2018年11月4日 20時23分頃、大阪環状線 森ノ宮駅で車両トラブルが発生。
この影響で、大阪環状線は全線で一時運転を見合わせ、その間 阪和線から環状線へ直通する関空/紀州路快速が天王寺駅(阪和線ホーム)で折り返しました。

この日、夜の時間帯に天王寺駅でしばらく過ごしていたところ、上記の輸送障害によって 関空快速や関空/紀州路快速の発車ホームが 15番のりばから1・3番のりばに変更されたので、写真を撮影。

今から1年半前のネタですが、まだ公開していなかったので 今回記事にしてみました。


広告


BlogPaint
天王寺駅 1番のりばへ行ってみると、関空快速 関西空港行きが停車していました!

1番のりばは通常、朝の時間帯に当駅止の快速が数本到着するのみで、予備ホームような扱いとなっています。
今回のように 環状線への直通運転が中止された時に限り、関空快速や関空/紀州路快速が1番のりばから発車するのです。

上の写真を撮った時は発車時刻が迫っており、電車はすぐに発車していきました。


CIMG8711 (2)
CIMG8712 (2)
3・4番のりばの発車標です。

通常であれば、この発車標に 15番のりばから発車する阪和線の快速電車の案内も表示されます。
しかし、この時は 21時13分発の関空/紀州路快速の発車ホームが3番のりばに、21時28分発の関空快速の発車ホームが1番のりばに変更されていました。


BlogPaint
3番のりばに停車中の関空/紀州路快速も撮影。
(2番のりば側から撮ればよかったかな・・・)

3・4番のりばから発車する関空快速や関空/紀州路快速は 朝の時間帯(主に早朝)に設定されているので、レアというほどではないんですよね。


BlogPaint
BlogPaint
1番のりばに停車中の関空快速を前から撮影。

ライトが点灯したものの、方向幕と行き先表示がまだ変わっていません。
行き先変更前は環状線へ直通する大阪方面行きだったので、方向幕が環状線仕様のものになっています。


BlogPaint
方向幕が関西空港線仕様になり、行き先が関西空港行きに変わりました。


以上、天王寺駅 1番のりばから発車する関空快速を紹介しました。


★次の記事★




広告