IMG_8159
※上の写真は 広島駅で撮影。発車標に 「庄原ライナー」と表示されています。


芸備線では、2019年10月26日(土)から12月8日(日)までの土曜・日曜・祝日に、備後庄原~広島駅間で 臨時快速 「庄原ライナー」 が運転されました。

1日に1往復し、上りが広島10:05発 備後庄原11:56着、下りが備後庄原17:26発 広島19:34着
停車駅は 広島~下深川駅間の各駅と、志和口、向原、甲立、三次で、三次から備後庄原までノンストップとなります。


今回、運行開始初日となる10月26日に、広島駅から 庄原ライナーに乗って 三次駅へ行ってきました。
ホームや改札口にある発車標の表示を中心に紹介したいと思います。


【JR西日本 ニュースリリース】
芸備線 備後庄原~広島駅間 快速「庄原ライナー」の運転について

★過去記事★



★前回の記事★




広告


BlogPaint
庄原ライナーは、三次駅の2番のりばに到着しました。
列車から降り、まずは 庄原ライナーを後ろから撮影。

その後、2・3番のりばの発車標を確認してみると・・・



IMG_8217
IMG_8218
快速 備後庄原行きの表示が出ていました!

この駅の発車標は、列車名欄に 両数と列車名が交互に表示されます。
列車名の表示はどうなっていたのかというと・・・




IMG_8223
IMG_8224
まさかの 「みよしライナー」 でした。
広島駅と違って、庄原ライナーの表示は用意されていないようです。


備後庄原行きの表示は 1年前の福塩線 「吉舎(きさ)行き」 登場時にも撮影しています。


★過去記事★




IMG_8226
列車側面のLED表示は 「快速 三次」 のままでした。


IMG_8230
今度は、庄原ライナーを前から撮影。

あとになって気づきましたが、運転席のガラスに 「快速 庄原ライナー」 と書かれた紙が貼られていました。
(拡大して撮ればよかったです・・・)


IMG_8273
改札口の様子を撮影。この駅では、ICOCAやSuicaなどのICカードが使えません。


IMG_8234
IMG_8235
IMG_8241
IMG_8256
改札口に設置されている発車標を撮影。
相変わらず、1両の英語表示は 「1Cars」 のままですね・・・

※2019年12月29日追記※
あとになって気づきましたが、備後庄原行きの英語表示 「Bingo-Shobara」が 広島駅の発車標と異なっています。



IMG_8283
IMG_8285

広島方面の発車標も撮影。

芸備線は、昨年(2018年)7月の西日本豪雨の影響で、白木山~狩留家駅間にある 「第1三篠川橋梁」 が流出。
新しい橋梁を設置するため、中三田~狩留家駅間で1年以上に渡って運転を見合わせていましたが、2019年10月23日に 全線での運転を再開しました。

三次駅の発車標に 「広島行き」 の表示が出るのも、1年以上ぶりなんですよね。
(今年4月に 三次~中三田駅間で暫定的に運転を再開してからは、通常ダイヤでは絶対に設定されないであろう「中三田行き」の列車が走っていました)


★関連記事★



IMG_8289
IMG_8288
ホームに戻ります。
1番のりばには、芸備線の全線運転再開を祝う横断幕や旗が設置されていました。


IMG_8297
1番のりばに停車中の普通 広島行きを撮影。
この列車に乗って、広島駅まで戻ります。


IMG_8304
車内の運賃表示器です。 この 三次から広島までの運賃表示も 1年以上ぶりです。


以上、三次駅で撮影した 「庄原ライナー」 などを紹介しました。


広告