに停車中の瀬戸内マリンビューを撮影。


IMG_9452
その後、10時ちょうど発の安芸路ライナーに乗って 呉駅へ向かいました。

4番のりばは 主に可部線の列車が発車するホームですが、ここから発車する呉線の列車もあるんですね。
(呉線の列車は、主に3番のりばと7番のりばから発車)


★次の記事★


広告