新快速 木ノ本行き
※上の画像は、JR西日本 列車走行位置 より。


2020年7月14日の5時13分頃、北陸本線 近江塩津~新疋田駅間で架線トラブルが発生。
その影響で、北陸本線では木ノ本~敦賀駅間で15時間以上運転を見合わせ、その間 新快速や普通電車が木ノ本駅で折り返しました。
(20時24分に運転再開)

木ノ本行き」 は 通常ダイヤで設定されておらず、米原~木ノ本駅間で不定期に運転される SL北びわこ号で見られるだけだったんですよね。
SL以外で木ノ本行きが出現するのは、極めて珍しいことです。


前回の記事で、彦根駅と米原駅で撮影した 新快速 木ノ本行きの表示を紹介しました。

米原駅での撮影後、長浜駅でも 「木ノ本行き」 の電車や表示をいろいろ撮影してきたので、このブログで紹介したいと思います。

★前回の記事★



広告


米原駅から新快速 長浜行きに乗って、終点の長浜駅へ。
到着して列車から降りると、予想外の光景が!




IMG_7340
なんと、同じホームの向かい側 2番のりばに 普通電車が停車していたのです!
しかも、「木ノ本行き」 の表示が出ているではありませんか!

この電車、本来は 17時41分発の普通 近江今津行きであり、電車は敦賀方面から来て3番のりばで折り返します。
しかし、木ノ本~敦賀駅間が不通になっているため、米原駅から回送されてきたのです。


IMG_7299-1
IMG_7292
前面の行き先表示を拡大して撮影。

新快速の車両(223系)には木ノ本行きの表示が出ませんでしたが、521系には出るんですね。
これまた予想外でした。



IMG_7313-1
IMG_7316
車両の側面にも、大きく 「木ノ本」 と表示されていました!
(新快速の車両にも、こんな感じで出てほしかったですね・・・)


BlogPaint
後ろから撮ると、こんな感じ。


IMG_7301
続いて、ホームの発車標をご紹介。

最初に見た時、行き先がなぜか 「長浜行き」 になっていました。
長浜駅の発車標に長浜行きが表示される という珍事が発生したのです。


ちなみに、過去には 姫路駅の発車標に姫路行きが表示されたことがありました。




IMG_7332
IMG_7333
車両を撮ってから再び発車標に目をやると、行き先が木ノ本行きに変わっていました。

一番下には 新快速の木ノ本行きも表示されており、3段中2段が木ノ本行きになっています。


IMG_7345
IMG_7347
普通 木ノ本行きは、発車時刻を過ぎても なかなか発車しませんでした。
列車名欄に表示される遅れが、3分、4分、5分、6分・・・と、どんどん増えていきます。


BlogPaint
隣のホーム 1番のりばに移動し、普通 木ノ本行きを撮ってみました。


IMG_7374-1
IMG_7372-1
側面の行き先表示を改めて撮影。
2番のりばで撮った時よりも暗い写真になりましたが、日光が直接当たらないため LEDの光が薄くならず、良い感じに撮れました。


IMG_7381
IMG_7382
改札口に設置されている発車標です。(改札外から撮影)

2番のりばに普通 木ノ本行きが停車中でしたが、もう次の表示に切り替わっていました。
19時台の電車は、本来の行き先(敦賀行き・近江塩津行き)になっています。

普通 木ノ本行きは、18時頃に発車していきました。


IMG_7398
IMG_7397
ホームへ戻り、再び発車標を撮影。


IMG_7400
IMG_7401
新快速 木ノ本行きは、3分遅れて運転していました。


BlogPaint
しばらくして、新快速 木ノ本行きが到着。
やはり、223系には 木ノ本行きの表示が用意されていないようでした。


IMG_7410-1
側面の行き先表示。こちらも無表示となっています。


BlogPaint
今度は後ろから撮影。

通常であれば 到着後 すぐに発車するのですが、駅員から 「時間調整のため30分ほど停車する」 とアナウンスがありました。
18時42分発だった普通 敦賀行きの時刻で運転するようです。


IMG_7414
1番のりばから発車する新快速 播州赤穂行きに乗って、引き返しました。


過去記事で紹介した通り、JR西日本は 今年3月中旬から 223系の車内にあるLED案内表示器を液晶ディスプレイに順次取り替えています。

自分が223系の液晶ディスプレイを実際に見るのは この日が初めてでしたが、木ノ本駅以北が不通になっているためか、残念ながら 種別と行き先、号車番号しか表示されていませんでした。





以上、長浜駅で撮影した木ノ本行きを紹介しました。

 

広告