CIMG1795

先日書いた記事で、昨年(2019年)4月に豊岡駅で撮影した 瑞風やジオライナーの写真を紹介しました。

その際、他にも発車標の表示をいろいろ撮影したので、このブログで紹介しておきたいと思います。
昨年1月に撮った写真と合わせてご紹介。

※18時台・19時台の表示が出ている発車標は2019年1月撮影。それ以外は2019年4月撮影。

★先日の記事★


★2014年1月撮影時★




広告


CIMG2238 (2)
CIMG2237 (2)
まずは、1番のりばの発車標から。 特急きのさき 京都行きの表示です。


CIMG1742 (2)
隣のホーム 2・3番のりばの発車標。
こちらの普通 浜坂行きは1両で運転されます。

乗車位置表示は、JR西日本 関西の在来線だと 3ドア車が△印、4ドア車が○印(2ドア車は黄色の〇印)であることが多いです。
しかし、この駅ではキハ40・47形などの2ドア車が△印、223系などの3ドア車が○印となっていました。


CIMG1737 (2)
この浜坂行きは、終点の浜坂駅で鳥取行きの列車に接続しています。
そのため、英語表示の時、列車名欄に 「鳥取行接続」 と表示されていました。


CIMG1746 (2)
この駅では、普通列車でも 一番下の段に 主な停車駅の案内がスクロール表示されます。


CIMG0900
CIMG0901
※2019年1月撮影。

先日書いた記事で紹介した通り、豊岡駅の発車標は 当駅止まりの表示が2種類あります。

一番上の当駅止は 到着後 浜坂方面へ折り返す列車であり、列車名欄に 「折返浜坂行」 と表示されます。

JR西日本の発車標は、基本的に 到着後に折り返す列車に対して 「当駅止」 と案内しません。
発車標に「折返○○行」 表示が出るのは、この駅だけではないでしょうか?


一番下の当駅止は、列車名欄だけでなく 行き先欄にも 「当駅止」 の表示が出ています。
(英語表示は、どちらも 「Not in Service」)

先ほどと異なり、到着後 回送列車となる列車です。





CIMG1764 (2)
CIMG1763 (2)
しかし、昨年4月に訪れた時は、到着後 回送列車になる列車でも、行き先欄に 「当駅止」 の表示が出ていなかったんですよね。
折り返すか回送されるかに関係なく、行き先欄に 当駅止の表示が出なくなったのでしょうか?

真ん中の段に表示されている福知山行きは、なぜか乗車位置表示が出ていませんでした。





CIMG1867
CIMG1868
この日、山陰本線 国府~豊岡駅間で沿線火災が発生し、和田山~豊岡駅間で一時運転を見合わせました。
その影響で、特急きのさき5号 城崎温泉行きが10分以上遅れ、発車標に遅れ表示が出ました。

JR西日本の在来線では、遅れ表示は 赤色で 「遅れ約10分」 と表示されるのが一般的ですが、この駅では 緑色で 「約10分遅」 と表示されていました。




BlogPaint
続いて、改札口に設置されている発車標をご紹介。


CIMG0877 (2)
CIMG0879 (2)
発車標を拡大して撮影。
山陰線上り 京都・大阪方面の発車案内から。


CIMG1720 (2)
CIMG1713 (2)
こちらは、特急きのさき 京都行きの表示です。


CIMG1929 (2)
CIMG1930 (2)
CIMG1931 (2)
こちらは、特急はまかぜ 大阪行きと、特急こうのとり 新大阪行きの表示です。


CIMG1706 (2)
CIMG1707 (2)
山陰線下り 城崎温泉・浜坂方面の発車案内。
こちらは、特急こうのとり 城崎温泉行きと、普通 浜坂行きの表示です。


CIMG0858 (2)
CIMG0856 (2)
こちらは、1日に2本設定されている快速 浜坂行きの表示。
列車名欄には 「玄武洞・鎧・久谷通過」 「停車駅注意」 と表示されます。





CIMG0872 (2)
CIMG0873 (2)
表示を拡大して撮影。


以上、豊岡駅で撮影した発車標の写真を紹介しました。


広告