IMG_8151

IMG_9483
※上の写真は、1枚目が広島駅、2枚目が呉駅で撮影したものです。


2019年12月22日に運行を終了した、呉線の臨時快速 「瀬戸内マリンビュー」。

通常の運転区間は 広島~三原駅間ですが、2019年10月5日から最終運行までは 尾道駅まで延長運転を行っていました。
「尾道行き」 の列車は 通常ダイヤで設定されておらず、レアな行き先といえるでしょう。

今回、2019年10月27日に広駅を訪れ、瀬戸内マリンビュー 尾道行きの表示を撮影したので、このブログで紹介したいと思います。


★前回の記事★





広告


IMG_9554
IMG_9548
IMG_9544
IMG_9560
まずは、改札口に設置されている発車標からご紹介。
この通り、瀬戸内マリンビュー 尾道行きの表示が出ていました。

尾道」 の表示は、広島駅や呉駅だと 「尾」 と 「道」の間があいていましたが、この駅では詰めて表示されているので、ちょっと違和感がありますね。

列車名欄には、両数と列車名が交互に表示されます。

「瀬戸内マリンビュー」 の列車名表示は、広島駅だと緑色でしたが、この駅では呉駅と同様 オレンジ色になっています。
また、種別表示は、呉駅では 臨時快速を略して 「臨快」 となっていましたが、この駅では「快速」 と表示されています。


IMG_9556
IMG_9557
IMG_9558
瀬戸内マリンビューの表示が上の段に出ている間、下の段には停車駅案内のスクロール表示が流れ続けていました。

「瀬戸内マリンビューの停車駅は、安芸川尻・安浦・安芸津・竹原・忠海・三原に停車いたします。」
ちょっと違和感のある文章ですね。
「瀬戸内マリンビューは、(中略)三原に停車いたします。」 か、「瀬戸内マリンビューの停車駅は、(中略)三原です。」 の方が良いと思うのですが。


IMG_9581
IMG_9584
IMG_9579
IMG_9580
ホームに設置されている発車標を撮影。
三原方面へ向かう瀬戸内マリンビューは、3番のりばを発着します。


IMG_9572
IMG_9573
行き先表示を拡大して撮影。


BlogPaint
瀬戸内マリンビューが3番のりばに到着しました。
この列車に乗って、終点の尾道駅へ向かいます。

ちなみに、この駅の発車標は、列車が接近すると 「列車がまいります ご注意下さい」 表示が出るのですが、この時は 瀬戸内マリンビューが入線する時に表示されず、到着してから表示されました。


★過去記事(三原行きの瀬戸内マリンビュー)★


広告